中高生 吹奏楽部が楽しくなる方法|意外と簡単!不安を自信に変えるには

スポンサーリンク
プレママ&ママ応援!無料プレゼントに加えて、抽選で電動自転車や人気調理家電も当たる、
Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン

スポンサーリンク

吹奏楽部は厳しいから行くのが嫌になってきたな…。

吹奏楽部の活動だけではなくて、友達と遊ぶ時間も欲しいな!

中学生や高校生になると部活動の悩みが出てきます。

胸に期待を膨らませて入部したけれど色々な理由で続けるのがきつく感じ、吹奏楽部の活動が嫌になりますよね?

吹奏楽部が楽しくなる方法は実はとても簡単です。

あなたが吹奏楽部に行きたくなるきついに勝る理由を作りましょう。

仲間と支え合い共通の目標を目指して「できる」を増やせば、練習が楽しくなり吹奏楽部が好きになりますよ!

吹奏楽部がきつくて悩んでいるあなたに、ぜひ試してほしい吹奏楽部が楽しくなる方法を詳しくご紹介します♪

この記事を読むとわかること
  • 吹奏楽部がきついと感じる4つの理由
  • 吹奏楽部の不安を解決する方法
  • 吹奏楽部が楽しくなる方法
スポンサーリンク

吹奏楽部がきつい理由は不安と不満が多いから

文化部の中でも運動部並みにきついと言われる吹奏楽部。

そう言われる理由は様々ですが、大きく分けると以下の4つに分かれます。

  1. 複雑な人間関係
  2. 練習量が多く拘束時間が長い
  3. 楽器が難しくて上達しない
  4. 希望の楽器になれないときがある

きついと感じてばかりだと、どうしても吹奏楽部が嫌になってしまいますよね?

調べてみると吹奏楽部がきついと感じる理由は不安と不満が大部分を占めていました。

スポンサーリンク

どうにかして吹奏楽部が楽しくなる方法はないものでしょうか?

不安や不満を解決しないと吹奏楽部が楽しくなる方法は見つかりませんよね?

それでは吹奏楽部で感じる不安や不満について1ずつ具体的に見ていきましょう。

吹奏楽部は大所帯!上下関係もある複雑な人間関係

吹奏楽部がきついと感じる大きな理由は人間関係です。

人間関係といっても色々ありますが、吹奏楽部の場合で思い浮かぶのは以下の3つではないでしょうか。

  • 吹奏楽部の顧問の先生との関係
  • 先輩や後輩との上下関係
  • 同じ楽器を選んだパート内での関係

では、吹奏楽部できついと感じる人間関係を詳しく見ていきましょう。

吹奏楽部の顧問の先生との関係

一生懸命やっているのに顧問の先生に怒られてばかりだときついと感じてしまいますよね。

頑張って練習しているのに認めてもらえないと感じ、不満に思うでしょう。

顧問の先生が厳しい理由は期待しているからです。

わかってはいても、怒られてばかりいるとモチベーションが下がり辞めたくなってしまいますよね。

吹奏楽部がきついのは先生からのプレッシャーを感じてしまうのが原因の1つでしょう。

先輩や後輩都の上下関係

中学生になると先輩が厳しいという話はよく聞きますね。

特に中学生や高校生は1学年の差が大きく感じ、急に上下関係を意識する機会が増えます。

部活動では学年の異なる先輩や後輩と関わる機会がとても多いのでなおさらですね。

先輩に挨拶などのマナーを注意されたり、厳しく指導された経験はありませんか?

私も中学生のとき先輩に「挨拶の声が小さい。」と注意された経験があります。

このように、小学生までと違う「先輩」「後輩」としての付き合いの悩みも、吹奏楽部がきついと感じてしまう原因でしょう。

特に部員数が多い吹奏楽部の場合、それだけ先輩も多くなるので厳しいと感じる機会が増えるのかもしれませんね。

また、後輩が入ってきて先輩の立場になると指導する側になります。

そうなると練習してくれない、練習はしてくれるけど上達しないといった悩みが生まれます。

スポンサーリンク

全員で力を合わせて1つの曲を演奏する吹奏楽部では、あなたのパートが上達しない責任を感じる場合もあるでしょう。

ほかの部活動でもありえる悩みですが、大人数で1つのことをやらなければならない吹奏楽部だからこそ、上下関係がさらに部活動に対するモチベーションに影響を与えてしまいます。

同じ楽器を選んだパート内での人間関係

一緒に切磋琢磨している仲間の中で、コンクールの出場枠に選ばれるか選ばれないかで差が生まれてしまうのが吹奏楽部です。

吹奏楽部は特性上どうしても人数が多い場合がほとんどです。

大人数の吹奏楽部の場合、同じ楽器のパートの中で競い合って出場権を得なくてはなりません。

多くは先輩や先輩や後輩関係なく実力で決まるでしょう。

そのため、普段一緒に切磋琢磨し、長い時間練習を共にしている仲間同士の間で立場に差が生まれるとお互いに意識してしまいます。

すると、どのように接していいか悩み、関係がギクシャクしてしまうのです。

また、吹奏楽部では同じパートの中で意見交換をする機会もあります。

吹奏楽部での活動に一生懸命取り組んでいるからこそ、仲間同士で意見が合わず言い争いになる場合もありますよね。

スポンサーリンク

吹奏楽部では、一緒に練習し支えあっている仲間と、ときに対立し争わなければならない場面があるため人間関係がきついと感じてしまうでしょう。

吹奏楽部の人間関係の悩みまとめ

吹奏楽部での悩みをまとめると次のようになります。

  • 部活の先生から期待されプレッシャーに感じる
  • 先輩からマナーを注意されたり、厳しく指導される
  • 後輩の指導が思うようにいかない
  • パート内で格差が生まれ関係がギクシャクする

このように色々な人間関係の悩みが複雑に絡み合い悩みも深くなり、吹奏楽部はきついと感じてしまいます。

本当は練習が終わったら早く帰りたいけど、みんな自主練習をしているから帰りづらいな…。

大人数の吹奏楽部では、周りの目も一段と気になりますよね。

こうした周りと歩調を合わせなくてはならないプレッシャーも、空気を読むのに疲れてしまい本心との間で無理が募り吹奏楽部がきついと感じる原因でしょう。

吹奏楽部は練習量が多く拘束時間も長い

吹奏楽部がきついと感じる理由に練習量の多さがあります。

練習量が多いので、吹奏楽部での活動に拘束される時間も長くなりますよね。

土日や長期休みはほとんど吹奏楽部の活動で終わってしまいます。

吹奏楽部は大好きだけど、友達と遊んだり勉強する時間が全然取れないな。

どんなに吹奏楽部が好きでも、ほかのことをする時間がないと不満に思いますよね。

ほかのやりたいことができない、ゆっくり休めない、勉強する時間が取れず両立が難しいなどの不満が生まれると、きついと感じてしまうのです。

楽器が難しくなかなか上達しない

練習してもなかなか上達しないと、きつくなってしまいますよね。

吹奏楽部で扱う楽器は、入部して初めて触る場合も多いでしょう。

初めは音を出すのも大変で、音程が合わない、きれいな音が出ないと悩んでしまいますよね。

何回繰り返しても、何時間練習してもうまくできないと苦手意識も生まれ、練習自体が楽しくなくなってしまいます。

毎日長時間の練習をしても成長を感じられないと、練習が無意味に思え、続けるのがきつくなってしまうでしょう。

スポンサーリンク

入ってガッカリ!希望の楽器になれないことも

吹奏楽部に入っても希望の楽器の担当になれるとは限りません。

一緒に入部したメンバーの希望する楽器が偏ってしまうのはよくありますね。

それぞれの楽器の人数は大体決まっているため、多くの場合吹奏楽部での各パートの人数や本人の希望、適性などを総合的に判断して決めるようです。

実際プロの演奏家でも、もともとは違う楽器が希望だったという話はよくありますよ。

希望した楽器になれないと最初からモチベーションが下がってしまいますよね。

練習量が多く拘束時間が長い吹奏楽部ではなおさらです。

希望していなかった楽器で厳しい練習を長時間こなす必要があるため、吹奏楽部はきついと感じてしまうのです。

吹奏楽部の不安や不満を具体的に見てきましたが、すぐに解決するには難しいものばかりでしたね。

それでは吹奏楽部の練習が楽しくなる方法は一体どうしたらよいのでしょうか。

吹奏楽部の不安を解決する意外と簡単な方法

どの吹奏楽部を見ても抱えている悩みにほとんど変わりはありません。

ではその不安を解消する方法はあるのでしょうか?

実は解決のポイントはとても簡単で、不安を自信に変えるにはあなたの考えを変化させることですよ!

吹奏楽部は仲間がたくさん!相談してみよう

同じ境遇にいる仲間はライバルであると同時に最大の理解者ですよね。

そこで、悩みがあるときは仲間に相談してみましょう。

難しく考える必要はありません。愚痴をいうだけでもいいのです。

心にしまっている悩みを口に出してみましょう。

思い切って愚痴を聞いてもらうと気分がすっきりしますよ。

話をしてみたら同じ悩みをもっていたりするものです。

話を聞いた仲間も、悩んでいたのはあなただけではなかったと安心しているかもしれません。

をするとあなただけでは考えもしなかった解決法がみつかるかもしれませんよ。

せっかく毎日練習を共にしている仲間がたくさんいるのですから、悩みがあるときは頼ってお互いに支えあいましょう。

小さな目標を作ってまずは1つをクリアしよう

モチベーションが下がっているときは、少し頑張ればクリアできる小さな目標を作って1つ1つ確実に達成していくことをオススメします。

吹奏楽部がきついと感じているときに無理に頑張っても自信を失ってしまいますよね。

注意するところを限定すると1つの問題に集中できるようになり、気づいたら「できない」が減っていたりします。

あれもこれもと考えていてはあなた自身を見失って不安が増してしまいますよ。

そこで、小さな身近な目標を1つ立て、それをクリアすることに集中しましょう。

日々の少しの成長が自信につながり、不安が解決しモチベーションも上がってきますよ。

そして、大切なのは頑張ったあなたを認めてあげることです!

吹奏楽部の不安はなくならない!視点を変えてみよう

吹奏楽部がきついと感じるか、楽しいと感じるかの違いは結局はあなた自身が楽しいと思うかどうかです。

「できない」ばかりに目を向けているといつまでも不安は消えません。

そこで不安を解決するのに大切なのが視点を変えることです。

具体的には、吹奏楽部での活動が嫌になると行きたくなくなってしまうので、行きたい理由を作りましょう。

仲の良い友達と話がしたいからでも、好きな先輩に会いたいからでも構いません。

もちろん楽器がもっと上手になりたいからでもいいです。

吹奏楽部のきついところばかりに目を向けるのではなく、どうすれば楽しくなるかに目を向け行動してみましょう。

吹奏楽部に対して抱いていたマイナスのイメージが薄まり、プラスのイメージを持てると楽しいと感じるようになりますよ。

吹奏楽部が楽しくなる練習とは「できる」を増やすこと

視点を変えて前向きにコツコツ頑張れば不安は自信に変わります。

では実際にはどのように行動すると吹奏楽部での練習が楽しいと感じられるようになるのか具体的に見ていきましょう。ポイントは以下の4つありますよ♪

  • 小さな目標を立て1つずつ「できない」を「できる」に変える
  • 吹奏楽部全体の大きな目標を立て、実現させるのだという気持ちを持つ
  • 吹奏楽部が楽しいと思える雰囲気を作る
  • きついに勝る楽しいを見つける

楽器が上達すれば自然と楽しくなってくる

吹奏楽部がきついと感じているときは、少しレベルを下げ簡単なものへ挑戦しましょう。

そうすると、苦手としている部分に落ち着いて向き合えようになります。

上達するためにあえて難しいレベルのものに挑戦する方法もありますが、モチベーションが下がっているときにやると苦手意識が強くなります。

練習するのもつらくなってしまうためオススメできません。

具体的な目標を作り、苦手とする部分に集中して1つ1つ確実にクリアしていきましょう。

ポイントは少し頑張れば達成できる程度の小さな目標を立てることです。

さらに、できないところばかりに目を向けず、できるところや得意なところをあえて練習するのも自信につながり効果的ですね。

「できない」を1つずつ「できる」に変えて練習がどんどん楽しくなるといいですね♪

大きな目標を作って全員で同じ方向を見よう

共通する大きな目標を立て、そこに向かって力を合わせる経験は吹奏楽部で活動する醍醐味の1つですよね。

吹奏楽部で一緒に練習に励んでいても楽しいと思うポイントはそれぞれです。

全力を注ぎ一生懸命やるのが楽しい、技術が身につくのが楽しい、みんなで協力して1つのことをするのが楽しいなど様々ですね。

吹奏楽部では力を合わせて1つの曲を作りあげるために、全員が共通の目標を持つことが大切です。

全員がバラバラの目標をもって演奏していては、曲も吹奏楽部もまとまりませんね。

共通する目標としてコンクールで良い成績を残したり、全国大会に出るなどを掲げるのはよくありますよね。

結果はともかく吹奏楽部であきらめずに最後までやり遂げた経験は、その後の人生の自信にもつながりますよ。

つらい練習を励まし合って同じ目標に向かって支え合うと仲間との絆もより強くなります。

吹奏楽部で目指している目標を他人事のように受け身で捉えず、どうしたら達成できるか積極的に考え行動に移すようにしましょう。

あなたたちで実現するのだという気持ちで活動すれば吹奏楽部での時間はあなたにとってかけがえのないものに変わりますよ。

雰囲気作りが大切!居心地の良いベストな関係

吹奏楽部の中でお互いに何でも聞いて相談しあえる関係は理想ですよね。

練習量が多く拘束時間も長い吹奏楽部では、居心地の良さが部活動に対するモチベーションに大きくかかわっています。

吹奏楽部の中で何でも聞きやすい雰囲気づくりを心掛けましょう。

あなただけでは悩みが解決できないときに、顧問の先生や吹奏楽部の仲間に具体的なアドバイスをもらえるよう相談すると上達も早くなりますね。

また、顧問の先生や吹奏楽部の仲間にあなたの演奏を聴いてもらうと、あなただけでは気づかなかった良いところや問題点を見つけられるかもしれません。

一緒にいて楽しいと思える雰囲気作りは、吹奏楽部での練習が楽しくなるうえでとても重要なポイントといえますね。

あなたの中の楽しいを見つけよう

吹奏楽部で活動するうえで、あなたが楽しいと思える具体的な理由を見つけましょう。

そうすると、きついと感じたときや吹奏楽部での練習の意義を見失ったときに初心にかえってあなたなりの頑張る理由を思い出せますよ。

きついと思うより楽しいと思う気持ちが勝っていれば、吹奏楽部での練習がきついと感じる多くのことを乗り越えられますよね。

吹奏楽部で楽しくなる練習方法は、結局のところ練習量の多さや人間関係などの不安要素をいかにあなたの中でプラスに変えられるかにかかっています。

まとめ

  • 吹奏楽部がきついと感じる理由は不安と不安と不満が多いから
  • 吹奏楽部は人間関係が複雑なうえ練習時間が長いのできついと感じ、希望の楽器になれなかったり上達しないと練習が無意味に思えてしまう
  • 不安と不満を解決する簡単な方法は、あなたの考え方を変えるだけ
  • 考え方を変えるには仲間を頼ったり、「できない」を減らして自信をつけプラスのイメージを持つ
  • 吹奏楽部が楽しくなる方法は簡単な小さな目標を立て「できる」を増やす練習を意識する
  • 吹奏楽部が楽しくなる方法は全体で同じ目標に向かい、居心地の良い雰囲気を作りコツコツ努力する
  • 吹奏楽部が楽しくなる方法は、不安要素をいかにプラスに変えられるか

「継続は力なり」という言葉がありますが、コツコツ地道な努力が求められる吹奏楽部はまさに続けることが上達への第一歩です。

きついと感じる機会も多い吹奏楽部ですが、続けるうちに精神力が鍛えられ自信がついたという話はよく聞きます。

あなたなりの楽しみを見つけ、1つ1つ小さな目標を乗り越えれば楽器の技術も上達し、吹奏楽部での時間がとても楽しいものになりますよ。

吹奏楽部でも外で体力作りをすることもあり、日焼けをしてしまいますよね。

学校生活で日焼けが気になるというあなたには、こちらの記事もオススメです♪

タイトルとURLをコピーしました