ゴーヤは離乳食でいつから大丈夫?苦味をおさえる下ごしらえ方法!

食べ物

生後6カ月前後から、赤ちゃんに初めて与える食事、「離乳食」が始まります。

お粥から始めて、次はいよいよ野菜を使った離乳食へとステップアップ。

スーパーにたくさん並んでいる野菜たちの中で目にすることもあるゴーヤ。

ゴーヤを目の前にして、離乳食のゴーヤをいつから食べさせるか悩むママも少なくありません。

ゴーヤって確か苦味があったよね…いつから離乳食に取り入れてもOKなのかな?

ゴーヤはお粥が食べれるようになり、赤ちゃんが嫌がらなければいつから食べさせても大丈夫です。

ここでは、苦味をおさえておいしく食べられる下ごしらえの方法やゴーヤに含まれる栄養成分、苦味の正体について紹介します。

ゴーヤは離乳食でいつから大丈夫?お粥に慣れたらOK

ゴーヤは赤ちゃんに離乳食でいつから与えても良いのでしょうか。

赤ちゃんにいつから与えようか悩んでいるあなたにお答えします。

離乳食のゴーヤはお粥が上手に食べられるようになり、赤ちゃんが嫌がらなければOKです。

離乳食に慣れてきた赤ちゃんでもゴーヤを食べ始める時期には個人差があります。

先輩ママ達は、いつからゴーヤを与えてるか気になりますよね。

ゴーヤを与え始める時期について、様々な意見や見解があるようです。

生後6ヶ月に与えてみたけれど、苦味を嫌がって全然食べてくれなかった。

苦味があるからゴーヤは離乳食ではあげてない。小学校の給食が初めてでした。

ゴーヤは苦味が強いので、ゴーヤだけでは食べてくれないこともあります。

そのままゴーヤを与えるのではなく、赤ちゃんが食べやすいように工夫が必要です。

まず、離乳食のゴーヤはしっかりと加熱して与えましょう。食べさせるポイントは、ゴーヤをやわらかくゆでる、離乳食で使用できる他の食材と組み合わせることです。

ここで、月齢別にゴーヤの離乳食を与える形状と使用できる調味料をご紹介します。

    メモ:月齢別の与える形状と、使用可能になる調味料  

  月齢         与える形状使用可能になる調味料
 5~6ヵ月 やわらかくゆでて、裏ごしする だし
 7~8ヵ月 やわらかくゆでて、粒のこるくらいにすりつぶす 砂糖 塩
 9~11ヵ月 やわらかくゆでて、細かくきざむ しょうゆ みそ 
 1歳~ やわらかくゆでれば、薄切りでOK 基本的な調味料すべて

月齢にあった調味料とゴーヤを組み合わせることで、赤ちゃんにゴーヤの離乳食を美味しく食べてもらえたらいいですね。

ゴーヤの離乳食を下ごしらえ♪苦味を抑える3つの方法

o

よく、ゴーヤの中のわたや種に苦味があると思いがちですが、一番苦味があるのは、表面のデコボコ部分です。

そして「緑が濃い」「デコボコが小さい」ものの方が、苦味が強い傾向にあります。

大人もゴーヤの苦味が苦手なこともあるのに、赤ちゃんならなおさらです。

赤ちゃんに嫌がられない離乳食のゴーヤの下ごしらえの方法はあるのかな?

離乳食で赤ちゃんの嫌がる苦味は下ごしらえでおさえることができるんです。

そんなゴーヤの苦味をおさえる下ごしらえの方法は3つあります。

  • 2~3ミリの薄切りにし、熱湯でサッとゆでてから、 塩(ゴーヤ1本に小さじ1/2)と砂糖(小さじ2)でもみ、水をはったボウルに10分さらす。

 ※塩と砂糖は充分に洗い流しましょう。

  • 薄切りしたゴーヤをゆでた後、かつおぶしをまぶす。
  • 表面のデコボコ部分をピーラーなどで取り除く。

下ごしらえで薄く切れば切るほど、ゴーヤの苦味が感じにくくなります。

さらに食べやすいゴーヤの離乳食するには、甘味やうま味の強い食材と合わせると良いです。

  • 例えば…納豆、豆腐、卵、トマト、オクラ、キャベツなど

しかし、このような工夫をしたとしても、赤ちゃんが嫌がるかもしれません。

なぜなら、子どもはある程度大きくなるまで、酸味(腐っているかも)や苦味(毒かも)を本能的に危険ととらえるシグナルがそなわっているからなのです。

そのため、無理に口に入れたりしないで、食べてくれたらいいな~というくらいの気持ちで与えてみましょう。

ゴーヤの離乳食で苦味が嫌!でも栄養成分たっぷり

赤ちゃんの離乳食でゴーヤは苦味があるから避けたいなと思っているあなた。

ゴーヤは苦味もありますが、栄養成分もたっぷりなので、離乳食に取り入れることをおすすめします。

もちろん、離乳食で与える際は、苦味をおさえる下ごしらえをしましょうね。

苦い野菜という、ぼんやりとした認識しかないゴーヤですが、どんな栄養があるのでしょう。

また、あのゴーヤ独特の苦味の成分は何なのでしょうか。

まずは、ゴーヤ100gあたりの主な栄養成分を見てみましょう。

成分内容

  • ビタミンC
  • カリウム
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • 不溶性食物繊維

・ビタミンC 76mg

ゴーヤにはビタミンCがレモン果汁の1.5倍相当の量が含まれています。

ビタミンCには、血管や軟骨を正常に保ち、免疫力を高める効果があり、さらに日焼け防止効果もあります。

熱に弱いビタミンCですが、ゴーヤのビタミンCは加熱に強く、損失がほとんどありません。

・カリウム 260mg

カリウムは塩分の排出をうながす働きがあります。

塩分のとりすぎによるむくみが気になる場合には、ゴーヤのような、カリウムが豊富な食品を摂取しましょう。 

・マグネシウム 14mg

マグネシウムは骨や歯を作るのに役立ち、筋肉の収縮をスムーズにします。

・カルシウム 14mg

カルシウムは強い歯や骨をつくります。また筋肉の収縮や神経を安定させる働きがあります。

・不溶性食物繊維 2.1g

不溶性食物繊維はスムーズな排便をうながす働きがあります。

腸内にいる善玉菌のエサになり、腸内環境を整えるのに役立ちます。

他にもこんな栄養成分があります。ゴーヤには栄養成分が豊富なのがわかりますね。

・リノレン酸

リノレン酸は脂肪燃焼効果があります。ダイエット効果が期待できるなんて、嬉しいですね。

モモルデシン

モモルデシンとは、ゴーヤに含まれる苦み成分のことです。

20種類以上のアミノ酸でできており、胃粘膜の保護や胃腸を刺激して、化液の分泌を促進させ、食欲を増進させる効果があると言われています。

ゴーヤはビタミンCなどの栄養素が豊富で、あの苦味成分には食欲増進効果などがあるのですね。

さすが夏が旬のお野菜。夏バテに効きそうな栄養成分がたっぷりです。

ちなみに美味しいゴーヤの選び方は、「小ぶりなわりにずっしり」「表面にツヤと張りがある」なものがポイントです。

そのようなゴーヤの方が、含まれる栄養価が高くなります。

まとめ

  • ゴーヤの離乳食を与える時期は、お粥に慣れ、嫌がらなければいつからでもOK
  • 離乳食のゴーヤをいつから食べるかは個人差がある
  • 薄切りして柔らかくゆで、塩もみなどで苦味をおさえ、形状に気をつけて与える
  • 苦味を嫌がるのは本能。赤ちゃんが嫌がったら、無理に与えない
  • ゴーヤには夏バテにも効く、豊富な栄養成分が含まれている

家族や周りの友達に離乳食でゴーヤをいつからあげたか聞いてみるのもいいでしょう。

ゴーヤは沖縄の代表的な野菜としても有名ですが、沖縄でも子どもに与えるのは小学校中・高学年からがほとんどだそうです。

ゴーヤのような苦味の処理が必要で、手間のかかる食材でも食べさせてあげたい。

そんな赤ちゃんを思うあなたの気持ちは、きっと伝わるはずです。

離乳食作りは大変なものですが、その時期にしかできないこと。工夫しながら頑張って行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました