敬語で理解できないってどう伝える?言い換え術で乗り切ろう!

ライフスタイル

人とコミュニケーションを取る際、なんだか要点がわからないな、つまりどうしたらいいのだろうと感じたことありませんか?

理解できない自分がいけないのではと思う時もあると思います。

ビジネスの場面などで敬語を使う時に「理解できない」ことを、どう伝えれば相手に不快な思いをさせずに済むのでしょうか。

理解できないの敬語は「理解できません。」です。

しかし、これでは理解するつもりがない、またはそちらの説明の仕方が悪いので理解できないというニュアンスにも取れてしまいます。

それでは今後の相手との関係性を悪くしてしまい可能性が出てきてしまいます。

ここでは、敬語で理解できないことを伝えるための方法をお教えしますで最後まで読んでいただけると幸いです。

敬語で理解できないってどう伝えれば角が立たない?

人と人との会話の中で、知らない単語が多かったり、説明が不得意な相手もいたりして、理解ができないときがあります。

先ほども触れましたが理解できないの敬語は「理解できません」です。

家族や友人なら、理解できないと簡単に伝えられますが、ビジネスの場面では上司でや先輩に不快を感じる言い方は避けたいです。

「理解できません」と言ってしまうと相手の言い方や伝え方に問題があるように聞こえてしまいます

あなたの説明がわかりにくいからわからないと感じさせてしまったり、内容の否定になったりします。

社内であれば、ある程度関係性を築いてる場合も多いですが、社外の企業さんや、お客様には特にきちんとした敬語を使いたいですね。

相手と良好な関係を築くためにも、理解できないことを言い換える敬語を知っておきましょう。

①「私の理解が及ばず申し訳ないのですが…。」

意味がわからないという言い方をしてしまうと、相手の伝え方に問題があるようなニュアンスになってしまいます。

そこであなたのせいではなく、自分が理解できなかったというお詫びの気持ちを伝えることができるのでおすすめです。

②「不勉強なもので申し訳ございません。」

こちらも理解ができないことをこちらに問題があるものとして、お詫びをする伝え方です。

専門用語を多用され、理解できなかった時などに使うのが望ましいです。

このような言い方をあなたがされた場合も悪い気はしないでしょうし、むしろ教えてあげなくちゃ!という気持ちになりますね。

相手に言われて嫌な表現方法を避けることが一番いいでしょう。

理解できないをそのまま敬語にするのではなく言い換え方法を知っておくと失礼がなくなります。

敬語とは相手との関係や態度を表現する方法

敬語の中にも分類があり、丁寧語、尊敬語、謙譲語と3つになっています。

丁寧語とは助動詞「ます」や「です」、「でございます」などです。

また、「酒」を「お酒」と言ったり、「話」を「お話」と言ったりすることで、ものの言い方に上品さを持たせる方法もあります。

尊敬語とは相手の行動を立てたいときに使う敬語です。

相手の動作や状態を高めて待遇することを言い表します。

謙譲語とは自分や、自分に関係することをへりくだっていうときの敬語です。

自分をへりくだることで相手をたてていることが伝わります。

この3つを知ったうえで、「理解できない」を敬語に直してみましょう。

理解できないを丁寧語にすると、「理解できません」になります。

今度は尊敬語にするにはどうするのか、理解できないのはあなたになるので、使えないです。

更に、謙譲語にしてみると、「理解致す」という表現もありますが、一般的には他の言い方をするほうがいいとされています。

こう考えると、理解できないの敬語が「理解できません」になることがわかっていただけたと思います。

いくら敬語であっても、わからないなと感じたときは、理解できないとは違う言い回しをするのがおすすめです。

理解できなかったことを聞くのは失礼であるという風潮もいまだにあります。

自分で調べてわかることを聞いてしまうのは失礼にあってしまいますが、わからないことを聞くことも大変重要です。

なぜなら、わからないことをわからないままにして、大きな失敗をしてしまうことがあるからです。

理解できなかった自分を恥ずかしがらず、聞く機会を増やすことで未然に失敗を防ぎましょう。

敬語の使い方は難しい!失礼にあたる言葉を回避しよう!

敬語の使い方は学生の時授業で学んだり、テストを受けたりと勉強したことが一度はあると思いますが、難しいですよね。

大人になってから改めて勉強する場合も珍しくないです。

誤った使い方をしてしまうと失礼にあたる敬語をいくつか紹介します。

①「了解しました。」

この使い方は私もよく使っていましたが、あまり好ましくありません。

なぜかというと「了解しました」、「了解です」などは尊敬の意味が含まれていないからです。

部下などに「了解。」と言うのが正しい使い方で、目上の相手には使わないほうがいいです。

言い換え表現としては「承知しました」、「かしこまりました」があります。

②「感心しました。」

この使い方も「了解しました」と同じく、目下、もしくは同等の相手に対して使う言葉で、目上の人に使うのはよくないです。

「感心した」ではなく「感動した」、「感銘した」などと言い換えれば失礼はありません。

③「ほぼほぼ」

「ほぼほぼ」は間違った使い方ではないのですが、ビジネスシーンにおいては「あらかた」や「おおよそ」などの表現をしましょう。

2016年に新語大賞に選ばれた新しい言葉で、若年層を中心に使われる言葉だからです。

相手が受ける印象はあまりいいものではなく、別の言葉に置き換えるだけでイメージが変わるならわざわざ使う必要はないですね。

敬語を使うことはマナーだから間違えないようにしたいな!

敬語はコミュニケーションをとるうえでマナーになります。

全ては難しいと感じてしまいますが、できるだけ間違った使い方をしないようになりましょう。

まとめ

  • 「理解できない」を敬語で表現する場合は「理解できません」になる
  • 「理解できません」と言ってしまうと相手の言い方や伝え方に問題があるように聞こえてしまうので言い換える
  • 敬語とは丁寧語・尊敬語・謙譲語の3つからなる
  • 丁寧語は「です」「ます」など丁寧さを添える表現
  • 尊敬語は相手の行動を立てたいときに使う表現
  • 謙譲語は自分や自分に関することをへりくだった言い方をして相手をたてる表現
  • 間違えやすい敬語があるので気を付ける

理解できないことを敬語で伝えることは大変難しく、言い方によっては失礼になってしまいます。

しかし、分からないことをそのままにしておくことは更なるリスクを生むため、理解できない自分を恥じず聞くこと増やしましょう。

そして、言い換える方法を知ることで、相手との関係をより良くしてくれるので、しっかり覚えておくと安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました