クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

衣替えの服の保管方法は?目安の時期や上手な収納テクニックを伝授

ライフスタイル

季節が変わり、服の衣替えの時期がやってくるとちょっぴり気が重いあなたへ。

時間や手間がかかるし、衣替えはあまり好きじゃない…。

なぜか家族の服の衣替えもママの仕事になっていて、不満…。

服の衣替えは体力も気力も消耗する大仕事ですよね。そんなあなたへ、服の衣替えのやり方や服の保管方法の見直すことをおすすめします。

この記事では、服の衣替えのタイミングである目安時期、スムーズに服の衣替えを済ませるコツ、正しい保管方法などを紹介します。

実店舗250以上/関西売上No.1!宅配クリーニングサービス『モンクチュール』

衣替えはいつから?タイミングと目安時期をチェック

基本的な衣替えのタイミングは6月と10月の年2回と言われています。

衣替えのタイミングに迷ったら、天気予報で最高気温をチェックして決めるのもいいかもしれません。

季節ごとの服の衣替えの具体的なタイミングをみていきましょう♪

気温差に対応できるように2~3週間の衣替え移行期間を設けることをおすすめします。

移行期間では前シーズンのアイテムを数点残しておくことがポイントです。

春服へ衣替えをするおすすめの時期

春服への衣替えは最高気温が16度以上を目安にしましょう。

最高気温が15~20度くらいになってくると、冬物アウターや厚手のニットを着ると暑いと感じることが多くなります。

特に日中は、厚手の服を着て出かけると汗ばんでしまうでしょう。

朝晩は、長袖+薄手のアウターで十分な季節です。気温が不安定な時期でもあるため、脱ぎ着しやすい服装を心がけるといいですね。

地域ごとの衣替えのタイミング(目安時期)
  • 北海道:4月下旬ごろ
  • 関東地方:3月中旬ごろ
  • 九州地方:2月下旬ごろ

夏服へ衣替えをするおすすめの時期

夏服への衣替えは最高気温が23度以上を目安にしましょう。

最高気温が23度の日々が増えると、春服できていた長袖や薄手のアウターでは汗をかいてしまいます。

半袖やノースリーブのトップスなど、夏服に移行するタイミングです。

夏は日差しも強く、日焼けが気になる時期でもあります。紫外線対策のためにも、薄手の長袖やUVカットカーディガンなどを用意するといいでしょう。

地域ごとの衣替えのタイミング(目安時期)
  • 北海道:6月下旬ごろ
  • 関東地方:4月中旬ごろ
  • 九州地方:4月下旬ごろ

秋服へ衣替えをするおすすめの時期

秋服への衣替えは最高気温が19度以下を目安にしましょう。

朝晩と日中の気温差が大きくなる時期であるため、長袖のカーディガンやパーカーなど、着脱しやすい羽織物を用意しておくと安心です。

最高気温が18~16度くらいに下がり始めたら、インナーも半袖から長袖にチェンジすることをおすすめします。

地域ごとの衣替えのタイミング(目安時期)
  • 北海道:9月月下旬ごろ
  • 関東地方:10月下旬ごろ
  • 九州地方:11月上旬ごろ

冬服へ衣替えをするおすすめの時期

冬服への衣替えは最高気温が15度以下を目安にしましょう。

この頃になるとアウターが必須です。冬服への衣替えを始めるタイミングと言えます。

おすすめはセーター+ウールのコートです。日中でも寒さを感じるため、ダウンコートや厚手のロングコートなど、防寒着を準備しましょう。

地域ごとの衣替えのタイミング(目安時期)
  • 北海道:10月下旬ごろ
  • 関東地方:11月中旬ごろ
  • 九州地方:12月上旬ごろ

服の衣替えをスムーズに済ませるコツ

ここからは、億劫な衣替えをもっと簡単にできるコツを徹底解説します。

服の衣替えはどのようなやり方が正しいのか、上手に保管するコツを紹介しますね。

<断捨離>いらない服や着ない服を処分する

衣替えの時に断舎離するのが効率良い衣替えのコツです!!

着る服、着ない服を見極め、不要な服の量を減らすチャンスです。

まずは、全ての服をクローゼットから出してみることから始めましょう。

服の断捨離のポイントを基準とし、処分する服を選別してください。

  • 落ちない汚れやシミがついた服
  • 今シーズン1度も着なかった服
  • サイズの合わない服

処分する服の見極めが難しい場合は、実際に試着して確認してみるのもいいでしょう。

処分の際にフリマサイトやリサイクルショップを活用することもおすすめです。

<洗濯>衣替えする服をきれいに洗う

服の断捨離が終わったら、保管する服のお手入れをしましょう。

服の洗濯表示を確認し、お家で洗濯できるもの、クリーニングに出すものと分けるといいですね。

1度でも着た服は皮脂や汗などの汚れがついているため、必ず洗濯をします。

服を洗濯せずに収納すると、服が傷んだり、黄ばみやカビの原因となったりするんです。

漂白剤を使ったり、シミ抜きをしたりして汚れをリセットしておく一手間が、次の衣替えで気持ちよくすぐ着られるようにするコツです。

他にも、衣替えの下準備で気をつけるポイントはこちら

  • 冬物ニットやフリースは毛玉クリーナーで毛玉を除去する
  • ポケットがある服は、中になにもないことを確認する

特に子供の服は、ティッシュやお菓子の包み紙がポケットに入りっぱなしになることも…。

カビや害虫を招く原因にもなるため、衣替えで収納する前にしっかりとチェックしましょう。

<仕分け>残す服を「〇〇別」にまとめる

残す服の選別と収納前のお手入れが完了したら、次は仕分け作業をします。

仕分けのやり方は家庭や家族構成によって異なりますが、大まかなコツを紹介します。

「季節別」に仕分ける

必要な服を季節ごとに分け、ひとまとめにします。

おすすめのグループ分け
  • 1年中、時期を問わず着る服
  • 真夏だけに着る服
  • 真冬だけに着る服
  • 春、秋の季節に着る服

服を季節ごとにグループ分けすることで、後からとりだしやすくなるのでおすすめです。

1年中、時期を問わず着る服は取り出しやすい場所に置き、いつでも着れる状態にしましょう。

「人物別」に仕分ける

家族が多い家庭の場合は、人物別に仕分けることをおすすめします。

家族一人一人に収納スペースや収納ボックスを準備し、シーズンオフになった服をまとめます。

子供がいる家庭や残す服が多い場合は、人物別に仕分ける方法が整理しやすいです。

「サイズ別」に仕分ける

兄弟の子供がいる場合、サイズアウトした服やお下がりでもらった服を保管したいときに、サイズ別の仕分けが有効です。

サイズアウトした服やお下がりでもらった服の保管期間は長いことが多いため、中身がわかるようにサイズと着る服の季節をラベリングすることをおすすめします。

<収納>保管場所と収納方法を決める

グループ分けをした服をどうやって収納するか、どこに保管するかを決めましょう。

しばらく着る機会のない服は、クローゼットの棚の上の方や奥側など、比較的取り出しにくい場所にします。

逆に、またすぐに着る服は、クローゼットの手前の取り出しやすい場所に保管するといいでしょう。

保管場所が決まったら、スペースに合った収納ケースやボックスを準備します。

衣替えした服の収納方法は「しまう」と「吊るす」

衣替えした服の収納の方法には大きく「しまう収納」と「吊るす収納」の2通りがあります。

それぞれの収納方法のメリットデメリットついて紹介しますね。

しまう収納方法のメリットデメリット

しまう収納は、衣替えで着なくなった服を収納ケースや収納ボックスなどにしまって収納する方法です。

スッキリ見せたい場所や隠したい物が多い場所に適し、場所を取らずにたくさんの服を保管できるメリットがあります。

また、蓋付きのケースやボックスに収納することで、ホコリがつくことを防げます。

収納ケースやボックスを選ぶ際は、クローゼットやベッド下などの保管スペースにピッタリ収まるものにすることをおすすめします。

ケースにしまう際に、服をみっちり詰め込んでしまうと、服にしわがついたり、型崩れしたりする点がデメリットと言えるでしょう。

ケースの8割程度に抑えて収納するとしわや型崩れを防ぐポイントとなります。

他にも、しまう際に収納のルールがないと、探しものが増えるので、保管の際はラベリングをしましょう。

吊るす収納方法のメリットデメリット

吊るす収納は、シワが目立ちやすいシャツや型崩れしやすいスーツやコート、シルク素材の服の保管に最適です。

おそろいのハンガーに好みの服を飾って楽しめるというメリットもあります。流行りの魅せる収納」も実現できるんです。

服が見えないとわからない、持っている服を忘れてしまうのが心配のあなたへもおすすめです。

しまう収納と違って、出し入れがラクですが、ホコリが溜まりやすいため、衣類カバーなどを使って汚れ対策をする必要があります。

収納スペースに余裕がない場合は、服をハンガーに掛けたまま圧縮できる圧縮袋に入れて保管するのもいいでしょう。

衣替えした服の保管方法5選

季節が変わるタイミングでやってくる衣替え。ずいぶん古い収納ケースに服を保管していませんか?

最近、おしゃれなデザインのものや機能性が高いものなど、服を保管する収納ケースは進化しています。

ここでは、特におすすめできる服の収納&保管方法を紹介します。

衣替えのタイミングで収納ケースの交換も検討してみてくださいね。

蓋付きプラスチック収納ケースに入れて積み上げ保管

蓋付きプラスチック収納ケースは軽量で強度があり、中身が少々重くても、積み上げて保管がしやすいです。

クローゼットの奥や手の届かない押し入れの上段などに、衣替えの服を保管したい時におすすめです。

ただ、通気性が悪いため、収納している期間が長い場合は、カビなどが生えないように対策しましょう。

「備長炭ドライペット」はプラスチック収納ケースなど、密閉された空間で効果を発揮する除湿剤です。

備長炭が気になる服の臭いを脱臭してくれますよ。

布製ケースなら高い場所での保管に最適

通気性の良い布製のケースで衣類を湿気やカビからしっかりガードしましょう。

ワイヤーがはいっているボックスなら、くたっと形が崩れること無く、服を収納できます。

ケースが軽い分、高いところに積み重ねて保管できるのでスペースを効率よく使えますよ。

透明窓付きで、開けなくても中に入れた服を確認できる衣装ケースがおすすめです。

「Bicoyの衣装ケース」は36Lと大容量66Lのラインアップがあります。取っ手付きだから出し入れが簡単です。

軽い、大容量、中身が見える窓付きの3つが揃った、ベスト商品は「竹炭衣類整理袋・大」

不織布製のケースで、使わない時は畳んでしまえるので便利です。

生地には不織布製の間に竹炭が練り込んでおり、スプレーは芳香剤に頼らず、竹炭の消臭力で匂いを消してくれます。

見栄えのいいストレージボックスでインテリア収納

クローゼットや押入れなどに収まらない場合は、蓋付きで見栄えのいいストレージボックスを使って保管するのがおすすめです。

部屋の片隅などの目に見えるところに置いても、魅せる収納として、部屋の雰囲気をグレードアップすることができたりもします。

「ツムカ ファブリック収納ボックス」は選びきれないほどのカラーのラインアップがあり、好きなサイズやタイプを自由に組み合わせることができます。

家族みんなで過ごすリビングには鮮やかなオレンジと落ち着いたホワイトの組み合わせがおすすめです。

ブラウンとベージュの組み合わせの落ち着いたカラーでまとめてもいいかもしれません。

重みのある服はキャスター付き収納ケースがおすすめ

底面にキャスターが付いている収納ケースは、簡単に移動させることができ、クローゼットや押入れの掃除をするのにも便利です。

他の保管場所に移動したくなった場合にも、持ち上げて運ぶ手間がありません。

特に、重みのある服などはキャスター付きの収納ケースに保管することをおすすめします。

キャスター付き、コロ付き、ローラー付き、と言い方はさまざまです。

定番はやっぱり、「アイリスオーヤマのローラー付き衣装ケース」ですね。

みんな使っている収納ケースなのでいい商品であることに間違いありません。

出し入れ簡単♪引き出しタイプの衣装ケース

衣替えの服を収納した後も頻繁に取り出して使いたい場合は、引き出しタイプの衣装ケースが便利です。

荷物や他の収納ケースを上に積み重ねても、引き出して簡単に中身を取り出せるため、手間がかからないところが嬉しいポイントです。

サイズも大小様々な展開があり、クローゼットの空きスペースに合わせて選ぶことができます。

引き出しタイプの衣装ケースの前に荷物や他の収納ケースを置いてしまうと、毎回それをどかさないと引き出しを開けれないということになります。

クローゼットや押入れに引き出しタイプの衣装ケースを設置する場合は、引き出しスペースを確保するようにしましょう。

「リップス(彩)523」は、進化した組み立て型の引き出しタイプ収納ケースです。

組み立ては、工具不要で簡単。女性でも開けてすぐに組み立てが完了するので心配ありません。

上からでも下からでも引き出せる、使い勝手のいい引き出しがポイントです。

まとめ

  • 服の衣替えのタイミングは6月と10月の2回、最高気温を目安に、2~3週間の移行期間を設けて進めるといい
  • 服の衣替えをスムーズに済ませるコツは、断捨離、洗濯、仕分け、収納の順で行うこと
  • 断捨離では、汚れやシミのついた服、今シーズン1度も着なかった服、サイズの合わない服を処分する
  • 衣替えする服をきれいに洗濯してから収納すると、次の衣替えで気持ちよくすぐ着られる
  • 季節別、人物別、サイズ別に仕分けてから保管場所と収納方法を決める
  • 収納方法は「しまう」と「吊るす」の2パターン
  • 衣替えした服の保管方法は、蓋付きプラスチック収納ケース、布製ケース、ストレージボックス、キャスター付き収納ケース、引き出しタイプの衣装ケースがある

服の衣替えは、四季がある日本ならではの伝統行事です。収納と保管方法のコツを正しく身につけて、さっと終わらせたいですよね。

おすすめの保管方法を参考にして、次の衣替えで快適に服を着れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました