スマートキーはどうやって持ち歩く?キーリングやキーケースを使おう!

ライフスタイル

車の鍵の多くはスマートキーになっていますが、あなたはどうやって持ち歩いていますか?

スマートキーは持ち歩くのに向いている大きさではなく、どうやって身につければいいのか、悩みの種になっています。

そこで、どうやって持ち歩く人が多いのか気になったので調べてみました!

すると、たくさんの人がキーリングやキーケースを使っていました。

持ち歩く方法によっては、落としてしまいやすかったり、使いにくくなったりすることもあります。

そこで、車の鍵2つと家の鍵1つの計3つを常に持ち歩き、悩んできた私がこれいいなと思った方法を教えちゃいます♪

また、スマートキーにおける最大のデメリットであるリレーアタックの被害を受けない方法も伝授しますのでメモの準備をしてください!

スマートキーはどうやって持ち歩くのがいいのかな?

スマートキーとは鍵を鞄やポケットに入れて置くだけで、開錠と施錠ができてしまう優れものです。

車の鍵が一般的ですが、玄関の鍵にも採用されることも多くなってきました。

車の場合は、従来のように車に鍵を指すことなく、持ってさえいればスタートボタンを押すとエンジンがかかります。

なぜこのようなことが可能なのかというと、車や玄関とスマートキーのそれぞれから電波がでていて、お互いに通信しているからです。

かなり近寄らないと反応できないほどの微弱な電波を使うことによって勝手に開けられてしまうことを防いでいます。

便利だから使っていたけれど、電波が流れていたのね。

いちいち鍵を出さなくて済むので、大荷物の時や子供を抱きかかえている時などとても便利です。

買い物一つ行くのも苦労する子育て中に、これは大変ありがたいですし、どの世代でも簡単で便利なものは嬉しいですよね。

その一方で、スマートキーはサイズが大きく持ち歩くのには不便さを感じます。

どうやって持ち歩くのが便利で使いやすいのでしょうか。

スマートキーはキーリングやキーケースを使って持ち歩く場合が多いようです。

それでは、キーリングとキーケース、その他の方法の特徴とメリットとデメリットをまとめましたのでご覧ください。

場所を取らない複数持ちにおすすめのキーリング

キーリングは、リングに鍵を束ねて使用することで、ベルトや鞄の持ち手にも取り付けて持ち歩くことができます。

スマートキー3個を持ち歩く私は完全にキーリング派です。

場所を取らないため、複数のスマートキーを持ち歩く必要がある人におすすめです。

もともとキーケースを使っていたのですが、結婚をきっかけに旦那の車にも乗ることが増え、更に家の鍵にスマートキーを採用したので、使いにくさを感じキーリングに変えました。

しかし、キーリングはガチャガチャ音がしがちだったりで傷がつきやすかったりするデメリットもあります。

ちなみに調べていくうちに知ったのですが、スマートキー以外の鍵にキーヘッドカバーを付けるとガチャガチャ音は軽減できるそうです。

どうやってもこの音が気になるという場合はかなりおすすめの方法で、私も目から鱗が落ちました。

傾向としてはキーリングは男性が使うことが多いらしく、メンズ向けブランドから多くの商品が出ていることもわかりました。

あら!じゃあ今年の誕生日プレゼントにしようかしら!

いつも使うものなので、友人や彼氏、旦那さんのプレゼントにもおすすめです♪

おしゃれにスマートキーを持ち歩くならキーケース

おしゃれに持ち歩く場合はキーケースがおすすめです。

キーケースは鍵をまとめ包み込むことができ、更には小物を収納あります。

スマートキーを持ち歩くことを考えている場合はキーリングがあるキーケースにしてください。

キーリングにキーフックがついており、そこに鍵をつけるのでキーリングより着脱が楽です。

しかし、キーリングがついていないと重たいスマートキーはキーフックから落ちてしまいます。

メリットとしては、鍵を包み込んでいるため傷がつきにくく、ガチャガチャ音もしません。

その分スマートキー以外の鍵を使用する際の出し入れが面倒に感じるかと思います。

また、種類も多いいのでお気に入りのキーケースを見つけられます。

ショッピングモールはもちろん、アウトレットや通販サイトでもたくさんの商品があります。

たくさんの種類があり嬉しい反面、機能がさまざまあるので選び方に一工夫必要かもしれませんね。

ポーチに入れたりカバーを付けたりするのもおすすめ

先ほど紹介したキーリングとキーケース以外には、どうやって持ち歩くのでしょうか。

スマートキーが複数ありガチャガチャ音が気になる場合はポーチを使う方法もあります。

貴重品をまとめて置きやすかったり、鞄の中で見失うことが無くなったりしますね。

しかし場所をとってしまうため、身軽に動きたい場合には向いていません。

また、スマートキーを単体で持ち歩きたい場合は、カバーを付けましょう。

場所を取らない方法でなので鍵をポケットに入れる場合には一番おすすめですね。

しかし、紛失やすいといったデメリットがあるのも事実です。

スマートキーを持ち歩くのに何を重視しているかによって選択肢は変わってきますね。

スマートキーどうやってキーケースを選んでいる?

スマートキーをキーケースに入れて持ち運ぶ場合、たくさんの種類があるためどうやって選ぶのか難しいです。

なので、どんな種類のものがあるのか知っておくと決めやすいです。

スマートキーをベルトにかけたい、鞄に入れたい、ポケットに入れたいなど、どうやって持ち歩きたいのかによって決めましょう。

そして、基本的にキーケースは下記の3つの種類に分かれています。

①フックタイプのキーケース
②ファスナータイプのキーケース
③2つ折り・3つ折りタイプのキーケース

ベルトループに引っ掛けるならフックタイプキーケース

フックがついているキーケースはベルトにひっかけやすいため、鞄を持たないで出かけたい場合におすすめです。

複数の鍵をかけられるのでこれ一つを持ち歩けば安心ですね。

カードポケットがついているものもあるため、電車利用の多い場合にもいいと思います。

鞄に入れるのにおすすめなファスナーキーケース

ファスナータイプは小さなポーチのようなキーケースになります。

ポーチのように出し入れの手間はかかってしまいますが、ほかの種類に比べ大きいものが多く確実に鍵を収納できます。

鞄の中でどこに行ったか見失うこともないので安心ですね。

ハイブランドからも多くの種類が出ていることもあり、おしゃれなデザインが多いです。

私は、キーリングを愛用していますが、スマートキーを1つしか持ち歩いていなかった時はキーケースを愛用していました。

車を買った記念にアウトレットでファスナーキーケースを買いましたが、どのお店にもたくさん種類があって目移りした思い出があります。

ポケットに入れやすい2つ折りと3つ折りキーケース

ポケットに入れて持ち歩く場合におすすめなのが2つ折り・3つ折りのキーケースです。

フックやファスナーなどのように金具がついていないため、すっきりしておりポケットに入れやすいです。

キーケースはどうやっても取り出す手間がかかってしまいますが、ボタン一つで開け閉めできるので、出し入れの手間が少なく済みます。

スマートキーはどうやって電波を遮断する?解決策とは?

スマートキーの電波を遮断させるには、アルミ製品を活用しましょう!アルミには電波を遮断する効果があります!

しかし、スマートキーの電波を遮断したほうがいい理由をご存じですか?

ニュース等でリレーアタックという言葉が流れるときがあります。

リレーアタックとは、車両窃盗の手口の一つで、スマートキーの仕組みを悪用しています。

スマートキーは年々使う人が増えているので、あなたもリレーアタックについて理解した上で対策をしましょう。

スマートキーから出ている微弱な電波は本来ならば車に近づかなければ認識されることはありません。

しかし、特殊な機器を使うと電波をキャッチすることが可能で、更に増幅させることもできるのです。

増幅された電波を車や家に中継することで、スマートキーで行えることが、遠くから出来てしまいます。

なんとなく理解出来ましたが、実際にはどうやって車を盗難するのでしょうか?

リレーアタックは2~3人など複数名が1組で行われることが多いです。

まず1人が車から離れた場所でスマートキーを持つ、もしくはスマートキーが置かれている玄関などに近づいて電波を受信します。

受信した微弱な電波を特殊な機器を経由して2人目、3人目と中継し、最後には車のロックを解除するのです。

盗難された車は、車の解体やスマートキーの交換などを経て海外に輸出される場合もあるそうです。

なので、そんな恐ろしいリレーアタックという手口から愛車を守る為にアルミ製品を活用しましょう。

例えば玄関先に鍵を置いているあなた!大変危険な行為です。

外から簡単に電波を取得されてしまうので、アルミ缶に鍵を入れてください。

そうすることで簡単に盗難を防ぐことができます。

更に、持ち歩いているときはどうやって電波を遮断したらいいのかというと、電波遮断ポーチというものがありました。

大きめのポーチにしておくとスマートフォンも入れることができます。

スマートキーを使う以上、セキュリティに関して電波が発生していることとそれが悪用される場合があることを知っておいてください。

リレーアタックの対策をして、大切な愛車を守りましょう。

まとめ

  • スマートキーとは鍵を鞄やポケットに入れて置くだけで、開錠と施錠ができてしまう優れもの
  • スマートキーをどうやって持ち歩くか調べるとキーリングやキーケースを使う場合が多かった
  • キーリングは、リングに鍵を束ねて使用することができ、ベルトや鞄の持ち手にも取り付けて持ち歩ける
  • キーケースは鍵をまとめ包み込むだりでき、更には小物を収納できるものもある
  • キーケースはフックタイプ・ファスナータイプ・2つ折りや3つ折りのタイプがある
  • リレーアタックとは、車両窃盗の手口の一つで、スマートキーの仕組みを悪用している
  • リレーアタックの対策にはアルミには電波を遮断する効果があるので、アルミ製品を使いましょう

スマートキーはとても便利で使いやすいですがその大きさのせいでどうやって持ち歩くのかは悩みの種でしたね。

どうやって持ち歩くのがいいのかは人それぞれでたくさんの方法があります。

しかし、リレーアタック対策で玄関先には置かない、またはアルミ製品に入れるなどを徹底しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました