非常食の賞味期限切れはいつまで食べられる?見極め方や寄付先も紹介

ライフスタイル

非常食の賞味期限をいつまでか確認していなかった!という経験ありますよね?

賞味期限とはおいしく食べられる期限なので、賞味期限切れでも捨てなくても大丈夫です!

賞味期限切れでも食べられるかどうか見極めるポイントは見た目の変色や変形、酸っぱい臭いや味がしないかです。

非常食の賞味期限がいつまで持つのかの目安は食品によって違いますが、長いもので10年もあります。

賞味期限が切れたからといって捨ててしまうのはもったいないので、期限の長い非常食を用意したり、定期的に備蓄を入れ替えたりするローリングストック法を試しましょう。

賞味期限切れの非常食がいつまで食べられるのか見極めるポイントはもちろん、ローリングストック法の紹介や非常食の寄付の仕方まで、気になることを全部まとめました。

非常食の賞味期限切れはいつまでOK?3つの基準で判断

賞味期限が切れてしまったからといって、捨てるのはもったいないと思ったそこのあなた!

安心してください。食品の期限には消費期限と賞味期限の2種類あるんです。

  • 消費期限…未開封で期限内に食べれば問題ない期限
  • 賞味期限…未開封でおいしく食べられるとされている期限

賞味期限が切れたからといって食べられない、捨てなければいけないというわけではないんです!

賞味期限が切れた非常食を食べられるのか見極めるポイント、食品ごとにいつまで持つのかの目安、賞味期限が切れてしまわない非常食の備蓄方法を紹介していきます。

食べられるか見極めるポイントは見た目と臭いや味

賞味期限切れの非常食を食べられるかどうかを見極めるポイントは3つあります。

見極める3つのポイント
  • 見た目:変色、変形、缶など入れ物が不自然に膨らんでいないか
  • 臭い:すっぱい臭いや不快な臭いがしていないか
  • 味:少しだけ味見してみて不自然な酸味を感じないか

まず、見た目が変わっていないか見ていきます。変色しているものは劣化している可能性が高いので食べない方がいいです。

缶などの入れ物が不自然に膨らんでいる場合は傷んでいると考えた方がいいですよ。

見た目でわからない場合は次は臭いを確認してみましょう。

酸っぱい臭いや石油っぽい臭い、不快な臭いがした場合は傷んでいる可能性が高いです。

見た目でも臭いでも分からない場合、味見をしてみましょう。

少しだけ味見してみて酸味を感じたり、変な味がしたりする場合は傷んでいるので、潔く処分しましょう!

缶詰などは保存期間が長いと思って、賞味期限をいつまでか把握していない場合もあるのではないでしょうか?この機会に一度チェックしてみましょう♪

非常食の賞味期限の目安は長いもので10年持つ!

非常食って用意してもそのままずっと放置してしまっていませんか?

そんなあなたに長期保存可能な非常食や主な非常食の賞味期限の目安をご紹介します。

主な非常食の賞味期限の目安
  • お米(アルファ米):3~5年
  • 飲料水(保存水):5~10年
  • 乾パン:袋入りは1年、缶入りは5年
  • 缶詰:2~3年
  • レトルト食品:1~2年

今回紹介した飲料水の保存水は、長期保存に適した備蓄用の水のことでミネラルウォーターではありません。

この保存水はミネラルウォーターの2~5倍も持つんです!長く持つのがありがたいですね。

災害時の備蓄として、農林水産省も推奨している缶詰は2~3年、私たちがよく利用する手軽なレトルト食品は1~2年と比較的保存期間が短めでした。

非常食を賞味期限切れで処分してしまうことのないように、1年に一度はチェックしたほうが良さそうですね!

もったいない!賞味期限切れで捨てずに上手に備蓄♪

非常食を賞味期限切れで捨ててしまうのはとてももったいないことですよね。

賞味期限切れを予防するために定期的に非常食の入れ替えを行いながら備蓄する、ローリングストック法をご存じですか?とてもいい方法なので解説していきますね♪

ローリングストック法とは?

ローリングストック法とは災害の有無に関わらず定期的に非常食を消費し、こまめに非常食を入れ替えていく備蓄方法のことです。

ローリングストック法を行うにあたって2つのポイントがあります。

食品ごとの賞味期限をいつまでか把握することと、古いものから消費していくことです。

この2つのポイントを守ることで、食べなれた味のものを非常食として備蓄でき、食品ロスを減らすことができるんです。

ローリングストック法のメリット♪

ローリングストック法の一番のメリットはいつも食べている、食べなれた味のものを備蓄できることです。

一般的な非常食のアルファ米や乾パンなどは、普段食べることが少ないものではないでしょうか。

災害時は心身共にストレスを感じるものです。そんな非常時には、子供の好き嫌いで非常食を食べない、食べ方が分からないなんてこともあるかもしれません。

そんな時にいつも食べなれている非常食だと簡単に食べることができ、その味に安心感を覚えるはずです。

また、こまめに非常食を入れ替えることで、「災害が起こるかもしれない」という意識を日頃から持つことができます。

「もしも」の非常時はいつ起こるかわからないので、危機感を忘れず常に備えておくことが大事ですよね!

ローリングストック法でいつものご飯を非常食として備えておこう!

非常食の賞味期限切れは寄付できるのか調べてみた!

日本は人口に対する食品廃棄率が世界一高いともいわれています。

消費期限でなく、まだ食べることのできる賞味期限でも処分してしまっているからではないでしょうか。

そんな捨てるのにはもったいない賞味期限切れの非常食は寄付できるのでしょうか?

調べてみると、賞味期限切れのものは寄付できないことがわかりました。

個人で消費することは問題ありませんが、公の施設などは何か問題があるといけないので受け入れできないようです。

ただし、賞味期限まで1カ月以上あるものは寄付できます。

個人でも非常食などの食品を寄付できるところをご紹介します。

<セカンドハーベストジャパン>

私たちは、日本初のフードバンクです。まだ充分食べられるにも関わらずさまざまな理由で活用されない食品を受け取り、それらを必要とする方々へ提供する活動を行っています。

引用 セカンドハーベスト・ジャパン公式HP

日本初のフードバンクで400社以上の企業から食品の提供を受けていて、個人の寄付と合わせると年間850トンにもなるそうです。

食品の賞味期限切れでないこと以外にも以下の場合は寄付の受付ができないので注意してください。

  • 開封済みのもの
  • 包装が破損や汚損しているもの
  • 包装と中身が違うもの(お米を除く)
  • 賞味期限や原材料の表記がないもの(砂糖・塩を除く)
  • アルコール飲料
  • 医薬品
  • サプリメントなどの保健機能食品
  • 生鮮食品
  • 瓶詰
  • ペットフード

寄付のニーズが高いものは缶詰やフリーズドライのものなどの非常食です。

期限が1カ月あれば寄付できるので、参考にされてみてはいかがでしょうか♪

<フードバンク関西>

市場や家庭では、余っていたり使われなくなった食品があふれている一方で、「今日食べる物がない」「明日の食事の当てがない」といった食の困窮者がいます。

私たちは、この2つの課題をマッチングすることで、“もったいない食品”を救い、“誰もが食べ物を得られる社会”を目指す活動をしています。

引用 認定NPO法人 フードバンク関西公式HP

関西発のフードバンクで、大手企業や個人からの寄付を受け付けています。

セカンドハーベストジャパンと同じく、賞味期限が1カ月以上あるもの、未開封で外装に汚れや破損がないものなどルールは同じです。

フードバンク関西では特に私たちの主食であるお米の寄付を募っています。

支援が必要な団体や家庭の希望を叶えようとすると、毎月2トンのお米が必要だそうです。

現在フードバンク関西では毎月300キロの支援しか行えておらず、お米が足りていない現状です。

余ったお米や非常用のフリーズドライのお米があれば寄付を検討してみてください。

あなたの余っている食品で、今日食べるものに困った誰かを助けられるかもしれません。

非常食で賞味期限切れしにくいアルファ米って何?

日本人の主食であるお米は非常食として備蓄しておきたいですよね?

パックの賞味期限は約1年ほどで少し短いので賞味期限切れする可能性がありますし、非常時なら電子レンジが使えないかもしれません。

そこで比較的保存期間が長いので賞味期限切れしにくい、非常食におすすめなアルファ米を紹介します♪

アルファ米とは炊いたお米を乾燥させた非常食のことで、乾燥保存で3~5年と賞味期限が長いことが特徴です。

普通のお米と違い洗わなくていいですし、熱湯や水を入れるだけでお米に戻る簡単さから、宇宙食としても認定されています。

戻し時間は水なら1時間、熱湯なら15分です。白米だけでなくカレー味や五目御飯など味のバリエーションも豊富です♪

実際の口コミには「おいしい」「味がしみこみやすいのでアレンジしてもおいしい」など良い意見が多くみられました。

しかし「水やお湯で戻してもふっくら感はなかった」「少しが柔らかめ」という意見も見られました。

白米のままだと少し食感が柔らかめのようなので、混ぜご飯の素をいれたり、チャーハンやピラフにアレンジしたりしてみてもいいかもしれません♪

賞味期限切れしにくくて、おいしいアルファ米を買っておこうかな!

まとめ

  • 食品には消費期限と賞味期限の2種類の期限があり、賞味期限はおいしく食べることができる期限なのですぐに処分しなくていい
  • 賞味期限切れの非常食を食べられるか見極めるポイントは、変色や変形がないか、臭いや味から酸っぱさを感じないかなどがある
  • 非常食の期限がいつまで持つかは食品により異なるが、長いものでは10年持つ
  • 食品ロスを防ぐためには定期的に非常食を入れ替えるローリングストック法がおすすめ
  • ローリングストック法は賞味期限がいつまでか把握していることと古いものから消費するのが大事
  • 賞味期限切れの非常食は寄付できないが、賞味期限が1カ月以上あるものは寄付できる
  • 賞味期限切れしにくいアルファ米は、おいしく、お湯で15分でお米に戻せるので手軽で備蓄におすすめ

非常食の賞味期限はいつまでなのか把握し、食品ロスを失くすことが大切ですね!

私は日頃から食べなれた味を非常食として備蓄する、ローリングストック法を試してみようと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました