めちゃくちゃ懐く小動物ランキング!費用や飼いやすさは?徹底調査!

ライフスタイル

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング!?

タイトルを読んでクリックしたあなた!ペットを飼いたいけれど何を飼うか迷っていませんか?

もしくは、ペットは飼えないけれど可愛いペットと過ごす日常を想像して癒しがほしいと思っていませんか?

そう思っているあなたのためにめちゃくちゃ懐く小動物ランキングを紹介します!!

せっかくペットを飼うなら自分に懐いてくれる動物がいいなと思いますよね。

懐くペットと聞いて、犬や猫を思い浮かべるあなたもいるのではないでしょうか?

しかし犬や猫以外にもめちゃくちゃ懐く可愛い小動物たちは、うさぎやインコなどたくさんいるんです♪

そんな可愛い小動物たちの魅力をランキング形式でお伝えしていきます。

初めてペットを飼うことを検討しているあなたに読んでほしい内容が盛りだくさんです!!

必見!めちゃくちゃ懐く小動物ランキングベスト5♪

めちゃくちゃ懐く小動物をランキング形式でお伝えしていきます!

ペットとして定番の犬、猫を除いた小動物ランキングになっております。

このランキングには、「性格」、「懐くまでの時間」、「ギャップ」、「一緒に居られる時間」の項目をそれぞれ5点満点とし【5点×4項目=合計20点満点】で順位をつけております。

<第1位うさぎ>合計18点

「性格」5点、「懐くまでの時間」4点、「ギャップ」5点、「一緒に居られる時間」4点

<第2位インコ合計17点

「性格」5点、「懐くまでの時間」4点、「ギャップ」3点、「一緒に居られる時間」5点

<第3位モルモット合計16点

「性格」5点、「懐くまでの時間」2点、「ギャップ」5点、「一緒に居られる時間」4点

<第4位ハムスター合計15点

「性格」5点、「懐くまでの時間」4点、「ギャップ」4点、「一緒に居られる時間」2点

<第5位フェレット合計14点

「性格」3点、「懐くまでの時間」5点、「ギャップ」2点、「一緒に居られる時間」4点

また、人に懐く動物は、以下のような特徴があると言われています。

  • 親子の関係が深い動物
  • 群れで過ごす動物
  • 昔から人と共存してきた動物
  • 攻撃的ではない、穏やかな性格の動物

紹介しためちゃくちゃ懐く小動物ランキングに出てくる動物たちは、群れで生活する動物であったり、人懐っこく、穏やかな性格であったりするので、懐きやすいと言えるでしょう。

では、紹介した小動物たちの魅力をもう少し深掘りしてお話ししていきます♪   

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング第1位!うさぎ

うさぎは、見た目も可愛らしくとにかく癒されますよね♪

うさぎはおっとりとした性格なので、警戒心がなくなると、自分から寄ってきて抱っこをせがんでくることも。

犬や猫のように、大きな声で鳴かないので鳴き声に悩まされることがなく、臭いも気になりません。

また犬のように散歩が毎日必要でないので、飼いやすい動物でもありますよ♪

飼い主が安心できる存在だとわかるまで、1週間ほど警戒心や不安が続くかもしれませんが、そっとして様子を見てあげてください。安心できるとすごく懐いてきてくれます!

また、寿命は5~10年と言われていますが、健康フードや医療の進歩により、10年以上長生きする子も多いです。

私は、うさぎを飼っていたことがありますが、13年生きてくれました。

うさぎを飼い始めたときは、名前を呼んでも、手を差し伸べてもなかなか近くに寄ってきてくれませんでしたが、毎日声をかけて頭を撫でるうちにとても懐いてくれるようになりました♪

懐くとうさぎ自ら私の手の下に頭を埋めて撫でて!とおねだりしてきてくれるんです!!

うさぎの可愛さを語り始めると止まらなくなりそうなのでここまでにしておきますが(笑)、「懐く小動物ランキング」には、上位に入ること間違いなしの動物です。

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング第2位!インコ

インコは、懐くと名前を呼べば飛んできてくれますし、信頼関係も築きやすく、ヒナのうちから飼えば、とても懐いてくれます♪

インコの中でもおすすめなのは、セキセイインコとオカメインコです。

セキセイインコは、人に懐きやすく、見た目もカラフルで可愛らしいため、ペットとしても人気が高いんです!

寿命は、5~8年と言われています。セキセイインコは、小型のインコの中で最もしゃべるのが得意だと言われています。

ボクトイッショニオシャベリ♪タノシイゾー!

お世話するうちに言葉を覚えてくれるのも魅力の1つですね。

またオカメインコは、頬にある丸い模様が特徴的ですよね!

このチークのような赤い頬がよりオカメインコの可愛さを引き立たせています♪

おかめ面のインコでオカメインコと言われていますが、実はオウムの仲間なんです。

オカメインコは、とても優しく人懐っこい性格ですよ

寿命も15〜25年と長く、ずっと寄り添って生きていけるペットなんです!

ただ、寂しがり屋で繊細な一面もあるので、仕事が忙しく留守がちのあなたは、2匹一緒に飼う、静かな環境で飼うことをおすすめします。

できるだけ長い時間留守にするのは避けて、一緒に居てあげましょうね♪

インコの魅力について書いた記事も併せて読んでみてください!

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング第3位!モルモット

モルモットは警戒心が強いですが、もともと群れで生活する動物ですので、人にも懐いてくれるようになります。

鳴き声も小さいので、集合住宅でも飼いやすい動物と言えるでしょう。

警戒心の少ない生後1カ月程度のモルモットを飼うのがおすすめです。

慣れるまでに時間がかかる子もいますが、慣れて信頼関係を築くことができると、本来の甘えん坊の性格が可愛くてたまらなくなること間違いなしですよ♪

平均的な寿命は5~8年くらいですが、10年以上生きるモルモットもいるんです。

慣れてくると、嬉しいときや悲しいときの気持ちが鳴き声でわかるようになるので、ますます可愛くて癒されます!

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング第4位!ハムスター

ハムスターの性格は、おっとり、人懐っこいです。

ハムスター自体のサイズは小さく、ケージのスペースもあまりとらないので初めて飼うペットとして人気がありますね。

寿命は、2~3年ほどで他のランクインしている小動物たちとは短めです。

ジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターは初めての人にも飼いやすいハムスターですよ!

ハムスターは人に懐きやすいですが、さらに懐いてくれるポイントがあります。

それは、ハムスターが生活するのに最適な環境を整えてリラックスをさせてあげることです!

環境が整ったら最初はそっとしておくことで、ハムスターに「ここは危険じゃない」と教えてあげることができます。

さらに、飼い主さんの匂いを覚えてもらいましょう。

この方法は手に餌を乗せてあげるだけでOKです!

最初はハムスターも警戒してなかなかエサを食べてくれませんが、時間をかけることで徐々に慣れて食べてくれるようになります。

それからはすぐにハムスターと仲良くなれるので、ハムスターに懐いてもらいたいあなたはやってみてくださいね♪

めちゃくちゃ懐く小動物ランキング第5位!フェレット

フェレットは、イタチの一種で、たぬきのような顔立ちにひょろ長い体、短い脚が特徴です。

愛くるしい見た目でペットとしても人気を集めています。

フェレットはとても人懐っこく、マイペースで自由奔放、遊び好きな性格です。

知能も高く、子供の2歳児程度とも言われているんです!

トイレのしつけもでき、リードをつけて散歩を一緒に楽しめますよ♪

また寿命は5年~8年ほど。しかし、病気にかかりやすく、病気になると5歳で亡くなってしまう子もいますので、半年に1回は定期検診を受けるようにしましょう。

好奇心旺盛でやんちゃな性格なので、一緒に遊んだりするのが苦ではないあなたにはぴったりなペットです。

夜行性で、夜は活発になるので、仕事から帰ってきたころに、起きて寄ってきてくれますよ♪

仕事をしているあなたの生活のリズムと合うので、とても触れ合いやすいペットです。

ただし、家の中でも細い隙間に入って隠れてしまったり、玄関などのドアを開けたときに脱走したりなど、やんちゃな性格なだけに注意が必要なときがあります。

フェレットの種類にもよりますが、人気が高いのはマーシャルフェレットで、温和な性格の子が多いです。

フェレットは噛み癖があると言われますが、マーシャルフェレットは噛み癖も少ないので、おすすめです。

懐いてくれれば、友達のような関係になれるかもしれませんね♪

めちゃくちゃ懐く小動物ランキングは、1位うさぎ、2位インコ、3位モルモット、4位ハムスター、5位フェレットという結果でした。

うさぎやモルモットは、小さいお子様にも人気ですので、初めて飼うペットとして選ばれる場合も多いと思います。

動物も生き物ですから、毎日声をかける、触れ合うなどコミュニケーションをとって信頼関係を築くことが懐く1番の近道でしょう。

めちゃくちゃ懐く小動物を費用面から考えてみたら?

ペットを飼い始めるにあたり、かかる費用として考えられるのが、以下の3つです。

  • ペットそのものの購入費用
  • ケージなどの初期費用
  • エサ代などの飼育費用

飼い主の責任として、自分には飼うことができるのかどうかあらかじめ考えておきましょう。

ペットの定番といえば、犬と猫ですよね。ペットを飼い始めるあなたにとって、犬や猫にかかる費用は基準にもなりますので、押さえておくべきポイントですよ♪

犬の購入費用は種類により差はありますが、約100,000~300,000円です。

初期費用は400,000円ほど見積もっておくと安心です。

平均でかかる飼育費用は月々約5,000~10,000円と言われています。

犬は、ワクチン接種、ドッグフード、首輪やリード、爪切り、毛を研ぐブラシ、ペットシーツなどなど生活上必要な物もたくさんあります。

また猫の購入費用は、犬と同じような価格幅です。

初期費用は200,000円ほど、飼育費用は月々およそ5,000円と言われていますので、犬と比べると、若干安くなりますね。

さらに、ペットの治療費はどの動物でも人間より高額です。病気や怪我による不定期な出費もありますので飼う前に心得ておくといいでしょう。

それでは、めちゃくちゃ懐く小動物ランキングに入った動物たちをペットとして飼うにはどうなのか、費用面から検討してみましょう!

めちゃくちゃ懐く小動物の費用を解説!うさぎ編

  • 購入費用 約3,000〜30,000円
  • 初期費用 約20,000~30,000円
  • 飼育費用 月々約5,000円

うさぎの購入費用は、3,000~30,000円程度です。高いうさぎは血統書付きで売られています。

初期費用として、最小限の用品をそろえると20,000~30,000円程度かかります。

飼育費用としてかかるお金は、月に5,000円ほどでしょう。

また寒さに強く、暑さに弱い生き物です。適正気温16~22℃に部屋を保つ必要があるので、冷暖房費もかかってきます。

めちゃくちゃ懐く小動物の費用を解説!インコ編

  • 購入費用 約2,500〜30,000円
  • 初期費用 約10,000~30,000円
  • 飼育費用 月々約500~1,000円

インコの購入費用は種類によりますが、セキセイインコならおよそ2,500円〜4,000円が相場です。

オカメインコは、およそ10,000~30,000円です。

初期費用として約10,000円~30,000円はかかります。

月々にかかるコストは、ほぼエサ代だけです。トイレは新聞紙やチラシを敷いておけば十分です。そのため、500〜1,000円ほどですので、費用面では飼いやすい動物と言えますね。

めちゃくちゃ懐く小動物の費用を解説!モルモット編

  • 購入費用 約3,000〜8,000円
  • 初期費用 約10,000~15,000円
  • 飼育費用 月々約5,000円

モルモットの購入費用は、約3,000〜8,000円です。

初期費用としては、15,000円ほど見積もっておくと良いでしょう。

飼育費用は、月々約5,000円です。費用面では、うさぎよりも若干安い相場となっています。

めちゃくちゃ懐く小動物の費用を解説!ハムスター編

  • 購入費用 約1,000〜3,000円
  • 初期費用 約2,000~4,000円
  • 飼育費用 月々約500〜1,000円

ハムスター自体の価格も1,000〜3,000円くらいで買うことができます。

初期費用は、ケージや給水器、回し車などセットになったものも販売されており、2,000~4,000円ほどで手に入れることができます。

ハムスターは比較的費用のかからない動物で、飼育費用は月々約500〜1,000円です。

さらにハムスターは寒さに弱く、20℃〜26℃の室温を保つ必要があるので、暖房費用もかかってきますね。

ハムスターは、めちゃくちゃ懐く動物ランキングの中でも、比較的安い費用で飼い始めることができますよ♪

めちゃくちゃ懐く小動物の費用を解説!フェレット編

  • 購入費用 約60,000〜80,000円
  • 初期費用 約30,000円
  • 飼育費用 月々約5,000円

購入費用、初期費用を合わせて10万円程度だと考えておくと安心です。

飼育費用は、月々5,000円ほどの出費と考えておくといいでしょう。

フェレットは、1年に1〜2回ワクチン接種が推奨されています。10,000円程度かかりますので、覚えておきましょう。

ペットとして飼うことを費用面から考えると、ハムスターが1番手軽に飼い始めることができ、飼いやすいと言えますね。

小動物をペットとして飼う前に費用がどれくらいかかるのか考えておくことは大切です。

可愛いからという理由だけでなく、責任を持ってしっかり飼うことができるのか確認しておきましょう♪

めちゃくちゃ懐く小動物は飼いやすいとは限らない?

めちゃくちゃ懐く小動物でも、「懐く= 飼いやすい」と言い切ることはできません!

人懐っこくて、めちゃくちゃ可愛いけれど、実際に飼ってみると結構大変という小動物はいます。

飼ってみると意外に大変?小動物ごとに特徴を解説!

めちゃくちゃ懐く小動物を飼う前に注意しておきたいポイントを小動物ごとに解説してきます!

めちゃくちゃ懐く小動物の注意点!うさぎ編

  • 暑さに弱い
  • デリケートな一面がある
  • 診察してくれる動物病院が少ない

うさぎは、寒さに強く、暑さに弱いので部屋の温度を16~22℃に保つようにしましょう。

私もうさぎを飼育していた頃、夏場は部屋の温度が高くなるので、外出をしていても、冷房はつけたままにしておきました。

環境の変化に弱く神経質なところがあります。エサが変わるだけで食べなくなってしまう子もいるんです。

確かにうさぎはデリケートな動物と聞いたことがあるなぁ…。

そんなときは、前のエサに新しいものを少しずつ混ぜて慣れさせるなど工夫してあげましょう。

また、うさぎを診てくれる動物病院が少ないため、近くに病院がないと通うのが大変という声も。

実際に私が飼っていたうさぎも病気になってしまい、車で往復1時間かかる病院に通っていました。

体調不良のうさぎにとっても長時間の運転は辛いので、近くに診てくれる病院があるかどうかあらかじめリサーチしておきましょう。

めちゃくちゃ懐く小動物の注意点!インコ編

  • 地震や雷などいつもと違う環境で「オカメパニック」を起こしてしまう
  • 声が大きい
  • 日光浴が必要
  • こまめな掃除が必要
  • 排泄のしつけができない

オカメインコは、臆病な性格のため、地震や雷といった通常とは違う大きな揺れや音、光にびっくりしてしまい、ケージや壁に衝突して怪我をすることもあります。

そんなときは、優しく声をかけてあげて落ち着かせてあげましょう。

ケージにぶつからないように大きめのものを用意する、ケージの中にはあまり物を置かないようにするなど工夫することも有効な対策です。

また、鳴き声が大きいので集合住宅で飼うのは難しいかもしれません。

毎日の日光浴も必要ですので、時間があるときにケージを日なたに置いてあげましょう。

さらにセキセイインコは脂紛という白い粉や、羽毛などがケージに溜まることがあります。

脂粉や羽毛は人のアレルギーの原因になることもありますし、インコの病気の原因にもなりますので、ケージはこまめに掃除する必要があります。

トイレのしつけはできませんので、室内で放鳥しているときに、部屋を汚してしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

めちゃくちゃ懐く小動物の注意点!モルモット編

  • 温度変化に弱い
  • 定期的に毛並みの手入れが必要
  • 排泄物の臭いがきつい

温度変化に弱いため、室温を常に20〜26℃くらいに保つ必要があります。

また、体毛が毛玉になりやすく、飲み込んでしまう危険性もあるため、定期的にブラッシングをしてあげましょう。

さらに、不衛生な環境では、病気になりやすいうえに、排泄物の臭いがきついのでこまめにケージの掃除が必要です

私は、小学生のときにクラス内でモルモットを飼育していました。

毎日掃除しないとケージから臭いがしてきて先生にすぐバレました…(笑)。

飼い主もモルモットも気持ちよく生活できるように毎日掃除をするようにしましょうね♪

めちゃくちゃ懐く小動物の注意点!ハムスター編

  • 温度変化に弱い
  • 回し車やケージを噛む音に注意
  • 生活音に敏感で、ストレスに弱い
  • 壁や柱、コンセントをかじる

ハムスターを飼育するのに適している温度の目安は、20~25℃です。

暑くなりすぎず、寒くなりすぎない適した温度で飼育してあげましょう。

私がハムスターを飼育したときは、ケージに毛布をかけて温度調整していました。

また、ハムスターは夜行性なので、あなたが寝ているときに回し車をカラカラ回して遊ぶこともあります。

さらにケージをガリガリ噛むので、音が気になって寝られないという声も。

睡眠中に音が気になるようであれば、回し車はあまり音が出ないものを買う、ケージを噛まないようなグッズを取り入れることも検討しましょう。

かじり木をケージの中に入れておくことも有効な対策ですよ♪

さらに、ハムスターは聴覚が敏感な生き物なので、掃除機など大きな音にストレスを抱えてしまうこともあります。

ケージのすぐ近くではなるべく掃除機をかけない、テレビの音は小さめにするなどハムスターに気遣いができる飼い主を目指しましょう♪

そして、ハムスターはなんでもかじる習性がありますので、壁や柱をはじめ、コンセントなどかじっていないか目を離さないように注意が必要です。

めちゃくちゃ懐く小動物の注意点!フェレット編

  • 臭いがきつい
  • 歯が鋭く、噛む力が強いため、噛み癖があると大変
  • 副腎腫瘍ふくじんしゅよう・インスリノーマ・リンパ腫の三大腫瘍の病気にかかりやすい

フェレットは、イタチ科特有の臭腺しゅうせんをもっているので、強烈な臭いの液体を分泌する腺をもっています。

もちろん臭腺を手術で除去することもできますが、独特の体臭が残りますので、苦手かもしれないと思うあなたは違うペットを検討してみてはいかがでしょうか。

また、噛み癖があるので、物や手を噛んでしまう場合があります

噛まれても一緒に遊んでほしいという意思表示だと思ってあげましょう。

フェレットは、遊ぶのが大好きなので、毎日しっかり遊んであげないとストレスになってしまいます…。

またフェレットは、病気にかかりやすいので、半年に1回は定期検診を受けるようにしましょう。

早期発見することで、薬や手術など治療の幅も広がり、治る可能性も高くなります。

副腎腫瘍ふくじんしゅようとは、副腎と呼ばれる臓器に腫瘍ができる病気で、発症すると脱毛、乳首が赤く腫れるなどの症状があらわれる。

インスリノーマは、すい臓に腫瘍ができる病気。低血糖症に陥り、歩行障害や機能障害を引き起こす。

リンパ腫は、血液のがんの1種で、体にしこりができる、食欲不振、下痢、嘔吐、体の痙攣けいれん麻痺まひといった症状が現れる。

紹介しためちゃくちゃ懐く小動物によっては、寿命が短い、治療ができる病院が少ないといった飼いやすいとは言えない点があります。

犬や猫の場合、ペットとしての認知度や人気度も高いため、診てくれる病院が多い、ペットグッズも手軽に手に入ることなどから他の動物と比べ飼いやすいと言えますね。

ペットを飼うときは、必ず動物の生態をしっかりと把握してから飼うことを決めたほうが良いですね!

動物を初めて飼うあなたに知ってほしい!大切なこと5つ

動物を飼うのが初心者だというあなたには、ペットを飼う前に知っておいてほしいこと、考えておかなければならないことがあります。

  • ペットを飼うための費用がどのくらいかかるのか
  • ペットがもし病気になったときに対応できる動物病院が近くにあるのか
  • ペットが快適に過ごせる環境を整え・維持することができるのか
  • 飼い主の生活と合うのか

費用がどれくらいかかるのかについては、上記で紹介した、「めちゃくちゃ懐く小動物を費用面から考えてみたら?」を参考にしましょう。

またペットが病気になったときに、診てくれる病院があるのか事前に確認しておくことも大切です。

あらかじめ調べておくことで、急にペットが体調不良になったときでも落ち着いて対応することができますね。

またペットの生態や快適に過ごせる環境を知り、維持することができるのかあなたのライフスタイルと照らし合わせることも忘れてはいけません。

さらに、長時間留守にしてしまうときペットの世話を誰に頼むのか、ペットを世話できる時間を確保できるのかなど、飼いたいペットがあなたの生活と合うのかどうかも考えておきましょう。

ペットを飼う前には、飼い主として責任ある行動が必要です!

上記のポイントをしっかり考えておくことで、ペットやあなた自身が楽しく暮らすことができますよ♪

まとめ

  • めちゃくちゃ懐く小動物ランキングには、うさぎ、インコ、モルモット、ハムスター、フェレットが入る
  • うさぎは、めちゃくちゃ懐く小動物ランキング1位であり、警戒心がなくなると、自ら抱っこや頭を撫でほしいとせがんでくる動物である
  • 犬や猫以外にも懐いてくれる可愛い小動物はたくさんおり、懐く理由として、群れで生活する、穏やかな性格であることが考えられる
  • 小動物を飼うにあたりかかる費用は、平均して犬や猫よりは安い
  • 費用面から考えると、1番お金をかけずに飼うことができる小動物は、ハムスターである
  • 「懐く動物=飼いやすい動物」とは限らず、専用のグッズや専門の病院が近くにない場合や温度変化に弱い、こまめな掃除が必要な場合もある
  • ペットを飼う前に知っておきたいこととして、飼うための費用や病院の場所を知る、ペットにとって快適な環境を維持できるのかなどが挙げられる

めちゃくちゃ懐く小動物ランキングを紹介しました!

めちゃくちゃ懐く小動物はとっても可愛いですが、飼いやすいとは限りません。

動物の生態を知り、飼い主の生活環境やスタイルも考えたうえで飼うことを決めましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました