クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

肌を白くする方法は中学生でもある!日焼け対策や韓国コスメで解決♪

健康・美容

肌が白くなりたい!簡単に肌を白くする方法ってないかな?

肌を白くする方法は日焼け止めを塗る以外にもスキンケアや韓国コスメなど色々ありますよ♪

まず、はじめに思い浮かぶ方法は「日焼け止め」ですよね。

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれる重要なアイテムです。

しかし、日焼け止めも正しい使い方で塗れていなければ紫外線から肌を守れません。

日焼け止め以外にも肌を白くする方法はまだまだあります!

中学生でも簡単にできる具体的な方法と対策をご紹介していきますね♪

この記事を読んで中学生でも叶えられる「白くて綺麗な美肌」をゲットしましょう!

こんなあなたに読んでほしい
  • 日焼け止め以外の方法を知りたい
  • 簡単にすぐできる方法が知りたい
  • お金をかけずに肌を白くしたい
  • 韓国コスメで肌を白くしたい

肌を白くする方法は中学生でもある!4つの簡単ケア♪

あまりお金をかけずに簡単にできる方法ってないかな?

中学生でも簡単にできる「肌を白くする方法」、知りたくありませんか?

肌を白くする方法は「日焼け止めを塗る」だけではなく、「スキンケア」や「ニベア」などで簡単にできますよ♪

中学生は登下校や体育の授業、部活動などで気を付けていてもすぐに日焼けをしてしまいますよね…。

私も日焼け止めは塗っていましたが、毎日のこととなると面倒でいい加減になり、夏が終わる頃には黒く日焼けしていました。

では、そもそもどうして肌が黒くなるのでしょうか?

ここからは「肌が黒くなる原因」を突き止めて、中学生でも肌を白くする方法をチェックしていきましょう♪

どうして肌が黒くなってしまうの?

肌が黒くなる原因は皮膚に黒色のメラニン色素が生成されるからです。

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られ、皮膚を守ろうとします。

そして皮膚にメラニン色素が多く含まれると、肌は黒くなってしまうのです!

メラニン色素の量には個人差があるので、色素量が多い場合は黒くなりやすいということになります。

中学生のあなたが紫外線を完璧に防ぐのは難しいかもしれませんが、この後ご紹介する「肌を白くする方法」でしっかりと対策していきましょう♪

肌を白くする方法1.スキンケア

毎日洗顔していると思いますが、本当に正しい方法で洗えていますか?

間違った洗い方をしていると毛穴に汚れが詰まり黒ずみの原因となり、肌が黒く見えてしまいますよ!

肌を白くする方法で簡単なのはスキンケアで、特に洗顔では「泡立てて洗う」「肌をこすらない」ことが大切です。

洗顔は「泡で洗う」と言われるくらい「泡」がとても大切です。

しっかりと泡立てると肌の汚れをきちんと落とすことにも繋がります。

また、「泡」は指と肌のこすれを軽減する働きもありますので、肌への負担をかけずに洗えますよ!

これらのポイントをふまえ、正しいスキンケアについて確認していきましょう♪

正しいスキンケア方法
  1. 手を洗う
  2. ぬるま湯で軽く顔をすすぐ
  3. 洗顔料を2cm程手に取り、少しずつぬるま湯を加えてしっかりと泡立てる
  4. その泡を転がすように顔に乗せていき、優しく洗う
  5. ぬるま湯を手ですくい、洗い流しタオルで優しく拭き取る
  6. 化粧水・乳液で保湿する

1.手を洗う

手が清潔でなければ、洗顔料が泡立ちにくくなります。

また、菌が顔に付着する原因にもなるので、必ず手を洗ってから洗顔しましょう。

2.ぬるま湯で軽く顔をすすぐ

泡をのせる前に、軽く顔をすすぎます。こする必要はありません。

3.洗顔料を適量手に取り、しっかりと泡立てる

洗顔料を2cmほど手に取り、ぬるま湯を少しずつ加えてしっかりと泡立てていきます。

洗顔料が少ないと泡立ちが悪くなってしまうので、適量を出すようにしましょう。

泡立てる時は「泡立てネット」がおすすめですよ♪

泡立てネットを使えば簡単にきめ細やかな泡ができます。

泡立てネットがない場合は手でも構いませんが、洗顔にはきめ細やかな泡がとても大切です。

100均にも泡立てネットが販売されているのでぜひ使ってみてください。

泡立てるのが面倒や苦手という場合は泡タイプの洗顔料を使うといいかもしれませんね♪

4.泡を転がすように顔にのせ、優しく洗う

手と顔の間に泡を挟み、転がすように優しく洗います。

この時、絶対にこすらないようにしてください!こすると肌をつける原因になります。

「優しく、泡で洗う」ことをイメージして洗いましょう♪

5.ぬるま湯で洗い流し、タオルで拭き取る

泡が残らないようぬるま湯で洗い流します。髪の生え際やフェイスラインにすすぎ残しがないか確認してくださいね♪

洗い流す時にシャワーを使いたいかもしれませんが、水圧で肌を傷つけてしまうので手ですくって洗い流すようにして下さい。

タオルで拭く際、ゴシゴシと拭くのはNGです。

やさしく包み込むように拭き上げるようにしましょう。

6.化粧水・乳液で保湿する

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態のため、できるだけ早く保湿してあげると良いですよ!

中学生でのスキンケアなら保湿だけを目的としたものや、オールインワンゲルがおすすめです♪

高品質なスキンケア用品は様々な美容成分が含まれているので、かえって肌への負担になります。

中学生になると思春期に入り肌も敏感になってきます。

正しいスキンケアで肌を白くするだけではなく、ニキビ予防にもなりますよ♪

肌を白くする方法2.ニベア

ニベアを使った方法
  1. ニベア青缶と美白成分が入った化粧水を用意
  2. 化粧水を顔全体になじませる
  3. その上からニベアクリームを塗って保湿

とても簡単な方法ですよね!ニベアはコスパが非常によく中学生にはおすすめの方法です♪

ニベアのクリームで本当に肌を白くできるの?

ニベアには「肌を白くする効果がある」と言われているようです。

とは言っても、ニベア自体に肌を白くする成分が含まれているわけではありません。

ニベア青缶のクリームの主な成分は水・ミネラルオイル・ワセリン・グリセリンです。

この中に美白成分は含まれていませんが、注目していただきたいのは「クリームの保湿成分」です。

美白成分が含まれている化粧水を使い、その上からニベアクリームで蓋をしてあげることで肌がトーンアップします。

トーンアップにより、「肌が白くなった」と感じていただけるようですね♪

トーンアップとは…肌の透明感を引き出し、明るく見せること

肌を白くする方法3.バランスのとれた食事

肌を白くする為にはバランスのとれた食事を心掛けることも大切ですよ!

食品に含まれる栄養素がメラニン色素の働きを抑えてくれます。

前述にもありますが、メラニン色素は肌が黒くなる大きな原因となるものです。

食事でメラニン色素の働きを抑えられると、憧れの白い肌に1歩近づきますよ♪

「美白効果のある栄養素」についてこれからご紹介していきますね!

栄養素1.ビタミンC

ビタミンCが含まれる食品
  • 赤ピーマン、黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • じゃがいも
  • キウイ
  • レモン

ビタミンCには、肌が黒くなる原因のメラニン色素を抑え、さらに除去する働きもあります。

また、ビタミンCは身体に溜め込めないため、毎日継続して摂取することが大切です。

中学生はあまり気にならないかもしれませんが、シミやくすみの原因でもあるメラニン色素を抑えられるのはとても嬉しいですよね♪

栄養素2.ビタミンE

ビタミンEが含まれる食品
  • ピーナッツ
  • アーモンド
  • ほうれん草
  • ブロッコリー

ビタミンEの働きには抗酸化作用があります。また、血流を促し全身への栄養素の供給を高めてくれます。

白い肌になるためには、ターンオーバーのサイクルを整える必要があり、十分な栄養素を肌に届けなければいけません。

ビタミンEは白い肌になるためには欠かせない栄養素ですね♪

ターンオーバーとは…新しい皮膚が生まれ、古い皮膚が剥がれ落ちるサイクルのこと

栄養素3.リコピン

リコピンが含まれる食品
  • トマト
  • マンゴー

リコピンにはビタミンEの100倍以上もの抗酸化作用があると言われています。

ビタミンEが含まれる食品にプラスしてトマトやマンゴーを食べてさらに憧れの白い肌を目指しましょう♪

肌を白くする方法4.睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとることは食事と同様、すぐに取り入れられる方法のひとつです。

睡眠が直接「肌が白くなる」に繋がるわけではありません。

質のいい睡眠をたっぷりとることは肌を白くするためにとても大切です!

睡眠は新陳代謝をアップしてくれるので、肌のターンオーバーが整います。

その結果が憧れの白い肌へ繋がる近道になります。

中学生の場合、成長期にあたりますので睡眠時にも身体の成長は行われます。

毎日規則正しい生活を心掛けることが大切ですね♪

肌を白くする方法は日焼けをしないこと!対策を紹介♪

肌を白くする方法として最もポピュラーな方法が「日焼けをしない」ことです。

ですが、「日焼け」は「肌が白くなりたい」と考えるあなたには1番の敵であり、避けたいですよね。

では肌を白くする方法として、「日焼けをしない」ためには何が必要だと思いますか?

肌を白くする方法なら「日焼け止めを塗って対策をする」じゃないの?

そうですね、日焼け止めを塗ることはもちろん重要です。

しかし、日焼け止めを正しく塗れていなければその効果を十分に発揮できない可能性がありますよ!

日焼け止めの選ぶ際のポイントと正しい塗り方を確認し、すぐにできる対策についても合わせて見ていきましょう♪

日焼け止めの「PA」と「SPF」って何?

日焼け止めに「PA」とか「SPF」って表示されてるけど違いは何なんだろう?

少し難しい話になりますが、紫外線には「UV-A(A紫外線)」と「UV-B(B紫外線)」の2種類があります。

「PA」は「UV-A(A紫外線)」を、「SPF」は「UV-B(B紫外線)」を防ぐ効果を示しています。

「PA」は+で表示され、その数が多いほど効果があり、「SPF」は数値が高いほどその効果を発揮してくれます。

しかし、あまり「SPF」が高いものを選ぶと肌荒れしてしまうことがあります。

中学生が使うのであれば、「SPF」が30くらいのものを選ぶと良いでしょう。

日焼け止めの種類と選び方

日焼け止めを選ぶ時、あなたはどのように選んでいますか?

日焼け止めには、クリームタイプやスプレータイプ、スティックタイプなど様々な種類がありますよね。

それぞれのメリットとデメリットについて確認し、あなたに合った日焼け止めを選びましょう♪

メリットデメリット
クリームタイプ・ムラなく塗れる
・密着感に優れている
・塗るのに時間がかかる
・ベタつくことがある
スプレータイプ・一瞬で簡単に広範囲に塗れる・塗りムラが出る
・細かい所には塗りにくい
スティックタイプ・塗りたい所に直接塗れる・塗りムラが出る
・広範囲に塗る時には向かない

私はクリームタイプの日焼け止めを「顔につける用」と「肌につける用」に分けています。

「顔につける用」は美容成分が入っているもの、「肌につける用」はSPFが高いものを選べば必要以上に肌を傷めるリスクを回避できますよ♪

日焼け止めの正しい塗り方

あなたに合った日焼け止めを見つけられたら次は正しい塗り方の確認です。

日焼けは紫外線が特に強い夏だけではなく、1年中対策をするのが望ましいと考えられています。

あなたは日焼け止めをいつも何気なく塗っていませんか?

日焼け止めを正しく塗れていないと塗った手間が無駄になってしまいます。

毎日となるといい加減になりがちですが、それではもったいありませんよ!

正しい塗り方を知って、しっかりと紫外線対策していきましょう♪

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを顔や首に塗る時は、重ねづけをすることがポイントです。

首や襟足は塗り忘れることが多い箇所になるので気をつけて下さいね♪

顔・首の塗り方
  1. 適量を手のひらにとり、額・鼻・両頬・あごの5点に置く
  2. 頬・額・鼻・口周り・フェイスライン・目の周りの順番に丁寧になじませる
  3. 顔の隅々までなじませたら、もう1度同量を手に取り重ねづけをする(ファンデーションを使う場合は不要)
  4. さらにもう1度適量を手に取り、首と襟足の数か所に置き、首の後ろやうなじ、デコルテにも忘れず全体になじませるように塗る

ボディに塗る場合は、容器から直接肌へ線状に出すことがポイントです♪

ボディの塗り方
  1. 容器から直接肌へ線状に出す
  2. 大きく円を描くように均一になじませ、手や足の甲など塗り忘れのないように塗る

やってはいけない!NGな塗り方

日焼け止めを手に出した後で、手で伸ばしてから塗ることは絶対にしないで下さいね!

また、使用量を減らして塗ると日焼け止めの効果が発揮されない原因になりますので適量を使うようにしましょう。

日焼け止めのNGな塗り方(顔・首)
  • 保湿ケアをせずに塗る
  • 日焼け止めを手のひらに伸ばしてから塗る
  • 使用量を減らして薄く伸ばす

塗る箇所が大きくなるので、塗りムラが出ないように丁寧に塗ることを心掛けてください。

日焼け止めのNGな塗り方(ボディ)
  • 使用量を減らして薄く伸ばす
  • 指先で伸ばす

日焼け止めを塗る時のポイント

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めが均一にムラなく広がっていることが大切です。

少しづつ付け足したり、1度にたくさんの量をつけたりするとムラになる原因となるので気をつけましょう。

顔も身体も手でしっかりと広げて伸ばしてあげると良いですよ♪

日焼け止めの塗り方についてはこれでもう完璧ですね!

日焼け止めは夏だけではなく、スキンケアの一環として毎日塗ることをおすすめします。

また、日焼け止めの効果を保つためにも2~3時間おきに塗り直しをして下さい。

日焼け止めを正しく使い、紫外線からしっかりと肌を守っていきましょう♪

肌の露出を控えて日焼け対策しよう!

日焼けをしたくなければ「肌の露出を控える」のも、とても大事な日焼け止め対策のひとつですよ!

とは言え、中学生では学校で対策するのは難しいかもしれません。

最近では夏に限らず、1年を通して紫外線対策が必要とされています。

学校の登下校時でしたら、「日傘」を使うのもいいかもしれませんね♪

紫外線は肌を白くしたいあなたには敵ですよ!暑い時は肌を出したいと思いますが、あまり肌を出さないように気をつけて下さい。

肌を白くする方法なら韓国コスメ!おすすめ3選♪

肌を白くする方法って韓国コスメでもできるの!?

肌を白くする方法は韓国コスメでも叶いますよ!中学生にも絶大な人気を図っている「韓国コスメ」。

その韓国コスメを使って、肌を白くできたら嬉しいですよね♪

中学生でもメイクすることが多くなり、プチプラなメイク用品もたくさん出てきています。

私も頑張って背伸びしてメイクの研究していたな、と思い出します…。

たくさんあるメイク用品の中でも特に人気のある「韓国コスメ」を3つご紹介したいと思います。

中学生にも比較的優しいお値段の商品を厳選してきましたので、可能であれば1度使ってみて下さい。

韓国コスメで中学生でも肌を白くする方法を見逃さないようにして下さいね!

Shinbee レッツスキン ホワイトミルククリーム

「ウユクリーム」と呼ばれているこちらのコスメ、韓国発祥の美容クリームで肌を白く見せてくれます。

また、トーンアップ効果が高いことでとても人気があります。

その中でも、シンビのホワイトミルククリームは、牛乳パックのような見た目がとても可愛らしいコスメで、中学生にも人気がありますよ!

とても滑らかなクリームタイプで速攻トーンアップが特徴です。

肌に潤いを与えてくれるので、乾燥で悩んでいる場合にもおすすめのコスメですよ♪

NACIFIC フィトナイアシンホワイトニングトナー

美白効果抜群で明るい肌へ導いてくれると話題の化粧水です。

また、肌を落ち着かせる効果のあるナイアシン成分が配合されています。

肌の乾きにも効果があり、1年中お使いいただけます♪

韓国コスメが好きならNACIFICのホワイトニングトナーは必須アイテムです。

W.Lab ホワイトホリック

中高生を中心に人気のクリームがこの「ホワイトホリック」です。

ナチュラルな白肌になれると話題のアイテムです。

美白と保湿に優れた「米ぬか」を使用しているのが特徴で水分量が多く、肌なじみも良いので白浮きの心配もありません。

メイクの下地代わりとして使用されることも多いようですね♪

他のコスメよりも内容量が多いのでコスパが良いのも人気の理由のひとつです。

まとめ

  • 中学生が肌を白くする方法は「日焼け止めを塗る」だけではなく、「スキンケア」や「ニベア」などでできる
  • 肌が黒くなる原因は紫外線から皮膚を守ろうと黒色のメラニン色素が生成されるから
  • 肌を白くする方法で簡単なのはスキンケアで、特に洗顔では「泡立てて洗う」「肌をこすらない」ことが大切
  • 美白成分が含まれている化粧水を使い、その上からニベアクリームで蓋をすることで肌がトーンアップする
  • バランスのとれた食事も肌を白くする方法で、特にビタミンCやビタミンE、リコピンにはメラニン色素の働きを抑える効果がある
  • 質のいい睡眠で新陳代謝をアップし、肌のターンオーバーが整えば肌を白くすることに繋がる
  • 肌を白くするには日焼けをしないことが大切で、中学生が使うなら日焼け止めは肌荒れしにくい「SPF」が30くらいのものを選ぶと良い
  • 紫外線から肌を守るためには、日焼け止めが均一にムラなく広がっていることが大切
  • 肌を白くする方法には韓国コスメのウユクリームや美容液を使えば叶えられる

中学生でも肌を白くする方法はたくさんありましたね!

あなたにできる方法で紫外線から肌を守り、きれいな美白肌を目指しましょう♪

こまめに日焼け止めを塗らないとどうなるか心配なあなたは、こちらの記事もチェックしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました