クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪い理由を解説!メリットや良い食べ方も紹介♪

食べ物

ごはんの代わりや間食にソイジョイをよく食べるんだけど体に悪いのかな?

ソイジョイ(soyjoy)が「体に悪い」と言われるのは、アレルギー物質や添加物、マーガリンが入っているなど4つの理由からです。

ですがこれらの理由が一概に「体に悪い」と言うわけではないんですよ。

ソイジョイ(soyjoy)には低GI値で低糖質、高タンパク質といったメリットもあります。

むやみに体に悪いと思っていると美味しいソイジョイ(soyjoy)も安心して食べられませんよね。

ソイジョイ(soyjoy)の体に悪い理由だけじゃなく、メリットや悪い食べ方と良い食べ方もご紹介します。

ソイジョイ(soyjoy)が好きなあなたも、気になっているあなたも要チェックですよ!

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪い理由とは?

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われるのには「原料のマーガリン」や「イヌリンや難消化性デキストリン」が含まれているなどの4つの理由があります。

体に悪いと言われる理由
  1. 原料のアレルギー物質
  2. 添加物が入っている
  3. 原料のマーガリン
  4. イヌリンや難消化性デキストリン

それぞれの体に悪い理由を詳しく解説していきます!

【理由1】原料のアレルギー物質

ソイジョイ(soyjoy)は原料に大豆、卵、乳製品、ナッツ類、果物など、食物アレルギーを引き起こす可能性のある食材が含まれています。

原料に含まれる食材にアレルギーがある場合にとっては、ソイジョイ(soyjoy)を食べるのは避けるべき危険な食品です。

そのため、アレルギーのある場合ではソイジョイ(soyjoy)は体に悪い食品になります。

アレルギーがなければ何も問題ないということね。

【理由2】添加物が入っている

ソイジョイ(soyjoy)には添加物としてソルビトールやクチナシ色素などのさまざまな成分が含まれています。

そのため、添加物などが気になるあなたは「体に悪い」と思うかもしれません。

ですが、添加物が入っているから「体に悪い」と考え過ぎる必要はありませんよ。

ソルビトール

ソルビトールは甘味料として使用される成分で、りんごやプルーンなどの自然の植物にも含まれています。

ソルビトールは自然由来の糖類で40年以上の使用実績があり、食品の他に化粧品や医療品でも使われていますよ。

ソルビトールは発がん性や皮膚感作性(アレルギー性)もなく、安全な成分です。

クチナシ色素

クチナシ色素は着色料として幅広く使用されています。黄色のクチナシ着色料は毒性がたしかにありますが、それは大量に摂取した場合です。

また、黄色のクチナシ色素の成分であるカロテノイドはビタミンAのことで、アレルギー反応の軽減に効果があるんですよ。

添加物ってよくわからず体に悪いと思ってたわ。添加物でも見極めが大切ね!

そうなんです。すべての添加物が体に必ず悪いわけではないんですよ。

【理由3】原料のマーガリン

ソイジョイ(soyjoy)には原料にマーガリンが含まれています。

マーガリンというと、トランス脂肪酸を思い浮かべるかと思います。

結論から言うと、ソイジョイ(soyjoy)のマーガリンはトランス脂肪酸を低く抑えたマーガリンのため安全です。

ソイジョイ(soyjoy)に使用されているマーガリンにトランス脂肪酸はほとんど含まれておらず、0gと表示されているんですよ。

なぜトランス脂肪酸が体に悪いと言われているかご存じですか?

そういえばなんとなくトランス脂肪酸は体に悪いとは知っているけれど、なんで良くないのかわからないな…。

実はトランス脂肪酸を過剰摂取すると、心筋梗塞などの冠動脈疾患が増加する可能性が高いという、諸外国の研究の結果が「体に悪い」と言われる主な原因です。

ですが、この研究は日本人の平均的な摂取量よりも多い場合の諸外国の研究結果です。

そのため日本人の平均的な摂取量の場合での病気とトランス脂肪酸の関連性は明らかになっていません。

ちなみにWHOは総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるように提示していますが、日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、平均値で総エネルギー摂取量の0.3%ですよ。

マーガリンやインスタント食品などにトランス脂肪酸は多く含まれているため、食べ過ぎずバランスのとれた食事が大切ですね。

【理由4】イヌリンや難消化性デキストリン

ソイジョイ(soyjoy)にはイヌリンや難消化性デキストリンという食物繊維が含まれています。

これらは過剰に摂りすぎると便秘や下痢に、腹痛が生じてしまう場合があります。

そのため、ソイジョイ(soyjoy)を食べると「体に悪い」と思われてしまうこともあるようです。

ですが、イヌリンや難消化性デキストリンは体に悪い成分ではありませんよ。

ですが、過剰に摂り過ぎないように注意する必要がありますね。

また後半で「食物繊維の効果」やイヌリンと難消化性デキストリンによる「便秘・下痢」について、詳しくお伝えします。

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いのは誤解でメリットも♪

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪い言われる理由がわかりましたが、どれも絶対に「体に悪い」ということではなかったですね。

そんなソイジョイ(soyjoy)にはメリットもあるんですよ♪

ソイジョイ(soyjoy)のメリット
  1. 低GI食品・糖質量10g
  2. 高タンパク質
  3. 食物繊維が豊富

ソイジョイ(soyjoy)のメリット3つについてみていきましょう。

【メリット1】低GI食品・糖質量10g

ソイジョイ(soyjoy)はGI値が低く、糖質量が1本10g程のため、ダイエットや糖質を気にしているあなたの間食におすすめです♪

GI値とは?

GI値とは食品に含まれる糖質の吸収度合いを示します。
GI値が70以上を高GI食品、56~69は中GI食品、55以下を低GI食品と分けられます。

GI値が低いと糖質の吸収が穏やかで、太りにくいと言われているんですよ。

せんべいやドーナツ、スコーン等はGI値が高く、ヨーグルトやピーナッツはGI値が低いです。

<食品別GI値>

食品GI値
スコーン92
ドーナツ75
フライドポテト70
パンケーキ66
チョコレート49
バナナ47
リンゴ40
28
ピーナッツ13

また、ソイジョイ(soyjoy)は低GI値だけでなく、糖質量も1本10g程と低いのもメリットです♪

「プラントベース ホワイトチョコ&レモン」はソイジョイ(soyjoy)の中でも最も糖質量が低く5.7gなんです。

最も糖質量が多い「2種のアップル」でも11.8gだけですよ。

種類によって多少違いはありますが、カロリーも117~149kcaと低く、カロリー計算がしやすいです。

ダイエットや糖質制限している場合にもおすすめですよ。

実はソイジョイ(soyjoy)には1本のカロリーが80kcalの商品も販売されています。

カロリーを抑えられるだけでなく、普通のソイジョイ(soyjoy)1本では量が多いというあなたにはちょうどいいですよ。

また「アーモンド&チョコレート」「ストロベリー」「ブルーベリー」と3種類も入っているので、少しずつ違う味を楽しみたいあなたにもおすすめです♪

【メリット2】高タンパク質

ナッツ系4種類と、「バナナ」「ホワイトチョコ&レモン」の2種類あるプラントべース系はタンパク質が1本5~6.5gも含まれています。

タンパク質は筋肉や骨、臓器、皮膚や爪などあらゆる体の組織をつくるために必要な栄養素です。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015」では、一日あたりのタンパク質平均必要量は成人男性で50g】成人女性で40g】とされています。

可能であれば成人男性は60g、成人女性は50g摂ることが推奨されているんですよ。

タンパク質には植物性と動物性の2種類がありますが、植物性タンパク質は普段の食事では1日摂取量を摂ることは難しいです。

タンパク質と一緒に糖質や脂質も摂取してしまい、太る原因になる可能性もあります。

ソイジョイ(soyjoy)は植物性タンパク質量が多く、腹持ちも良いため、間食におすすめですよ。

【メリット3】食物繊維が豊富で腸内環境改善♪

ソイジョイ(soyjoy)に使われる大豆は、食物繊維が豊富な食材です。

ソイジョイ(soyjoy)の種類によって違いはありますが、3.4~5.1gの食物繊維が含まれています。

日本人の食事摂取基準(2020年版)では、18~64歳の食物繊維の目標量は1日あたり男性21g以上】女性18g以上】です。

ですが日本人の食物繊維の平均摂取量は1日14g程です。

そのため意識して食物繊維を摂っていく必要があるんです。

ソイジョイ(soyjoy)は手軽に食べられ、簡単に食物繊維を摂取できますよ♪

食物繊維の効果

実は食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があるんですよ。

水に溶けやすい水溶性食物繊維は、小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。

また、食物繊維はコレステロールを吸着し体外に排出することで血中のコレステロール値も低下させます。

その他にも、ナトリウムを排出する効果もあるため、高血圧を予防する効果もあるんですよ。

食物繊維の効果
  • 食後の血糖値の上昇を抑える
  • 血中コレステロール値を下げる
  • 高血圧など生活習慣病の予防
  • 便秘予防
  • 大腸がんリスクを下げる
  • 腸内環境改善
  • 腹持ちが良くなる

水に溶けにくい不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の容積を増やすことにより、大腸が刺激されるため便秘予防になります。

また有害物質を吸着し、便と一緒に体の外に排出するので腸をきれいにし、大腸がんのリスクを減らせます。

食物繊維は肥満予防にもなり、糖尿病、脂質異常症、高血圧、動脈硬化などさまざまな生活習慣病の予防ができるんです。

また、どちらの食物繊維も大腸内の細菌により発酵・分解されます。

それによって、ビフィズス菌などの善玉腸内細菌の餌になるため、善玉菌が増え、腸内環境が改善される効果もありますよ。

そして食物繊維が豊富なことで腹持ちもいいんです。

こんなにメリットがあるんだ!

絶対に体に悪いというわけではないし、食べないのももったいない気もするわ。

ソイジョイ(soyjoy)の体に悪い食べ方改善!

ソイジョイ(soyjoy)を美味しく安心して食べていけるよう、食べ方をご紹介します。

ソイジョイ(soyjoy)の体に良い食べ方のポイントは「水分を一緒に摂る」と「1日1~2本」です。

体に良い食べ方の前に、まずは体に悪い食べ方とはなにかお伝えしますね。

ソイジョイ(soyjoy)の体に悪い食べ方

ソイジョイ(soyjoy)の体に悪い食べ方は、ずばり「食べ過ぎ」です。

食べ過ぎによるデメリット
  • 便秘
  • 下痢
  • アレルギー反応が出る可能性がある
  • 生活習慣病の原因になる

食べ過ぎるとなぜそれぞれのデメリットが生じてしまうのか、詳しくみていきましょう。

便秘・下痢

ソイジョイ(soyjoy)に含まれる食物繊維は便秘予防に効果があるとお伝えしましたが、食べ過ぎたり、他の食事のバランスが悪かったりすると便秘や下痢になる可能性があります。

ソイジョイ(soyjoy)には難消性デキストリンという、水分に溶けやすい食物繊維が含まれています。

そのため食べすぎると下痢になる可能性があります。

また、難消性デキストリンは腸の水分を吸収するため、水分摂取量が少ないと便秘になってしまうこともあります。

便秘を解消するためにソイジョイ(soyjoy)を食べる場合は、必ず水分を一緒に摂るように意識しましょう。

ソイジョイ(soyjoy)を食事代わりにしている場合や食事のバランスが悪いと、食物繊維の1日摂取量には足りません。

食物繊維のことだけではありませんが、他の食事で栄養を摂る必要はありますよ。

アレルギー反応が出る可能性がある

ソイジョイ(soyjoy)はアレルギー物質が含まれるため、食べ過ぎたり食べ続けたりすると、アレルギー反応を起こす場合があります。

ソイジョイ(soyjoy)を食べてアレルギー反応が出たら、すぐに食べるのをやめ、医師に相談しましょう。

生活習慣病の原因になる

ソイジョイ(soyjoy)は他のお菓子に比べれば糖質量は少ないのですが、食べ過ぎれば糖質の摂り過ぎになってしまいます。

糖尿病などの生活習慣病の原因になる可能性があるため、食べ過ぎないようにしましょう。

ソイジョイ(soyjoy)の体に良い食べ方

ソイジョイ(soyjoy)を食べ過ぎてはいけないというとわかりましたが、次に体に良い食べ方をご紹介します。

ソイジョイ(soyjoy)の体に良い食べ方のポイントは「水分を一緒に摂る」と「1日1~2本」です。

ソイジョイ(soyjoy)の体に良い食べ方のポイント
  • 水分を一緒に摂る
  • 食べるのは1日1~2本

体に良い食べ方2つのポイントを詳しくみていきましょう。

【便秘予防】水分を一緒に摂る

ソイジョイ(soyjoy)を食べる時は水も飲みながら食べると、便秘予防だけでなく腹持ちも良くなるためおすすめです。

ジュースなどでは糖分を摂りすぎてしまう可能性があるため、水やノンカフェインのお茶を飲むと良いですよ。

ソイジョイ(soyjoy)と一緒に飲むものとして、ダイエットとしてソイジョイ(soyjoy)を食べようと思うあなたには、特茶がおすすめですよ♪

特茶ダイエットについて書かれたこの記事を参考にしてくださいね。

便秘や下痢になりやすいあなたはノンカフェインの特茶も販売されていますので、そちらがおすすめですよ。

【適量】食べるのは1日1~2本

体に悪い食べ方でもお伝えしたように、ソイジョイ(soyjoy)を食べ過ぎは良くありません。

ソイジョイ(soyjoy)は適量の1日1~2本ほどにしましょう。

ソイジョイ(soyjoy)を作っている大塚製薬は特に制限はないと表記していますが、やはり食べ過ぎると体には悪い影響が生じる可能性があります。

そのため食べすぎないよう適量を食べましょう。

なんで適量が1日1~2本なの?

ソイジョイ(soyjoy)は1本約130kcalです。厚生労働省によると、間食は1日200kcal程度が適量なんですよ。

なのでカロリーからみても1~2本が目安になります。

まとめ

  • ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われる理由は、原料のアレルギー物質、添加物が入っている、原料のマーガリン、イヌリンや難消化性デキストリンである
  • ソイジョイ(soyjoy)に体に悪い理由はあるが、アレルギーがなければ問題なく、添加物が体に必ず悪いわけではないなど、必ず体に悪いわけではない
  • ソイジョイ(soyjoy)のメリットは、低GI食品・糖質量10g、高タンパク質、食物繊維が豊富であること
  • ソイジョイ(soyjoy)の体に悪い食べ方は「食べ過ぎ」
  • ソイジョイ(soyjoy)の体に良い食べ方のポイントは「水分を一緒に摂る」と「1日1~2本」

これであなたも、ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われる理由がわかりましたね。

アレルギーがなく、食べ過ぎなければソイジョイ(soyjoy)は安全で体にもメリットのある食品です。

安心して美味しいソイジョイ(soyjoy)を楽しみましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました