骨伝導イヤホンは難聴になるは嘘!仕組みを知れば危険でないことがわかる!

ライフスタイル

ヘッドホンやイヤホンを長時間使うと、耳の疲れや痛みが出るという悩みを抱えたことはありませんか。

ヘッドホンやイヤホンは、イヤーパッドやイヤーチップを耳に直接装着するため、ひどい場合は外耳炎になってしまうこともあります。

イヤホンには、耳に直接装着しない骨伝導イヤホンというものがあるんです。

骨伝導イヤホンは耳に直接装着しないので、外耳炎になるリスクを避けることができます。

でも骨伝導って耳への影響が心配。難聴になることはないの?

骨伝導イヤホンを使うと、「難聴になるかもしれない」と不安に思うかもしれませんね。

しかし、骨伝導イヤホンで難聴になることはありません。

ここでは、骨伝導のしくみや、骨伝導イヤホンのおすすめの使い方や選び方、気を付けたいデメリットも紹介します。

骨伝導式のイヤホンで難聴になることはない

そもそも骨伝導とは、どういったものなのでしょうか。

通常のイヤホンは、空気の振動が鼓膜を震わせて、耳の奥の聴覚をつかさどる「蝸牛(かぎゅう)」という器官に音を伝えます。

それに対して骨伝導式のイヤホンとは、鼓膜の代わりにこめかみ周辺の骨を震わせて、蝸牛に音を伝えます。

骨伝導は、鼓膜ではなく骨を震わせて音を伝えるんだね。

骨伝導と聞くと「難聴になるリスクがあるのでは」と不安に思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

実は、骨を伝って音を聞くことは、日ごろから自然に行われているんですよ。

例えば、自分が話した声と録音した自分の声とで違いがあるのは、日ごろ骨伝導で伝わっている自分の声を聞いているからです。

また、食べ物を食べるそしゃく音は、骨伝導で脳に伝わっています。

このように骨伝導は、日ごろから行われている自然な体のしくみなのです。

よって骨伝導イヤホンが原因で難聴になるということはありません。

難聴になるリスクが高まるのは、大音量で長時間にわたって音を聞いた場合です。

骨伝導イヤホンのおすすめ使用法!メリットを活かそう

骨伝導イヤホンは、どのような場面での使用に向いているのでしょうか。

また、骨伝導イヤホンにはどんなメリットがあるのかをご説明します。

1.普通のイヤホンでは耳の皮膚が痛くなってしまう場合

骨伝導イヤホンのメリットは、耳に直接装着しなくてすむので、皮膚が痛くならないことです。

耳の皮膚が炎症を起こして外耳炎を発症することもあるので、そのリスクがない骨伝導イヤホンはおすすめです。

2.周りの音にも注意したい場面

骨伝導イヤホンのもうひとつのメリットは、耳をふさがないので周りの音が聞こえることです。

周りの音が聞こえるので、ウォーキングやジョギングなど、周囲にも気を配らなくてはいけない場面での使用におすすめです。

スポーツの時に、外の音を聞きながら音楽も楽しめる性能は、他にはないメリットですね。

3.リモートワークでのWEB会議時

通話機能とマイク付きの骨伝導イヤホンを使えば、リモートワークでのWEB会議などで使用できます。

自分の声をしっかり拾ってくれて、周囲の音や会話も同時に聞き取りやすいのでおすすめです。仕事がはかどりそうですね。

4.ASMRを聞く時

骨伝導イヤホンはASMR(人の聴覚や視覚を刺激する音を収録した動画)を聞くのにピッタリです。

直接骨を震わせるので、ASMRのゾクゾクしたり、心地良くなったりする音の臨場感と迫力を感じることができます。

リラックスタイムが、さらに心地良い時間になりそうですね。

骨伝導イヤホンは耳をふさがないので、普通のイヤホンに圧迫感を覚える場合や、耳のサイズが気になる場合でも快適に使うことができます。

骨伝導イヤホンのメリットを、あなたが使いたい場面に応じて活かしましょう。

骨伝導イヤホンのデメリットは音漏れしやすいこと

骨伝導イヤホンのデメリットは音漏れがしやすい点です。

こめかみ周辺の音を振動させているため、それが空気を震わせることで、あなたの近くにいる人へと音が伝わってしまいます。

耳をふさぐタイプのイヤホンよりは、どうしても周囲に音漏れしてしまうのです。

音漏れは音量にもよりますが、電車などすぐ近くに人がいる環境や、図書館などの静かにすごす場所で使うのには向いていません。

また、気を付けなければならないのが、骨伝導イヤホンの自転車での使用は危険だということです。

多くの自治体では、自転車走行時にイヤホンを使用することは禁止となっています。

条例で、はっきりと骨伝導イヤホンついて書かれてある自治体は少ないです。

しかし骨伝導イヤホンでも音楽に集中してしまうと、周囲の音を聞き逃す可能性が出てきます。

自転車走行中は周囲に歩行者がいたり、自動車と接触する危険もあったりするということを、忘れてはいけません。

自転車に乗る時は、何よりも安全を最優先にし、骨伝導イヤホンは使用しないようにしましょう。

骨伝導イヤホンの選び方をタイプ別に紹介♪

骨伝導イヤホンにはどんな種類があるのか、その特徴と選び方を紹介します。

1.有線タイプ

有線タイプの良いところは、バッテリーが不要なので充電の必要がないところです。

骨伝導イヤホンが急なバッテリー切れで使えない、という心配をしたくないなら有線タイプを選びましょう。

音質の劣化が少ないとも言われていて、音質にこだわりたい場合にもおすすめです。

2.ワイヤレスタイプ

引っかかったりして邪魔になるケーブルがないのが、ワイヤレスの骨伝導イヤホンです。

スマホなどの端末とBluetooth機能(無線通信技術のこと)によって接続します。

寝転がって音楽を聴いたり、自由に動き回ったりしたいならワイヤレスを選びましょう。

また、家事のような移動をともなう作業をする時に、ちょっとした気分転換に使用するのも良いですね。

3.完全防水型

水没しても故障しない骨伝導イヤホンあります。

スポーツをする時に使用したいなら、完全防水型の骨伝導イヤホンを選ぶのがおすすめです。

つけたままスイミングも可能で、ジョギングやウォーキング時の汗や突然の雨にも安心です。

また完全防水なので、汚れたら丸洗いできちゃいます。常に清潔に使えるのも、うれしい点ですね。

4.通話機能マイク付き

先ほども紹介しましたが、通話機能とマイク付きの骨伝導イヤホンは、リモートワークで使用するのにおすすめです。

骨伝導イヤホンはマイクを備えたタイプが多くあり、耳を塞がないので自分の声も聞き取りやすく、通話を快適に行えます。

また、ノイズキャンセリング機能があるものだと、優れた遮音性でクリアな通話を実現してくれます。

骨伝導イヤホンの選び方のポイントは、優先したい目的に合わせることなんだね。

骨伝導イヤホンの装着の仕方は、こめかみ部分に後頭部から挟み込むようにして使うタイプが多いです。

そのため骨伝導イヤホンは、人それぞれの頭のサイズによってフィット感が異なります。

また、普段メガネを使っている場合は、骨伝導イヤホンがメガネにあたってしまい、きちんとフィットしないこともあります。

お近くに骨伝導イヤホンを試着できるお店があれば、購入前にフィット感を一度試してみるのがおすすめです。

購入しようとしている骨伝導イヤホンの性能が、あなたの求めるものに合っているか確認して、最適な選び方をしましょう。

音漏れしにくい骨伝導イヤホン♪おすすめ3選

骨伝導イヤホンのデメリットを少しでも減らした音漏れしにくいおすすめ商品を紹介します。

AfterShokz OpenMove 骨伝導ワイヤレスイヤホン

音質、音漏れ対策ともに抜群の機能を揃えている骨伝導イヤホン。迷わずコレを選ぶユーザーが多いことも人気の理由です。

骨伝導イヤホン 【耳を塞がない 内蔵32Gメモリ】

音漏れしにくい骨伝導イヤホンの中でも、リーズナブルな商品がこちら。水中でも使用できるほど、高い防水機能(IPX8等級)であることが特徴的です。

初めて骨伝導イヤホンを使ってみるあなたへ、トライしやすいのでおすすめです。

EnergyPower 骨伝導×指向性 ハイブリッドトゥルーワイヤレスイヤホン

耳の軟骨を通して音を鼓膜に届ける骨伝導という方式と、音を一方向に飛ばす最新の指向性技術を組み合わせるハイブリッド技術。

これにより、音漏れを最小限に抑え、自分の鼓膜にだけしっかりと音を伝える性能を兼ね備えています。

まとめ

  • 骨伝導イヤホンでは難聴になることはない
  • 難聴になるリスクが高まるのは、大音量で長時間音を聞いた時
  • 骨伝導イヤホンは耳が痛くならない、周りの音が聞こえる、リモートワークなどでの通話がしやすい、ASMRを聞くのに最適といったメリットがある
  • 骨伝導イヤホンのデメリットは、音漏れがしやすいところ
  • 骨伝導イヤホンは自転車走行時には安全を最優先に考え、使用しないこと
  • 骨伝導イヤホンの選び方は、使用目的をふまえて選ぶと良い

骨伝導イヤホンで難聴になることがないとわかり、安心しましたね。

長時間使っても疲れにくい骨伝導イヤホンは、あなたの生活の質をワンランクアップしてくれることでしょう。

骨伝導イヤホンを使用することで、あなたらしく快適な環境ですごせると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました