クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

ハリボーグミが体に悪い理由は何?実は子どもも安心の原材料だった♪

食べ物

ハリボーグミの原材料は安心なものばかりで、体に悪い理由が見つかりませんでしたよ!

子どもも大人も大好きなハリボーグミ!見た目も可愛いし色もカラフルですよね♪

ですが、外国のお菓子って派手な見た目が理由で、体に悪いのではないかと心配になりませんか?

ハリボーグミのお悩み
  • あまりにもカラフルなので、子どもに食べさせてもいい?
  • 甘くてついつい食べ過ぎてしまう…

我が家の息子たちもハリボーが大好きでよく買っていますが、気になって調べてみました。

調べた結果、体に悪いとは言い切れず、原材料も安心そのものでした♪

ハリボーに限った話ではありませんが、食べ過ぎは体に悪いので、その理由も解説していきますね。

ハリボーグミを子どもにあげても大丈夫?と心配なママ必見ですよ!あわせて子どもにおすすめのグミもご紹介♪

ハリボーグミが体に悪い理由はない?実は安心の原材料!

ハリボーグミがほかのグミより体に悪いということはありません。

ハリボーグミは原材料や成分が日本製のグミとほとんど同じで、人工添加物も不使用であることが理由です!

ハリボーグミのカラフルな見た目や、外国のお菓子という点が悪目立ちして、体に悪いのではないかと思われてしまうんですよね。

ゴールドベア君
ゴールドベア君

甘いのも、カラフルなのも外国のお菓子であるハリボーグミの長所だけど、「上手い話には裏がある」と思ってしまうのが人間の心理だよね。

体に悪いとは言えない理由を1つずつ解説していきます!

今回はハリボーゴールドベアで調査しています♪

ハリボーグミの成分は日本製のグミとほとんど同じ!

ハリボーグミと日本製のグミの成分を比較すると、大きな違いが見られませんでした!

ハリボーグミのおもな原材料は「砂糖」と「ゼラチン」です。日本製のグミも同じです。

今回はコンビニでもよく目にする「ハリボーゴールドベア」と「果汁グミぶどう」を比較しました。

商品の裏面にある原材料表示がこちら。右がハリボー、左が果汁グミです。

果汁グミには「ぶどう糖」が入っていませんでしたが、両方とも「水あめ」「砂糖」「果汁」「ゼラチン」が主な原材料ですね!

原材料表示は使われている割合の高いものから順に書かれているんだよ~♪

ハリボーグミの原材料は安心の成分ばかり♪

ハリボーグミが体に悪いとは言えない理由2つ目は、原材料が天然素材のものだという点です!

ハリボーグミはカラフルな見た目なので、合成着色料などの人工添加物が入っているのでは?と思いますよね。

実は全く入っていないんです。着色料や香料、光沢剤のすべて、天然素材のものを使用しているんですよ♪

ちなみに、酸味料はクエン酸で、商品によって原材料表示への記載の仕方が違うようです。

クエン酸は柑橘類に含まれている天然由来のもので、爽やかな酸味を持たせるために使われます。

コストコで買った980g入りドラムにはクエン酸と書いてあったよ~!

着色料

ハリボーゴールドベアの成分表を見てみると着色料のなかに聞き慣れない名前も書かれていますね。

着色料の内訳はこのようになっています。1つずつ見ていきましょう♪

ハリボーゴールドベアの着色料
  • 果汁
  • フラボノイド…ポリフェノールの一種で天然の植物色素
  • スピルリナ青…スピルリナというから抽出した水溶性の天然色素
  • アントシアニン…植物が紫外線から身を守るために作られる青紫色の天然色素

すべて天然由来の色素だということがわかりますね♪

フラボノイドは体の特定の生理調節機能に働きかけます。近頃では機能性成分として注目されているんですよ!

スピルリナ青はあの有名なガリガリ君にも使われているんですよ~。

アントシアニンはサプリ売り場でも目にすることがありますよね♪

ブルーベリーやナスに多く含まれている成分で視力や視覚機能の改善、眼精疲労の予防に効果があるとされています。

香料

ハリボーゴールドベアの香料には、フルーツがたくさん使われていることがわかりましたよ!

ハリボーゴールドベアの香料
  • レモン
  • オレンジ
  • ストロベリー
  • パイナップル
  • アップル
  • ラズベリー

袋を開けたときのフワッと広がる甘い香りはこのフルーツたちの香りだったんですね。納得です♪

光沢剤

光沢剤の「剤」という字を見て、体に悪影響ない?って思ってしまいましたが、問題ありませんでした!光沢剤も安心の天然素材でしたよ~。

ハリボーゴールドベアの光沢剤
  • ミツロウ…ミツバチが分泌するロウ。巣から採取して熱などを加え精製したもの
  • カルナバワックス…カルナバヤシの葉から抽出される天然のワックス

ロウやワックスと聞くと食べ物とは結び付かない気がしますが、ミツロウとカルナバワックスは食べられるんです。多くの食品に使われていますよ。

ハリボーベア君
ハリボーベア君

原材料も成分も安心だから、ハリボーのことを嫌いにならないでね。

日本製のグミと原材料がほとんど同じで、人工添加物も入っていないと聞いて安心ですね♪

ここからはハリボーグミを食べるときに気をつけたいポイントをお話ししていきます。

ハリボーグミが体に悪いのは食べ過ぎが原因!

ハリボーグミが体に悪いとは言い切れないですが、食べ過ぎはよくないですよ!

ハリボーグミだけでなく、すべてのグミに言えることです。

グミは甘くて美味しいのでついパクパク食べてしまいますが、食べ過ぎると虫歯など様々な悪影響が!!

  • 虫歯のリスク
  • 糖分の過剰摂取で太る
  • 消化不良を起こす
  • 合成着色料や人工甘味料の心配(ハリボーグミは全て不使用)

1つずつ詳しく解説していきます。リスクを知って食べ過ぎを予防しましょう!

虫歯

グミの食べ過ぎが原因で起こる体に悪い影響1つ目は、虫歯です!

砂糖などの糖分が含まれる食べ物が、虫歯の原因になることはご存知ですよね。

グミの成分の中には、虫歯の原因になるものが必ず入っています。

今回気になるハリボーゴールドベアーでは、この4つの糖分が多く使われています。

  • 水あめ
  • 砂糖
  • ブドウ糖
  • 濃縮還元果汁

とくにハリボーグミは硬めのグミなので、飲み込むまでに時間がかかり、口の中に糖分が長く居座ることに…。

虫歯を予防しよう

グミをダラダラと食べ続けず、食べ終わったら歯磨きやうがいをしましょう♪

ハリボーグミに限らず、美味しいお菓子に砂糖はつきもの。

虫歯になるリスクを減らすよう心掛けながら、美味しく食べたいですよね。

糖分の過剰摂取で太る

ハリボーグミはとても甘いですよね。糖分を多く含んだ食べ物の取り過ぎは体に悪いです!

ハリボーグミも例外なくカロリーはお高めです…太ってしまいます。

いったいカロリーと糖質はどのくらいなのでしょうか?

食品名 カロリー 糖質
ハリボーゴールドベアー(80g) 274kcal 61.7g
焼いも (100g) 163kcal 35.5g
じゃがりこサラダ味 (1カップ60g) 299kcal 38.1g
プリン(100g) 146kcal 12.6g

太りそうな食べ物と比べてみても、ハリボーグミは負けず劣らず、カロリーも糖質も高めですね。

甘いものを食べ過ぎると太る可能性だけでなく、ニキビができたり、糖尿病などの病気の原因にもなったりするので、気を付けましょう。

1日の適量

多くても、1日1袋(80g)を目安にして食べ過ぎを防ぎましょう♪

消化不良を起こす可能性

実は、グミの食べ過ぎは腹痛や下痢便秘を引き起こしてしまいます。

ハリボーだけでなく、グミは消化がいいとは言えません。

ハリボーグミは硬めなので、小さなお子さんはあまり噛まずに飲み込んでいることも…。

もともと消化が悪いのに塊のまま飲み込んで更に、消化に時間がかかると思うと心配ですね。

また、グミには糖分が多く含まれているため腸内で悪玉菌のエサとなり、腸内環境が悪くなり便秘になることも。

おなかを大切に

おなかの調子を気にしながら、食べ過ぎには注意しましょう♪

合成着色料や人工甘味料(ハリボーグミは不使用)の心配

グミには合成着色料や人工甘味料などの添加物が使われているものがあります。

ハリボーグミには合成着色料も人工甘味料も入っていないのですが、そのほかのグミには入っているものもあるんです。

合成着色料の多くは、タールや石油を原料に作られていて、危険性が指摘されています。

アメリカなど海外では使用禁止になっているものも多いのですが、日本では1日許容摂取量が決められているだけで、使用に制限はありません。

また、人工甘味料はカロリーゼロなのに甘く感じるよう作られたものです。カロリーゼロは嬉しいですが、悪影響も。

食べても血糖値が上がらないので、脳が異常に反応し、もっと甘いものが欲しい!と感じて食べ過ぎてしまう危険性があります。

依存を招いたり、味覚障害を引き起こしたりする可能性もあるので気を付けたいですよね。

ハリボーグミには不使用

ハリボーグミは合成着色料も人工甘味料も不使用なので、安心して食べられます♪

ちなみに、人工甘味料は妊婦さんにとっても天敵ですよ。ママさんは要チェック!

ハリボーグミが体に悪いは嘘で実はおすすめ!他グミ3選

ハリボーグミも適量を食べれば体に悪いとは言えないことがわかり安心ですね!

ここからは、グミ好き息子たちのママである私のおすすめ商品をご紹介!

体に悪いかばかり気になってしまいますが、グミにもメリットがたくさんあるんですよ♪

グミを噛むことで脳が活性化されたり、噛む練習にもなったりいいことづくしです。

近頃の子どもたちは固いせんべいを食べないですもんね(笑)。

歯にやさしいポリフェノール入り【アンパンマングミ】

アンパンマングミには緑茶ポリフェノールが入っていて、歯にやさしい!

虫歯が心配な小さなお子さまにも安心して食べさせられるのでおすすめです~。

3つの味のグミが入っていて、かたちも10種類もあるので子どもたちも楽しみながら食べられます♪

ハリボーグミより、やわらかいので子どもたちも食べやすいですね。

アンパンマンの絵があると子ども用ってわかるし、体に悪いイメージもないから安心♪

着色料不使用【果汁グミ】

ハリボーグミとの比較でご紹介した果汁グミには、着色料が一切使われていないんです!

気になる方はハリボーゴールドベアと果汁グミの比較の際に使用した原材料表示を見てください。

「果汁100(生果汁換算比)」と記載があるので、フルーツ本来のおいしさを味わえるのもいいですよね。

「果汁100(生果汁換算比)」を簡単に言うと、果汁100%に相当する成分を含むように、濃縮果汁を配合しているという意味です!

とにかくたくさん果汁が入っているということですね♪

不足しがちな栄養を補える【グミサプリ】

毎日栄養バランスを考えて献立を組んでいても、子どものこととなると不足していないか心配になりますよね。

そんなママにおすすめしたいのがグミサプリです!

ドラッグ青空
¥795 (2022/10/13 22:01時点 | 楽天市場調べ)

子ども用のグミサプリはカルシウム・鉄入り、DHA入り、肝油入りの3種類あり、すべて甘味料不使用なんです!

我が家の息子たちはDHA入りを食べています♪それぞれ2種類の味が入っていて、DHAはみかんとレモン味ですが4歳の次男もおいしく食べていますよ。

グミと言ってもサプリなので1日5粒と目安が決まっているの食べ過ぎる心配もありません。

1粒1粒は小さいのですが硬さは、ハリボーグミと同じくらいですよ♪

公式ホームページによると歯が生えそろったお子様から食べられるとのこと。

まとめ

  • ハリボーグミはカラフルな見た目が理由で、悪いイメージを持たれるが、ほかのグミより体に悪いということはない
  • 理由1つ目は、ハリボーゴールドベアと日本製のグミである果汁グミの成分を比較すると、ほとんど変わらないため
  • 理由2つ目は、ハリボーゴールドベアは合成着色料などの人工添加物不使用で原材料のすべてが天然由来のものなので体に悪いとは言い切れない
  • グミの食べ過ぎは虫歯、糖分の過剰摂取で太る、消化不良のリスクや、合成着色料や人工甘味料(ハリボーグミは不使用)が体に悪いと考えられるので注意
  • ハリボーグミも安心の原材料だが、ほかにもポリフェノール配合のアンパンマングミや着色料不使用の果汁グミ、栄養を補えるグミサプリも子どもにおすすめ

ハリボーグミはカラフルで美味しいだけでなく、原材料にもこだわって作られているんですね♪

安心ですが食べ過ぎはダメです。美味しく健康にグミを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました