クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

チョコレート効果は買ってはいけない!?理由と効果を徹底調査♪

食べ物

チョコレート効果は買ってはいけないということはありませんよ!

チョコレート効果に豊富に含まれている、「カカオポリフェノール」があなたの体を健康にしてくれます。

チョコレート効果は、1998年の発売開始から現在までロングセラーにしてトップセラーの製品です。

カカオポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートで、「健康になれる」と注目されています。

でも買ってはいけないって聞いたわ…。どうしてかな?

チョコレート効果はおすすめ製品ですが、「体に悪い」という声もあるようです。

「体に悪い」と聞くと少し心配になりますよね…。ですが、安心してください!

この記事では、チョコレート効果を買ってはいけない理由と効果について詳しく解説しています。

安心しておいしくチョコレート効果を食べられるようになりましょう♪

チョコレート効果は買ってはいけない!?それって本当?

チョコレート効果は買ってはいけないということはありません。

「チョコレート効果」は、カカオポリフェノールが豊富で健康にも良いとされている高カカオチョコレートで有名ですよね♪

私は大のチョコレート好きなので、普段から色々な種類のチョコレートを口にしています。

特に、リフレッシュしたい時には好んでチョコレート効果を食べていますよ♪

しかし、健康にも良いとされている「チョコレート効果」を買ってはいけないという情報もあります。

チョコレート効果は健康にも良くおすすめの商品ですが、一方では「体に悪い」と考えられていることも事実のようです。

「体に悪い」と言われる原因を突き止めて、「買ってはいけない」と言われないようにしましょう♪

チョコレート効果を買ってはいけない理由は3つある!

チョコレート効果を買ってはいけないとされる理由は3つあります。

買ってはいけない理由
  1. 有害な重金属などの物質を多く含んでいる
  2. 脂質が多い
  3. カフェインが多い

私もチョコレート効果が好きでよく食べるので、この結果には少し驚きましたが安心してください!

これら3つの理由は共通点として、「食べ過ぎ」によっておこるものです。

逆を言えば、「食べ過ぎなければ体に悪くない」ということですね♪

私自身もチョコレートが好き過ぎるあまり、1日に何枚も食べてしまいます…。

チョコレートってついつい食べ過ぎちゃうのよね。1日に何枚までだったらいいのかな?

では、早速チョコレート効果が買ってはいけないとされる理由と、合わせて「食べ過ぎ」の限度についても確認していきましょう♪

チョコレートが体に悪いと言われる理由について気になる場合はこちらの記事も確認してみてくださいね!

理由1.有害な重金属などの物質を多く含んでいる

高カカオチョコレートには多くのカカオポリフェノールが含まれ、体に良い成分を摂取できます。

しかし、それと同時に有害な重金属などの物質も含まれています。

体に有害とされる物質が「カドミウム」や「ニッケル」です。

これら2つの物質を過剰に摂りすぎると、健康に害を及ぼす可能性があると言われています。

害を及ぼすって言われたらチョコレート食べるの怖いな…。

「健康に害を及ぼす」と言われると怖くなってしまうと思いますが、過剰摂取をしなければ問題ありませんよ!

安心しておいしく食べられるように、それぞれの物質について説明しますね♪

【カドミウム】

カドミウムは、鉱物中や土壌中などの天然に存在する重金属です。

自然の中に存在するカドミウムを摂取することでカドミウムの一部が体内に吸収され、腎臓に蓄積します。

また、カドミウムは猛毒の重金属で発がん性物質のひとつとされ、骨粗しょう症や腎機能低下などのリスクを高める可能性があります。

【ニッケル】

ニッケルはカドミウム同様、発がん性のある重金属です。

そしてニッケルには金属アレルギーの発症例があるので、アレルギーを持っている場合は特に注意が必要になります。

理由2.脂質が多い

ダイエットにチョコレート効果が良いって聞いたけど実際どうなの?

チョコレート効果をダイエット目的で食べていませんか?

食べ過ぎに注意して適切な量を食べれば、ダイエットとしても効果が得られますよ♪

チョコレート効果などの高カカオチョコレートは、一般的なチョコレートに比べて糖質が少ないのが特徴のひとつです。

しかし、脂質は多く、平均すると1.2~1.5倍もの脂質が含まれています。

脂質を摂りすぎると肥満の原因にもなるので、「糖質が少ないから」とダイエット目的で高カカオチョコレートを食べている場合は要注意です!

チョコレート効果を食べる時の「適切な量」については、この後で説明しますね♪

理由3.カフェインが多い

高カカオチョコレートには一般的なチョコレートよりも多くのカフェインが含まれています。

カフェインには利尿作用や興奮作用があるので、過剰摂取には注意してください。

妊娠中や授乳中の場合は特に注意が必要となります。

胎児の発達障害や低体重になる可能性があるようなので、量に気をつけて食べましょう♪

気になる場合は1度かかりつけのお医者さんへご相談してみてくださいね。

チョコレート効果を食べる時の注意点は3つ!

チョコレート効果を食べる時の注意点は3つあります。

注意点
  1. 適切な量を間食として食べる
  2. 金属アレルギーの場合
  3. 特定の薬品を服用している場合

チョコレート効果は高カカオチョコレートでとても人気の商品ですよね♪

しかし、チョコレート効果を食べ過ぎると肥満の原因となったり、ニッケルアレルギーを持っているとアレルギー症状が出たりします。

3つの注意点に気をつけて食べるようにすれば、安心しておいしくチョコレート効果を食べられますよ♪

1.適切な量を間食として食べる

チョコレート効果のような高カカオチョコレートを食べる時は、1日あたり30g(3~5枚)を超えないように毎日少しずつ食べるようにしましょう♪

先ほどもお話ししましたが、高カカオチョコレートは脂質や重金属、カフェインを多く含んでいます。

過剰摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性があるので、間食として適切な量を食べるようにすると良いですよ♪

カカオポリフェノールは健康にも効果があるとされています。

1度に多く摂取しても排出されるので、少しずつ摂取することが大切です。

また、高カカオチョコレートは使用している原材料をよく確認してから食べることをおすすめします♪

2.金属アレルギーの場合

高カカオチョコレートには「ニッケル」が含まれている可能性があります。

ニッケルに対してアレルギーを持っている場合は注意してください。

ニッケルは接触によって金属アレルギーを引き起こしますが、経口摂取すると全身に発症する恐れがあります。

ニッケルアレルギーの場合、チョコレート効果を食べる時は少量ずつにするか、食べるのを控えた方が良いかもしれませんね。

3.特定の薬品を服用している場合

高カカオチョコレートに含まれる「テオブロミン」は利尿作用や興奮作用の他に気管支拡張作用があります。

気管支拡張の作用がある薬を服用している場合、高カカオチョコレートの摂取量には要注意です。

チョコレートに効果を食べる時には1度かかりつけのお医者さんへ相談することをおすすめします。

チョコレート効果を買ってはいけないは嘘で効果は5つ!

チョコレート効果は健康に良いって聞いたけど、買ってはいけないの?

チョコレート効果は買ってはいけないということはありません!

チョコレートの原料であるカカオに含まれる「ポリフェノール」には高い抗酸化作用があります。

ポリフェノールには体内の酸化を抑え、アンチエイジングや生活習慣病の予防、腸内環境を整えるなどの効果が期待されていますよ♪

期待できる効果
  • アンチエイジング
  • 生活習慣病の予防
  • 腸内環境を整える
  • 高血圧の予防
  • リラックス効果

一般的にカカオが70%以上含まれているものを「高カカオチョコレート」と呼びます。

チョコレート効果の製品はカカオが72%、86%、95%と3種類あるので、全て高カカオチョコレートに分類されます。

カカオポリフェノールが多く含まれるチョコレート効果は、健康にも良いことが分かります。

ここからは、チョコレート効果が健康に良いとされる具体的な効果について詳しく見ていきましょう!

効果が分かれば、「買ってはいけない」と言われることが無くなりますよ♪

効果1.アンチエイジング

カカオポリフェノールに含まれる抗酸化作用が、シミやしわなど肌の老化を抑制します。

それにより、肌のアンチエイジングに効果が期待されています。

また、ポリフェノールには紫外線を吸収し、活性酸素を除去する作用があるので日焼け対策にもなりますよ♪

効果2.生活習慣病の予防

アンチエイジングと同様、カカオポリフェノールに含まれる抗酸化作用は生活習慣病の予防にもなります。

生活習慣病って何?
  • 食・運動・休養・喫煙・飲酒等の生活習慣が、その発症や進行に関する疾患
  • 具体的な病気として、がん・脳卒中・心筋梗塞・高血圧・糖尿病・肥満などがある

生活習慣病にはたくさん種類があって、怖いと思うかもしれませんが大丈夫ですよ♪

チョコレート効果を適量食べることで予防にも繋がります。

効果3.腸内環境を整える

カカオには食物繊維が多く含まれているので、便通改善の効果が期待できます。

また、カカオに含まれるカカオプロテインが腸内細菌に働きかけ、腸内環境を整えてくれます♪

チョコレート効果で便秘改善になるのは嬉しい!

大好きなチョコレートを食べて便秘改善になるのは一石二鳥ですよ♪

私も便秘で悩んでいる1人ですが、「チョコレート効果で改善できるなら」と毎日食べるようにしています。

効果には個人差があると思いますが、可能性があるなら食べる価値ありですね♪

効果4.高血圧の予防

カカオポリフェノールには、血圧の上昇を抑制する作用があります。

血管内に炎症が生じると、血管内が細くなり血圧が上昇しやすくなります。

「高血圧で悩んでいる」という場合は、チョコレート効果を1度食べてみてください♪

カカオポリフェノールを摂取することで、血管を広げる作用が働いて血圧を低下させる効果が期待できます。

効果5.リラックス効果

ひと息ついた時に食べるチョコレート効果って本当においしいのよね♪

少しスッキリしたい時や、気持ちの切り替えのタイミングで食べるチョコレート効果は格別です。

これはカカオポリフェノールに、血中のストレスホルモンの分泌を抑える働きがあるためです。

ストレスホルモンはイライラの原因となるので、チョコレート効果を食べることでリラックスできますね♪

リラックス効果をより引き出すために例えば、コーヒーや紅茶と一緒にチョコレート効果を食べるのもおすすめです。

また、チョコレート効果はお酒にも合うので、あなたの好きなお酒と一緒に食べるのもいいですね。

チョコレート効果の種類とシーン別の食べ方を紹介♪

定番の箱タイプ・初めて食べる時や慣れていない場合
アーモンド、マカダミアナッツタイプ・高カカオチョコレートの苦味が得意でない
26枚入りタイプ・毎日手軽に食べたい時
大容量タイプ・毎日の食習慣として
・家族で分け合いたい時
パウチタイプ・持ち運びたい時
・ちょっとした間食として
小袋タイプ・少しだけ食べたい時

「チョコレート効果」と一言で言っても、色々な種類の製品が販売されていますよね♪

例えばカカオ含有量によって、72%・86%・95%と3種類に分けられています。

さらに、アーモンドやマカダミアナッツが入ったタイプ、大容量タイプ、パウチタイプなどたくさんの種類が販売されています。

それぞれの種類を分かりやすく表にしてみたので、あなたに合った「チョコレート効果」を見つけてみてくださいね♪

まとめ

  • チョコレート効果は、カカオポリフェノールが豊富で健康にも良いとされている高カカオチョコレートであるため、買ってはいけないということはない
  • チョコレート効果には、カドミウムやニッケルなどの有害な物質が含まれていて、過剰摂取すると健康に害を及ぼす可能性がある
  • チョコレート効果は脂質が多い、カフェインが含まれているといったデメリットがあるが食べ過ぎなければ問題ない
  • チョコレート効果を食べる時は、「適切な量を間食として食べる」や「ニッケルアレルギーを持つ場合は食べるのを控える」などに注意すると良い
  • カカオに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングや生活習慣病の予防、腸内環境を整えるなどの効果が期待されている
  • チョコレート効果は、カカオ含有量によって72%・86%・95%と3種類に分けられ、大容量タイプ、パウチタイプなどの種類の製品がある

チョコレート効果は買ってはいけないと言われることもありますが、過剰摂取を避けて適切な量を食べれば問題なしですね♪

チョコレート効果を「買ってはいけない」なんてもう言わせません!

あなたもチョコレート効果を食べて、健康な体を目指しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました