フロントガラスの曇りが取れないなら換気しよう!原因は湿度と気温差

ライフスタイル

寒い日や雨の日に、フロントガラスの曇りが取れないとお困りではありませんか?

エアコンで換気して、車内の湿度と気温差を調節し、フロントガラスの曇りを取りましょう!

フロントガラスの外側が曇る場合や、梅雨の対処法など、状況に合わせた対策をご紹介しますよ♪

冬場や、雨で視界が悪いときにフロントガラスの曇りが取れないと運転が怖いですよね。

走っているときに曇りが取れないと焦るわ!

前方の視界が悪化すると、運転しにくいだけでなく、歩行者や自転車の発見が遅れる可能性もあり大変危険です。

エアコンの外気導入がいきどうにゅう内気循環ないきじゅんかんの使い分けや、フロントガラスの外側が曇る場合の対策もご紹介します!

これから紹介する対処法をぜひ参考にしてくださいね。

フロントガラスの曇りが取れないときは車内を換気する

フロントガラスの曇りが取れないと、前が見えなくて運転中に焦ってしまいますよね。

フロントガラスの曇りを取るのに重要なのは、換気して、車内の湿度と、車外と車内の気温差を調節することです。

フロントガラスが曇るのは、湿度と気温差によって結露が生じるのが主な原因なんですよ。

それでは、フロントガラスの曇りを取る方法をご紹介します♪

車内の湿度を抑えてフロントガラスの曇りを取るには?

車内の湿度を抑えるには、外気導入モードでエアコンとデフロスターをつけて換気しましょう。

外気導入とデフロスターについてご説明します。

外気導入とは?
  • 外気を取り入れてエアコンを稼働させること
  • 外の空気を車内に取り込めるので、換気できる
デフロスターとは?
  • 「霜取り装置」のこと
  • フロントガラスに集中して送風し、乾燥させて曇りを除去する

先ほどご説明した通り、温かい空気は水蒸気をたくさん含みます。

その逆で、空気は温度が下がると、水分を蓄えられなくなるのです。

この原理を利用して、エアコンで空気を冷やして湿度を抑えましょう。

また、その際は外気導入モードを使用することが大切です。

内気循環モードでは、車内の空気がぐるぐる回るだけなので車内が換気できません。

そのため湿度の高い空気が外に出ていかず、曇りが取れないのです。

さらにデフロスターをつけると、フロントガラスに集中して送風してくれるので、エアコンだけよりも早く効果が出ますよ。

ワンポイントアドバイス

エアコンで空気を冷やすときには、あまり極端に冷やさないようにするのも大切です。

あまりに冷やし過ぎると、今度は外気との気温差で外側のガラスが結露することもあるんですよ。

フロントガラスが曇ったときは、やみくもに冷やせばいいということではありません。

自分の快適な温度にして、エアコンで空気を循環させれば大丈夫です。

詳しくは後ほど、ガラスの外側が曇る場合の対策で解説します。

車外と車内の気温差をなくして曇りを取るには?

車外と車内の気温差をなくす場合も同様に、外気導入モードでエアコンとデフロスターをつけて換気しましょう。

冬場や雪の日は、外気が寒いので暖房をつけますよね。

フロントガラスが冷えている所に暖房をつけると、境目で気温差が発生します。

車内はあたたかいのにガラス付近は外気に近く、気温がとても低いからです。

すると、車内の空気が境目で結露し、フロントガラスの曇りが取れない状態が発生します。

外気導入モードでエアコンをつけて、車外の空気を取り込み、車外と車内の気温差をなくしましょう。

ちょっと寒いけど、曇っているほうが危ないから我慢ね。

そしてデフロスターをつけて、フロントガラスがあたたまるのを待ちましょう。

つまり、湿度を抑える場合と対処法は同じですが、理由が異なるということですね。

ワンポイントアドバイス

極論ですが、この場合は寒いのを我慢して窓をあけ、外気を取り込み気温差をなくすのが手っ取り早いですよ。

デフロスターから温風が出て、フロントガラスがあたたまるまでには少し時間がかかりますよね。

特に走行中ですと、曇ったまま視界不良で運転するのはとても危険です。

天候にもよりますが、状況に応じて対処してくださいね。

フロントガラスの曇りは湿度と気温差で発生する結露!

フロントガラスが曇る主な原因は、湿度と気温差で発生する結露です。

では、結露が発生する理由を考えてみましょう。

温かい水蒸気をいっぱい含んだ湿気の多い空気が冷やされると、水に変わり結露が発生します。

ガラスのコップに冷たい飲み物を入れると、周りに水滴がつくのと同じね!

フロントガラスが曇る理由は、これから説明する理由のどちらか、もしくは両方です。

フロントガラスが曇る理由1:車内の湿度

湿度の高いときには結露が発生しやすいといわれます。

空気中の湿気もそうですが、人の呼気、汗なども湿気が高くなる原因になるのはご存じでしょうか。

例えば、家族のお迎えに行って、1人のときはガラスが曇っていなかったのに帰り道に曇ってしまった経験がありませんか?

確かに!人数が多くて、呼気や汗が増えたってことね!

また、雨の日など天候によっても空気中に含まれる湿度は高くなります。

湿度が高い時には結露が発生しやすく、フロントガラスが曇るのです。

フロントガラスが曇る理由2:車外と車内の気温差

また、気温差があることも結露が発生しやすいとされる理由です。

フロントガラスが曇りやすいなと感じるのは、冬場が多くありませんか?

雪の日や、路面が凍結するほど寒い日は特に曇るわね。

先ほど、温かい空気と冷たい空気の気温差があるほど結露しやすいとご説明しました。

雪の降る日などは特に寒いので、車内で暖房をつけますよね。

すると車外と車内の気温差が激しくなるので、境目であるフロントガラスが結露し曇るのです。

フロントガラスの曇りが外側ならデフロスターはNG!

フロントガラスの曇りは、ほとんど内側であることが多いですが、まれに外側が曇る場合があります。

フロントガラスの外側が曇る場合は、デフロスターで悪化するので使ってはいけません。

外の湿気が多く、車内が外気より冷たいときにフロントガラスの外側が曇ります。

つまり、湿度が高いのに冷房をガンガンつけているときなどですね。

外側が曇るほど車内がエアコンで冷えているということは、デフロスターをつけた場合に最初に出てくる空気はどうなるでしょうか?

先ほど紹介した、冬場の対処法と比較して考えてみましょう。

さっきは、デフロスターから温風が出るまでに時間がかかるって言ってたわね…。

冷房がきつくて曇っているということは、最初に出てくるのは冷風だわ!

そう、デフロスターから最初に出てくるのは冷風なのです!

フロントガラスがデフロスターから出る風でさらに冷やされて、一気に曇りが悪化してしまいます。

大変危険ですので、ワイパーでガラス外側の水気を払い、エアコンで曇りがとれるか様子をみてくださいね。

フロントガラスの曇りには梅雨なら内気循環が効果的!

フロントガラスが曇りやすいのは冬場が多いですよね。しかし意外に多いのが梅雨や雨の日です。

梅雨や雨の日にフロントガラスが曇る場合は、内気循環の方が効果的な場合があります。

内気循環とは?
  • 車内の空気だけでエアコンを稼働し、車内の空気を循環させること
  • 外気が入らないので、換気は出来ない

梅雨や雨の日など、天候が悪くて外の湿気がかなり高い場合に外気導入してしまうと、車内に湿度の高い空気を取り込んでしまい、なかなか効果が出ません。

梅雨や雨の日など、明らかに外気の湿度が高い場合は、内気循環の方が早くフロントガラス曇りが取れることもありますよ。

これはあくまで天候の悪い時の話で、一般的に内気循環は換気できないので、湿度がこもりやすいとされています。

また、車内の空気を循環するだけなので、乗員の呼気も溜まりやすいです。

曇り対策という意味では、天気の悪い日以外は外気導入と覚えておくとよいでしょう。

ワンポイントアドバイス

内気循環は、車内の空気を循環してエアコンを稼働するため、冷暖房の効率が良いというメリットもあります。

また、排気ガスなどのにおいや、花粉を車内に入れることをある程度防げるといった効果もあります。

ケースバイケースで、外気導入とうまく使い分けるとよいですよ♪

まとめ

  • フロントガラスの曇りを取るにはエアコンで換気して、車内の湿度と、車外と車内の気温差を調節するのが重要
  • 車内の湿度を抑えるには、外気導入モードでエアコンとデフロスターをつけて換気する
  • 車外と車内の気温差をなくす場合も同様に、外気導入モードでエアコンとデフロスターをつけて換気する
  • フロントガラスが曇る主な原因は結露で、湿度の高いときや、車内と車外の気温差が激しいときに起こりやすい
  • 冷房をつけていてフロントガラス外側の曇りが取れない場合は、デフロスターから冷風が出ると悪化するので使ってはいけない
  • 梅雨や雨の日にフロントガラスの曇りが取れない場合は、外気の湿度が高いので、内気循環が効果的

前方の視界が悪化すると、太陽やライトの光が乱反射することもあり、大変危険です。

フロントガラスの曇りが取れない場合は、焦らず対処法を試してくださいね。

くれぐれも無理に走行せず、安全運転を心がけましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました