昨年の人気乙女ゲーム

2013年を元にして考えてみる、乙女ゲーム市場の大きさ

オレンジハニーに出演している男性声優だけをピックアップして紹介したが、それ以外の方々もこうした女性専用恋愛シミュレーションゲームに多数出演している。およそ例を挙げ始めたらキリがないためこの辺で声優さんだけに焦点を絞った紹介はやめておく。こうした意味でも2000年代中盤頃から徐々にその価値が示されるようになり、商業的な成功を収める作品が数多く輩出されることとなる。それまでの女性オタクとして好まれていたジャンルには男性同士の恋愛を描いたBLが主流だったが、そもそも男同士の恋愛を見て何が楽しいのだろうかと思っている人もいたはずだ。男同士の恋愛という1つのジャンルも確かに女性オタク、いわゆる腐女子や貴腐人などと揶揄される人々にしか愛されていない。アニメや漫画に興味を示さない人が多かった中、世間的にそれこそかなりマイナー且つ市場としてあまり有用性が感じられないと思われていた女性向け恋愛ゲームなど定番作品しか売れないと分析していた企業も多いと思う。もしそうだとするなら、とても良い意味で裏切られたといって過言では無いほどに、現在は乙女ゲームもそれなりに市民権を獲得し始めている。

ではではここからは、そんな乙女ゲームについてどんな作品が人気を集めているのかを見ていきたいが、ここからは昨年2013年度の人気ランキングなどを参照にしながら個人的に分析してみるとしよう。そしてその人気が今年に入ってどのように変動しているのかも、見ていきたい。

圧倒的な人気を獲得している上位5位までの乙女ゲーム

まずはどんなゲームが人気だったのかを見ていこうと思うが、その中には既にシリーズとして発売されてから知名度を獲得している作品もあれば、2013年に発売された新規の作品でありながら絶大な人気を獲得したものもある。ただランキング内容を見ると2013年に新作品として発売されたものは一作品のみで、他作品は既に世に放たれている続編となっている。そういう点から見るとランキングが少々閉塞的な気もするが、一般ユーザーもプレイしている作品もあるゲーム市場と比べれば乙女ゲーム市場も非常にマイナーであることは否めない。そこはキチンと認識していなければならないことだ。

その点を踏まえて話をして行くが、四の五の言う前にランキングを見てみよう。今回参照するのは『電撃Girl’sStyle 乙女ゲームアワード2013』を参照したランキングで見てみる。

乙女ゲーム部門編
1位:うたの☆プリンスさまっ♪All Star
2位:NORN9 ノルン+ノネット
3位:薄桜鬼 鏡花録
4位:DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD
5位:アルカナ・ファミリア2

こちらが上位5作品となっているが、中でも注目したいのが2位にランキングした『NORN9 ノルン+ノネット』がやはり目立っているだろう。こちらの作品についてはオタクとしてそれなりに心得を持っている筆者でも正直なところ馴染みがなかったため調べてみたが、恋愛シミュレーションゲームとしてはある意味斬新なシステムとなっている。また画期的ともいえるようなシステムを導入したことで3位以下にあるそれまでに確かな人気を獲得していた作品を抑えての2位につけていると考えれば、上出来といえるところだ。

それ以外の作品については正直妥当だろうと思った人が多いはず、それは筆者も同様である、1位のうたの☆プリンスさまっ♪についてはもはやいうまでもない乙女ゲームの代表格として、かの有名な貼遥かなる時空の中でシリーズやアンジェリークといった歴代作品をも上回っているのは無いかと言われている、名作中の名作だ。3位の薄桜鬼も同様に、またDIABOLIK LOVERSについても、アルカナ・ファミリアにしてもである。

NORN9 ノルン+ノネットという作品が導入したシステム

では2013年に発売されたばかりの新作品である『NORN9 ノルン+ノネット』がどうしてここまで支持層を身につけることに成功したのかだが、いくつかそれまでに発売された乙女ゲームとは明らかに異なる点があるからだ。その点に触れながら、人気の理由を紐解いてみよう。

人気を獲得している理由

・主人公であるヒロインを三人選択することが出来る
恋愛シミュレーションにおいてプレイヤーが操作する主人公とは、基本的に一人だ。性格や能力といったものは作品によって異なるも、大半が絆を深めながら攻略対象キャラの中から特定の人物に焦点を絞って、最終的に恋愛関係になる事が目的となる。その主人公が、このノルン+ノネットにおいてなんと『3人』も選択できるようになっているのは、それまでのゲームに無かった特徴だ。しかも全員が全員、似たり寄ったりな本質を持っているのではなく、キチンとした個性によってそれまで体験したことのないヒロインを体感することが出来る。
・カップリングによって、さらに物語が膨れ上がる
攻略キャラとの恋愛をすることによってそのキャラを深く知ることが出来るのはこうしたゲームの特徴の一つだ、そしてルート毎に異なる複数のカップルが成立することにより、通常なら通るはずの物語ではない、ifルートを堪能することができるというのもそれまでになかったシステムといえる。攻略キャラのことを知りえることはもちろんだが、選択するヒロインとどのキャラとの恋愛を楽しむかによってまた違う物語を目撃できるとあれば、やり込み要素は文句なく高い。
乙女ゲームを色々な角度から分析してみた!