コストコのポップコーンをレンジで作るときの加熱時間は何分が最適?

食べ物

コストコでポップコーンを買って電子レンジで作ったのはいいけれど、弾けていない豆がたくさん残っていた経験はありませんか?

電子レンジで作るときの加熱時間はいったい何分がいいの?

私も弾けていない豆が残っていることが気になったので、加熱時間を調整して何回か作ってみました。

コストコのポップコーンの電子レンジでの適切な加熱時間は3分から3分30秒です。

記載されている2分30秒よりも30秒から1分程度長くすると弾けていない豆を減らすことができるんですよ。

コストコではいろいろな商品が大容量で販売されていますが、ポップコーンも例外ではありません。

美味しいポップコーンだからこそ、最後の1粒まで食べたいですよね。

合わせていつもの食べ方に飽きたときのアレンジ方法も紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

コストコポップコーンのレンジ加熱時間は約3分

コストコで人気商品はいろいろあるのですが、コスパがよく、簡単で美味しいお菓子の1つにポップコーンがあります。

しかし、コストコでポップコーンを買ったのはいいけれど、記載された時間通りに電子レンジで温めても弾けていない豆が残っているという声をよく耳にします。

コストコのポップコーンは記載された時間よりも30秒から1分程度長めに電子レンジで温めると、弾けていない豆の数を減らすことができるんです。

量が多くて使いきれないし、弾けていない豆は食べられないからと、購入を見送っていたあなた!

そして、買ったけれど飽きてしまったあなたにも、まずは、コストコのポップコーンがどういうものかをお話ししましょう。

コストコのポップコーンはこんな商品だ!!

コストコのポップコーンっていったいどんなものなの?

正式な名前は、「Microwave Popcorn(マイクロウェーブポップコーン)」といい、電子レンジで簡単に作ることができるポップコーンです。

電子レンジで簡単に作れるお手軽さと、お手頃な価格で購入できるところが人気となっています。

作り方は簡単で、電子レンジで約2分30秒加熱するだけであっという間にポップコーンの出来上がりです。後で、作り方を紹介しますね♪

私は、2021年の秋頃に1箱1,578円(税込)で購入しました。1箱に44袋入っていたので、【1,578円÷44袋=35.9円】と、なんと40円にも満たないお得な価格で購入できました。

1袋ずつ個包装されているので、家族や友達とシェアしたり、食べたい分だけ作ったりと使い勝手がいいのも、人気の理由かもしれないですね。

気になるカロリーですが、【100g当たり518kcal】と表示がありました。1袋の容量が93.5gなので、実際のグラム数に換算すると【1袋当たり484kcal】です。

実は、一般的なポテトチップス(60g)のカロリーが330kcalなので、コストコのポップコーンはポテトチップスの約1.5袋分となってしまいます。

価格はかわいいけれど、カロリーはかわいくないので、食べ過ぎには注意が必要です!

弾けていない豆の数を実際に調査してみた!!

私も記載された時間で何度か作りましたが、必ずと言っていいほど弾けていない豆が残っていました。

豆が残っているな。程度にしか思っていませんでしたが、この記事を作成するにあたり、いったいどのくらい豆が残っているのかを調査してみました。

作り方には「500W」と記載がありましたが、わが家では、Panasonicのオーブンレンジ・ビストロで、レンジ機能(600W)を使用して作ってみました。

加熱時間1分50秒2分30秒3分30秒
音がしないポンポンと音がする追加した以降は、時折ポンポンと音がする
少し膨らんできたパンパンに膨らんでいるパンパンに膨らんでいる
残った豆の数105粒39粒
見た目皮に焦げもなくきれいな白色少し弾けた皮に焦げ感がある
美味しいポップコーン少し焦げ感がある部分は香ばしい感じがする

【加熱時間 1分50秒】

パッケージに英語で記載されていた時間通りに作ってみました。

しかし、袋は膨らまず、ポンポンと弾ける音もしませんでした。やはり、海外の電子レンジは性能が違い、英語で記載されている時間で作ることは無理なようです。

【加熱時間 2分30秒】

作り方に書かれている時間通りに作ってみましたが、豆は105粒が弾けずに残っていました。

出来上がりの最後は、ポンポンポンという音がしっかりしていました。

見た目も味もいつも食べているポップコーンだったので、美味しく食べることができました。

【加熱時間 3分30秒】

作り方に書かれている時間プラス1分で作ってみたところ、39粒が弾けずに残っていました。

2分30秒を過ぎたあたりが一番弾けている音がしていましたが、3分を過ぎたあたりからは時折弾けている音がするくらいでした。

弾けずに残っている豆は減ったのですが、弾けた豆の皮を見るといつもより焦げ色が付いているような気がします。

食べてみると少し焦げ感があるので、気になる場合はもう少し時間を短くした方がよさそうです。

電子レンジの機種によって適切な加熱時間は変わってきます。最初は30秒ほど追加で加熱をし、様子を見ながら自分の電子レンジに合った適切な時間を見つけるといいですね。

コストコポップコーンのレンジでの作り方を紹介♪

コストコのポップコーンの作り方は簡単3ステップです。

コストコのポップコーンの作り方
  1. ポップコーンの外袋を開ける
  2. 「THIS SIDE UP」と書かれた面を上に向けて電子レンジに入れる
  3. 電子レンジの時間を「2分30秒」でセットしてスタートボタンを押す

これであっという間に美味しいポップコーンの出来上がりですが、注意する点が3つあります。

  1. 電子レンジに入れるとき、ポップコーンの向きに注意する
  2. 加熱中は電子レンジから離れず、ポップコーンの弾け具合に耳を傾ける
  3. 追加で温める場合、1度に長時間加熱せずに様子を見ながら調整する

作り方はとても簡単シンプルで、注意点も少ないですね。

おなかが空いたときに出来立てがすぐ食べられるお手軽おやつなのですが、コストコで売っている44袋はさすがに量が多く、ちょっと手が出せないと思われる場合もありますよね。

実は、メルカリやアマゾンなど、少量で販売されているところもあるんです。

コストコで購入するよりも割高にはなりますが、使いきれずに持て余してしまいそうな場合は、試してみる価値ありですよ。

コストコポップコーンをレンジでアレンジする方法7選‼︎

コストコのポップコーンはとても大容量です。1箱に44袋も入っているので、電子レンジで温めてそのままの味で食べていると飽きてしまいます。

飽きずに食べきるには、アレンジレシピを身に付けるといいですよ。

私も実際に作ったことがあるアレンジ方法を7つご紹介します。

ほとんどのレシピを電子レンジのみで作ることができるので、いつもの味にちょっと飽きたなという場合のアレンジとしていろいろと試してみてくださいね。

のり塩ポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

出来上がったポップコーンをボウルに取り出し、青のりをふりかけるだけです。

それだけで、簡単のり塩ポップコーンの出来上がり!!

ガーリックポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

出来上がったポップコーンをボウルに取り出し、ガーリックパウダーをふりかけるだけです。

それだけで、簡単ガーリックポップコーンの出来上がり!!

コストコではガーリックパウダーも売られているので、一緒に購入してみるのもいいかもしれないですね。

バターしょうゆポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

出来上がったポップコーンをボウルに取り出し、しょうゆを加えて一緒に和えるだけです。

それだけで、簡単バターしょうゆポップコーンの出来上がり!!

しょうゆをスプレー状に吹きかけられるタイプだと、かけすぎを防ぐことができるので便利ですよ。

キャラメルポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

フライパンに砂糖、バター、少量の水を入れて沸騰させます。

カラメル色になったら、出来上がっているポップコーンを入れ、絡めるだけです。

それだけで、簡単キャラメルポップコーンの出来上がり!!

チーズポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

出来上がったポップコーンをボウルに取り出し、粉チーズを軽く振りかけて、和えるだけです。

それだけで、簡単チーズポップコーンの出来上がり!!

チョコレートポップコーン

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

ボウルにチョコレートを割り入れ、湯煎もしくは電子レンジで少し温めて溶かします。

その中に出来上がったポップコーンを入れ、チョコレートと絡めるだけです。

それだけで、簡単チョコレートポップコーンの出来上がり!!

甘さとしょっぱさのコラボレーションをぜひお楽しみください。

シーズニングを振りかける

シーズニングとは粉末タイプの調味料のことです。

例えばファーストフードでは、シャカシャカポテトやフリフリポテトにシーズニングが使われていますが、ポップコーンにも使うことができます。

【コストコのポップコーンの作り方】を参考にポップコーンを作ります。

出来上がったポップコーンをボウルに取り出し、いろいろな味のシーズニングをふりかけるだけです。

それだけでいろいろなシーズニングポップコーンの出来上がり!!

いろいろなシーズニングが売られているので、味に飽きたときのアレンジに使えること間違いありません。

まとめ

  • コストコのポップコーンは記載された時間よりも30秒から1分程度長めに電子レンジで温めると、弾けていない豆の数を減らすことができる
  • 電子レンジで約3分で作れるお手軽さと、1袋40円弱というお手頃な価格で購入できることで人気がある
  • 1袋ずつ個包装されているので、家族や友達とシェアしたり、食べたい分だけ作ったりと使い勝手がいい
  • コストコのポップコーンのカロリーは一般的なポテトチップス(60g)の約1.5袋分なので、食べ過ぎには注意が必要である
  • コストコで購入するよりは割高だが、メルカリやアマゾンなど少量で販売されているところもあるので試しに購入することもできる
  • 1箱44袋も入っていために、そのままの味で食べると飽きる可能性があるので、「のり塩」「チーズ」「チョコレート」などのアレンジを試してみるとよい

コストコのポップコーンは電子レンジであっという間に作ることができ、賞味期限も比較的長いので、おやつを買い忘れたときにも重宝しますよね。

もったいないから捨てる豆をなるべく減らしたい。でも面倒なことはやりたくないズボラ主婦だからこそできる、簡単なアレンジレシピなので、よければ一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました