クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

出産祝いにロンパースはいらない?貰って嬉しいサイズとおすすめ3選♪

妊娠出産・子育て

出産祝いにロンパースを贈ろうと思ったけど、いらないって口コミを見たわ。どうしよう…。

出産祝いにロンパースがいらないといわれる理由は、必要なサイズや気候に合ったものが選べておらず、使い道がないからです。

ロンパースを贈るなら、必ず使える70cmや、赤ちゃんが着る時期の気候に合わせて選べば失敗しません。

見た目がかわいくても、性別が限られるデザインなど選ぶと「いらない」と思われてしまいますよ。

ぜひ、出産祝いにぴったりのロンパースを一緒に選びましょう!

渡す時期によってサイズや気候が読めない場合の回避法や、おすすめのベビー服ブランドもご紹介します♪

こんなあなたに読んでほしい
  • 出産祝いにどんな服をあげるか迷い中
  • ロンパースのベストサイズがわからない
  • ベビー服の人気ブランドが知りたい

出産祝いにロンパースはいらない?口コミを徹底調査!

長袖長ズボンタイプのロンパース

出産祝いにロンパースがいらないといわれるのは、必要なサイズや気候に合ったものを選べておらず、相手にとって使い道がないからです。

ロンパースは、股下をスナップで留めるタイプのベビー服で、肌着としても洋服としても着られます。

袖のあり無し、長袖半袖、ブルマタイプや長ズボンタイプなど様々なデザインを総称しています。

洋服は必需品ですし、出産祝いにロンパースを選ぶことって多いですよね。

ところが出産祝いにロンパースは「いらない」という口コミもあるようです。

ちょうど贈り物を選んでいるタイミングで、いらないという口コミを見てしまったら不安になりますよね。

実際のところはどうなのでしょう?「いらない派」「嬉しい派」両方の口コミを調査しました!

ロンパースはいらない派の口コミ

出産祝いにロンパースはいらない派の口コミを調査したところ、以下のようになっていました。

ロンパースいらない派の口コミ
  • すぐサイズアウトしてしまう
  • 季節に合わない丈だった
  • サイズが合わない
  • デザインが好みじゃない
  • 外出しないから洋服はいらない

小さいうちはすぐにサイズアウトしたり、着る季節や外出の頻度に合わず着られなかったりしますよね。

出産祝いで貰ったのに、十分に使う機会が無いまま終わると「いらない」と思われてしまうようです。

ロンパースは嬉しい派の口コミ

次に、出産祝いにロンパースは嬉しい派の口コミも調査しました!

ロンパース嬉しい派の口コミ
  • 洗い替えに助かる
  • 必需品なので何枚でも嬉しい
  • 素材にこだわっていると嬉しい
  • 自分で買わないブランド品が貰えた
  • 凝ったデザインだと気分が上がる

ロンパースは嬉しい!というパパママの意見が比較的多かったですよ。

ロンパースは洋服なので必需品です。着替える機会の多い赤ちゃんにはいくらあっても困らない=使い道が多いのでしょうね。

口コミをまとめると、出産祝いにロンパースを貰うと基本的には嬉しいのですが、使えないものを選ぶと失敗して「いらない」と思われてしまうようです。

出産祝いのロンパースはサイズと気候に注意して選ぼう

では、出産祝いにロンパースを贈るなら、どうすれば使い道のあるものが選べるのでしょうか?

出産祝いのロンパースは、サイズと気候に注意して選べば、使い道に困らず喜ばれます。

口コミを調査した結果、不要なサイズ、着られない季節感の洋服は「いらない」と思われてしまうとわかりました。

ですので、その2点に注意して選べば間違いなく喜んでもらえますよ。

出産祝いを選ぶときには、相手にとって使いやすいか?という観点で商品を探すようにしましょうね。

また、番外編としてサイズや季節感が読めない場合に、失敗しない選び方も合わせてご紹介しますのでお見逃しなく

ロンパースにおすすめのサイズは70cm♪

出産祝いにロンパースを贈るなら、サイズは生後5ヶ月以降の70cmがおすすめです。

サイズが大きすぎたり、小さすぎたりすると着るタイミングを失って、いらなかったと思われてしまうからです。

これは新生児から1歳頃までの、ベビー服サイズ目安一覧表です。

サイズ月齢体重
50cm0~3ヶ月約3~6kg
60cm3~5ヶ月約6~9kg
70cm5~12ヶ月約9~11kg
80cm1歳~約10~12kg
新生児~1歳頃までのサイズ目安

具体的にどう違うのか、サイズ別に解説していきますね。

50~60cm

50~60cmは新生児期から首すわり期と呼ばれる0~3ヶ月頃のサイズです。

特に首すわりの目安となる生後3ヶ月までは、外出の機会はとても少ないんですよ。

赤ちゃんは汗っかきなので、冬場でなければお家では肌着がメインで、おくるみなどで体温調節します。

また、生後3ヶ月では産まれたときの体重から2倍になると言われるほど、成長速度が早いのもこの時期。

着る機会が少ない割に、すぐベビー服がサイズアウトしてしまうのが特徴です。

出産祝いを貰ったパパママが、着られないベビー服をもったいなく感じてしまいますよ。

70cm

70cmはちょうど生後5ヶ月以降のおすわり期、はいはい期のサイズに該当します。

首がすわった後は外出の機会も格段に増えるので、洋服もたくさん必要です。

寝返りができるようになり、足をバタバタさせるので、肌着よりもしっかり足をカバーするロンパースが動きやすいですね。

なにより、ロンパース姿のハイハイってとってもかわいいですよね。

この時期なら70cmのロンパースが大活躍しますよ♪

80cm

80cmはもう1歳間近で、つたい歩きやたっち期のサイズです。

この時期にはセパレートタイプのベビー服でないと着替えが困難なので、ロンパースから移行している赤ちゃんがほとんどです。

つたい歩きやたっちができるようになった赤ちゃんは、着替えのときにまずじっとしていられません。

おむつ替えだけでも必死なのに、もうロンパースのボタンを留めている余裕はありません…。

着脱が大変だと着せる気も失せて使わなくなってしまうので、80cmのロンパースを贈るのは避けましょう。

実際に着る時期の気候に気をつけよう

出産祝いにロンパースを贈るときには、実際に赤ちゃんが着る時期の気候を考慮してあげるのが大切です。

季節感を無視した素材や、丈感のロンパースを選ぶと、使わずじまいで終わってしまう可能性があるからです。

私は2児のママなのですが、どちらも出産は夏でした。

まだ出産を経験していない友人もおり、第一子のお祝いに70cmサイズのかわいい半袖ロンパースをくれた子がいたのです。

きっと、夏にぴったり♪と思って涼しげな半袖ロンパースを贈ってくれたのだと思います。

ロンパースに嬉しい70cmサイズで、とってもかわいいデザインでした。しかし、着られない…!

サイズもばっちりで、かわいかったのにどうして?

出産が夏だったため、その時期は50~60cmの新生児サイズばかり着ていたのです。

それに加えて月齢が小さいうちは外出しないので、夏は暑いし、なんならコンビ肌着ばかり着せていました…。

小柄だったうちの子も、そのうち70サイズになる頃にはすっかり冬手前。もう半袖は着られません。

しかも、第二子も夏生まれだったため、結局着られずじまいで本当にもったいないことをしてしまいました。

あくまで私のケースを紹介しました。逆にもこもこ素材の暖かいロンパースを冬に贈ってしまい、着る頃には暑くて無理…という事も考えられますよね。

せっかく贈るなら、使ってもらえるものがいいよね!

出産祝いにロンパースを贈るなら、実際に赤ちゃんが着るときの気候を考慮して選んであげると、喜んでもらえますよ。

失敗しない選び方4つを紹介♪

出産祝いを渡すとは決まっていても、赤ちゃんをお持ちの家庭は何かと忙しいものです。

会えるタイミングを逃して、サイズや季節感が読めない…!

そんなあなたに、出産祝いにロンパースを選んで失敗しないための選び方を教えます!

ここだけの話ですが、最悪失敗しても、この選び方なら次の子に使ってもらえますから安心してください(笑)。

失敗しない選び方
  1. 性別を問わないカラーを選ぶ
  2. スカートやワンピースは避ける
  3. 性別で好みが分かれる柄はNG
  4. 80cm以上のサイズならセパレート

1.性別を問わないカラーを選ぶ

出産祝いにロンパースを贈るなら、性別を問わない水色や黄色を選ぶと失敗しません。

ピンクや赤、青などはっきりと男女の区別がつくようなカラーは避けましょう。

ビビッドカラーや、原色などは好まないパパママもいます。

もし着る機会を逃してしまっても、性別を問わないカラーなら、次の子に使ってもらいやすいですよ。

2.スカートやワンピースは避ける

ロンパースには本当に可愛いデザインが多いのですが、スカートやワンピース仕様のものは避けましょう。

女の子にしか着せられないので、着られなかった場合にお蔵入りする可能性が高いからです。

同じ理由で、チュールやレース、ラメ飾りなどが無いものだとなお良いですね。

一般的なロンパースか、オーバーオールのようなデザインなら男女問わずかわいく着られますよ。

3.性別で分かれる柄はNG

出産祝いのロンパースは柄にも気をつけて選びましょう。

恐竜や車、ハートや花柄などは性別で着せられる柄が分かれてしまいます。

ボーダーやドット、動物や星柄など、男女問わず着られる柄だと嬉しいですね。

そもそも柄物が得意でないパパママも多いので、シンプルなほうが失敗しにくいですよ。

靴下や靴、帽子など他のアイテムとも合わせやすくなります。

4.80cm以上のサイズならセパレート

贈る時期が70cmよりもずれこんでしまったら、いっそセパレートの服を贈るのも手です。

タイミングがずれて使い道のない服を渡しても「いらない」と思われてしまいます。

80cm以上のタイミングで贈るならセパレートの洋服だと喜ばれますよ。

その場合は先述の選び方を踏まえて、性別を問わないデザインのものを選びましょう。

出産祝いに贈るロンパースのブランド服おすすめ3選!

それでは、出産祝いのロンパースにおすすめのブランドをご紹介しますね♪

先ほどご説明した選び方のポイントを踏まえて、おすすめのブランドからプレゼントにぴったりのベビー服も3つ選んでみましたよ。

出産祝いに悩み中のあなたの参考になれば嬉しいです♪

プチバトー

プチバトーはフランスのメーカーで、おしゃれなデザインが特徴です♪

1893年の創業以来、赤ちゃんから大人まで幅広い世代のファッションブランドとして世界中で愛されています。

なんといってもフレンチシックなデザインが素敵で、商品を選んでいるだけで幸せな気持ちになりますよ♪

プチバトーはオーガニックコットンにこだわっているので、ロンパースを肌着として使うのもおすすめです。

品質も抜群なので、素材にこだわりの強いパパママにも必ず喜ばれますよ。

マリニエール長袖あわせボディ3枚組は、インナーにしてもTシャツのように見せてもかわいいシンプルなボーダーに、赤いワンポイントのロゴがおしゃれです。

ミキハウス

ベビー服と言えばミキハウスが真っ先に浮かぶパパママは多いのではないでしょうか?

説明するのもおこがましいほど有名なブランドですが、やはり出産祝いでいただくと嬉しいですよ。

昔からあるブランドなので、おじいちゃんおばあちゃん世代にも受けが良く、お出かけ着にぴったりです。

ただし、あまりに有名すぎてあの奇抜なカラーは嫌!という場合もあります。

デニム地などのシンプルかわいいデザインだと、使い道も多くておすすめですよ♪

オーバーオールのような見た目のデニムロンパースなら、男女問わずかわいいですよ。

全身覆うボディスーツタイプと違って、肩ベルトで調節できるので、サイズの変化に対応して長く着られるのが嬉しいですね。

ポロ ラルフローレン

ポロ ラルフローレンはイギリスの伝統的なファッションをアメリカナイズした世界中で愛されるブランドです。

ラルフローレンと言えばポロシャツですよね。えり付きのベビーロンパースも大人のポロシャツ同様にとってもおしゃれです。

赤ちゃんのうちからパパとお揃いコーデができるのも嬉しいポイントですよね♪

嬉しいコットン100%で、素材も肌に優しいですよ。

海外サイズで小さめに作られているので、出産祝いで渡す時期によって悩む場合はワンサイズ上を選んでも大丈夫です。

まとめ

  • 出産祝いにロンパースがいらないといわれる理由は、必要なサイズや気候に合ったものが選べておらず使い道がないから
  • 出産祝いにロンパースを貰うと基本的には嬉しいが、サイズが合わず、季節や外出の頻度によって使えないものだと「いらない」と思われてしまう
  • 出産祝いのロンパースは、サイズと赤ちゃんが着るときの気候に注意して選べば、使い道に困らず喜ばれる
  • 出産祝いにロンパースを贈るなら、外出の機会が増え手足を良く動かす時期である生後5ヶ月以降の70cmサイズがおすすめ
  • 出産祝いにロンパースを贈るときは、使わずじまいで終わらないために、赤ちゃんが着る時期の気候を考慮して素材や丈感を選んであげるのが大切
  • 失敗しない選び方は、性別を問わないカラーと柄で、スカートなど女の子しか着られない服を避け、80cm以上のサイズならセパレートを選べば間違いない
  • 出産祝いで選ぶロンパースのブランドは、素材にこだわるプチバトーや、老舗ベビー服ブランドのミキハウス、お揃いコーデができるポロラルフローレンがおすすめ

ロンパースは赤ちゃんにとって必需品なので、正しく選べば必ず喜ばれますよ。

悩んで選んだ出産祝いが「いらない」と思われたら悲しいですから、しっかり下調べして購入しましょう♪

あなたが心を込めて選んだロンパースをパパママが気に入ってくれたら嬉しいですね。

まだ出産祝いに何を贈るか決めかねているあなたには、こちらの記事もおすすめです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました