クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

出産祝いにスリーパーはいらない?先輩ママの声とおすすめブランド♪

妊娠出産・子育て

出産祝いにスリーパーを貰った経験はありませんか?

また、出産祝いとしてスリーパーを贈りたいと思ったことはありませんか?

出産祝いに何か貰えること自体がとても嬉しくありがたいことだと思いますが、スリーパーはいらないという意見もあるようです。

スリーパーが無くても布団があれば充分だからいらないわ。それに子供が暑がってなかなか着てくれないのよね…。

このような場合は赤ちゃんや子供に合ったスリーパーを選んであげられていないのかもしれません。

スリーパーには洋服と同様、季節によって適切な素材や種類を選んであげる必要があります。

ここからはスリーパーについて徹底解説をしていきます!

この記事を読めば「スリーパーはいらない」が「スリーパーが欲しい」に変わりますよ♪

出産祝いにスリーパーはいらない?その理由とは!?

私は出産祝いでスリーパーを貰ったけどとても嬉しかったわ♪

私自身も出産祝いでスリーパーを貰ったことがありますが、とても重宝し嬉しかったことを覚えています。

スリーパーはおくるみに比べると比較的使用していただける期間が長く、生後3ヶ月頃~3歳頃までと長期間使っていただけます。

また最近ではキッズサイズのスリーパーも販売されており、小学生低学年頃まで使っているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

それほど長く使いやすいスリーパーですが、一方では出産祝いにスリーパーはいらないと考えられているママもいるようです。

私はスリーパーはいらないかな…。何がいいのかあまり分からないのよね。

スリーパーがいらないとされている理由とは!?ここからは理由も含め、スリーパーの魅力について徹底解説していきます!

そもそもスリーパーって何?どんな効果があるの?

スリーパーとはパジャマの上から着せる赤ちゃん用の寝具のことです。

見た目は少し大き目のベストのような形をしていて、足首まで丈のあるものや、腰くらいまでのもの、袖あり、袖なしタイプと様々なタイプのスリーパーがあります。

寝相が悪い赤ちゃんや子供をしっかりと包み、快適な睡眠のサポートをしてくれますよ♪

最近は見た目でスリーパーと分からないくらいお洒落で可愛いものも販売されていて、外出時のちょっとしたお出かけでも着せて出ているママもいらっしゃいます。

スリーパーって使いやすそうね!デメリットはないのかしら?

スリーパーのメリットばかりお話していますが、ママの中には「スリーパーはいらない」と考えられていることも確かです。

では、スリーパーのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう♪

スリーパーのメリット
  • はだけにくいので寝冷えしない
  • どこでも持ち運びが簡単
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防になると言われている
スリーパーのデメリット
  • 慣れるまで着ることを嫌がる
  • 寝返りがしにくい(動きにくい)

スリーパーのメリット①はだけにくく寝冷えしない

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎた頃からよく動くようになってきますよね♪

スリーパーを着せておくことで服がはだけにくくなるので寝冷えの防止になります。

また赤ちゃんはその後ますます成長し、活発に動くようになります。

動くようになるとさらに心配になり、赤ちゃんが布団を蹴って風邪を引かないようにと、ママは夜中に何度も起きてかけ直しをしなくてはいけなくなりますよね…。

そんな時もスリーパーがあれば安心ですよ!スリーパーを着て眠れば、はだけることなく一晩中暖かく快適な睡眠を赤ちゃんもママもとっていただけます。

メリット②どこでも持ち運びが簡単

スリーパーは服と同様にコンパクトに持ち運びができます。

旅行や帰省時にも重い布団を持ち運ぶ必要が無くとても便利ですよ♪

特に赤ちゃんは環境が少し変わるだけでも敏感に感じ取ってしまうため、いつもの布団が無いと安心して眠れないこともあります。

赤ちゃんにできるだけいつもと同じ環境でぐっすり眠ってもらうためにも普段からスリーパーを使って眠っていれば問題なしですね♪

メリット③乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防になる

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、何の前触れもなく突然赤ちゃんが亡くなってしまう病期のことです。

国内での乳児の死亡原因の第3位とも言われています。

原因が特定されているわけではないですが、ひとつとして息がしにくくなることが考えられています。

掛け布団が顔にかかってしまって息がしにくくなり、SIDSを発症することも考えられますよね…。

スリーパーを着て寝ると、赤ちゃんの顔がしっかりと出るのでSIDSの予防にも繋がると言われているんですよ!

デメリット①慣れるまで着ることを嫌がる

スリーパーを勧められたから買ったのに着てくれないのよね~。

同じような経験はありませんか?もしかしたら赤ちゃんに合ったものを選んであげられていないのかもしれません。

素材が合わなかったり、長さが嫌だったり、と赤ちゃんによって理由は様々だと思います。

赤ちゃんに合ったスリーパーを選んであげればきっとぐっすり寝てくれると思いますよ♪

デメリット②寝返りがしにくい

赤ちゃんは寝ている時でもよく動きますが、スリーパーを着ていると窮屈に感じ、動きにくい場合があります。

せっかくスリーパーを着せているのに窮屈に感じて赤ちゃんの目が覚めてしまう、ということも考えられますよね。

スリーパーは布団と違い、手足を自由に動かしにくいと感じられることも多いことから少しゆったりとしたタイプのものや、大き目のサイズのものを使用されることをおすすめします♪

スリーパーがいらない理由とは?先輩ママの声をご紹介

前述でもお話しましたが、スリーパーは赤ちゃんの頃から長ければ小学生低学年の頃まで長期間に渡って使用していただくことができます。

スリーパーが使いやすく便利で必要なものだ、と考えているママが多いのですが、反対にいらないと考えられていることもあるようです。

ここからはスリーパーがいらない理由といる理由について見ていきたいと思います。

この後詳しくお伝えしますが、スリーパーは素材や種類がとても豊富に揃っているので「いらない」と考えているママも「欲しい」に変わるかもしれませんよ♪

スリーパーがいらない理由
  • 布団があればそもそも必要ない
  • 出産祝いで貰ったけど赤ちゃんに合わなくて結局使わなかった
  • 暑がって着てくれなかった
スリーパーがいる理由
  • 布団を蹴ってしまうことが多いからスリーパーあると安心
  • 可愛いデザインが多く、日常使いできる
  • 夜起きての授乳やオムツの交換時に赤ちゃんに寒い思いをさせなくて済む
  • お風呂上がりに使える

いらない理由①布団があれば必要ない

もちろん布団は赤ちゃんが寝る時には必須アイテムですよね!

でもやはり気になるのが布団を蹴ってしまい何度もかけ直しが必要になることです。

ママも夜は快適な睡眠が欲しくないですか?

布団にプラスでスリーパーがあれば赤ちゃんもママも快適な睡眠をとれるようになりますよ♪

いらない理由②赤ちゃんに合わなくて使わない

スリーパーは自分では買わないけど、出産祝いで貰ったというママも多いのではないでしょうか?

出産祝いでせっかく貰ったから使ってみよう!と思ってもサイズが合わなかったり、素材が合わなかったり、ということもありますよね。

スリーパーはおくるみとは違い比較的サイズにもゆとりがあり、長期間使っていただけるものがほとんどです。

素材については、「合う」、「合わない」があるかと思いますが、季節や時期によって赤ちゃんに合うものを選んで使っていただければと思います。

いらない理由③暑がって着ない

前文と重なりますが、「暑がって着ない」ということは恐らくこの場合も素材が合っていないと考えられますよね。

赤ちゃんの体温は平熱で大体36.5~37.5度と大人より高めです。

例えば、冬だからといって、厚手のスリーパーを着せた上に布団を着ると赤ちゃんにはとても暑く感じるかもしれません。

夏も同じです。エアコンで風邪を引いてはいけないと思い、ついつい着せすぎていませんか?

赤ちゃんの体温が大人より高いことを考え、季節にあった素材のスリーパーを着せてあげるようにしましょう♪

いる理由①布団を蹴っても安心

前述と重なりますが、赤ちゃんは何度布団をかけ直してもまたすぐ蹴ってしまい寝冷えや風邪の原因となることが多くあります。

ママも寝冷えや風邪を引くことを考え、夜中に何度も起きて布団をかけ直し寝不足で朝を迎えるということもありますよね。

私もスリーパーを使用するまではどうしても気になってなかなか眠れず、毎日のように夜中に何度も起きては布団をかけ直すということをしていました…。

でもスリーパーがあればそんな問題も解決です!赤ちゃんもママもスリーパーで快適な睡眠を手に入れましょう♪

いる理由②デザインも可愛く日常使いができる

ご存じでしたか?スリーパーを取り扱うブランドは多くあり、デザインも凝ったものが多くお洒落なものがたくさん販売されています。

スリーパーは布団とは違い、ちょっとお出かけしたいなと思った時に羽織代わりとして着せて出かけることができますよ!

ママの好みに合ったお気に入りの1枚を見つけてみてはいかがですか?

いる理由③授乳やオムツ交換時に寒くない

冬の寒い時期、夜中の授乳やオムツの交換時に赤ちゃんが寒くないかな?と心配になりますよね。

スリーパーを着せていれば安心です!寒い思いをしないように、と考えて焦ってしまうこともありません。

赤ちゃんもママも落ち着いて授乳やオムツの交換ができますよ♪

いる理由④お風呂上がりに使える

出産祝いに貰ったけど季節が合わなくて使わなかったのよね…。スリーパーを他に代用できないかしら?

スリーパーをバスローブ代わりに使っているという声もありました。

何を隠そう、私自身も赤ちゃんを育てていた頃はまさしくバスローブ代わりとして使っていました。

もちろんスリーパー本来の使い方で寝かせる時にも使っていましたが、お風呂上りに使うスリーパーはとても便利な代物でした!

お風呂上りにすぐに拭いてあげることができない時ってありませんか?

そのような時には、ぜひスリーパーを使ってみてください。

水分をしっかり吸収してくれるパイル地のスリーパーがおすすめですよ♪

また、寝る時には嫌がって着てくれない赤ちゃんでもお風呂上りの少しの時間なら使っていただけるかもしれません。

使っていないスリーパーがあるママは一度試してみてはいかがでしょうか?

出産祝いはスリーパーのガーゼが正解?選び方を伝授!!

「スリーパー」と一言で言っても、様々な種類や素材があることをご存知でしょうか?

出産祝いにスリーパーをあげたいんだけど、種類がありすぎてどうやって選べばいいのか分からないの…。

そうですよね、私も悩んでいたうちの1人でした。

スリーパーも洋服と同じように、季節に合わせて素材や種類を選んでいただく必要があります。

ガーゼ素材がいいって聞いたけど、実際はどうなの?

ガーゼは赤ちゃんを育てているママなら一番身近に感じる素材かもしれませんね。

出産祝いとして贈ったり、貰ったりする時もガーゼ素材のスリーパーは商品数も多く、選びやすいかと思います。

でもちょっと待って下さい!ガーゼ以外にも出産祝いにおすすめの素材がいくつかあるのでこれから詳しく紹介させてくださいね♪

春夏に活躍!おすすめ素材をご紹介♪

引用 10mois公式HP

春から夏は涼しく、通気性に優れた素材がいいですよね。

春夏に着せてほしいスリーパーの素材として、まず一番身近に感じるガーゼ、そしてパイル地のご紹介をしたいと思います。

素材ガーゼパイル地
着られる時期3月頃から10月頃まで1年を通して着ることが可能
メリット・丈夫で長く使える
・汚れてもすぐ洗えてすぐ乾く
・部屋の温度によるが適温であれば1年中使える
・吸水性が抜群のため、寝汗の多い赤ちゃんや子供に最適
・ふわふわしていて肌ざわりがいい
デメリット・寒い時期にはプラスで布団が必要になる
・洗いやすいが、その反面回数を重ねるとよれることがある
・寒い時期はプラスで布団が必要になる
・パイル地なのでほつれやすい

秋冬に活躍!おすすめ素材をご紹介♪

秋から冬にかけては暖かさを重視しますよね。

そこで、続いてご紹介するのは秋冬に活躍すること間違いなしの毛布、フリース、ダウンの3種類です。

それぞれ3種類のメリットやデメリットを確認し、赤ちゃんに合った素材を選んであげましょう♪

素材毛布(ウール・ポリエステル)フリース(マイクロファイバー)ダウン(羽根)
着られる時期12月頃から3月頃まで11月頃から3月頃まで12月頃から3月頃まで
メリット保温性・吸湿性に優れているので、寝汗の多い赤ちゃんに最適・保温性に優れている
・軽量のため洗濯をしても乾きやすい
・スリーパーの中でも最も保温性に優れている
・温かく軽量
デメリット静電気が発生しやすいので、赤ちゃんの睡眠を妨げてしまう可能性がある・化学繊維のため、敏感肌な赤ちゃんには注意が必要
・静電気が発生しやすいので、赤ちゃんの睡眠を妨げてしまう可能性がある
・吸湿性には劣るので、寝汗を多くかく赤ちゃんや暑がりの子どもには不向き
・手洗いができるものが少ないので手入れが不便

スリーパーの適切な選び方を伝授!

スリーパーって素材だけじゃなくて形もたくさんあるのよね。一体どれを選べばいいのかしら?

スリーパーには素材と形、大きく分けてこの2つで選んでいただく必要があります。

素材についてはもうばっちりですよね!続いては、スリーパーの形に注目してみましょう♪

スリーパーの形にもいくつか種類があります。

素材と同様、それぞれにメリット・デメリットがありますので、赤ちゃんにとって最適なスリーパーを選んであげれるようになりましょう!

①袖なしタイプ

スリーパーの中でも1番メジャーなタイプで様々なブランドやメーカーから数多くの商品が販売されています。

袖なしタイプのメリット
  • 着られる期間3ヶ月頃から3歳頃までと比較的長い
  • 寝返りがしやすい
  • 肩の部分にスナップボタンがついているタイプもあり、寝かせた状態でも着せることが可能
  • 体が大きくなってきたらファスナータイプのものもある
袖なしタイプのデメリット
  • 袖がないので冬は布団が必要

スリーパーでどのタイプにしようかな?と悩んでいる場合はまず1着目として袖なしタイプを選ばれるといいかもしれませんね♪

②袖ありタイプ

袖ありタイプは袖なしタイプと比べると商品数が少し減るかもしれませんが、こちらもスリーパーが初めてというママには購入しやすいタイプになります。

袖があるので、家の中で着ることを考えるとオールシーズンの使用が可能ですよ♪

袖ありタイプのメリット
  • 着られる期間は1歳(歩き始め頃)から入学前頃までと長い
  • 1枚でオールシーズン使える
  • 起きている時でも動きやすい
袖ありタイプのデメリット
  • 袖なしに比べると少し着せにくいので嫌がったり、暑がったりする可能性がある

③2wayタイプ

2wayタイプは着られる期間が他のタイプと比べて1番長い期間着ていただくことが可能なタイプになります。

私がスリーパーを使うようになってからはこの2wayタイプをよく好んで使っていました。

赤ちゃんの頃は股下のスナップボタンを留めて寝かせていました。

股下のスナップボタンがとても便利で、起きている時は足を動かすことができるようにスナップボタンを外してあげて、寝るときは付けてあげると足が出ることなくママも安心ですよ♪

2wayタイプのメリット
  • 着られる期間は3ヶ月頃から入学頃までと1番長い
  • 成長に応じて調節が可能
  • 股下のスナップボタンを留めれば寝相が悪くても安心できる
2wayタイプのデメリット
  • スナップボタンが多いため少し着せにくい

④オールインワンタイプ

オールインワンタイプは寒い季節にピッタリのスリーパーです。

1枚で全身を包んでくれるので寒い時期のお出かけには最適ですよ♪

私も冬のお出かけやお散歩の時にオールインワンタイプのスリーパーを着せていました。

足先まで包んでくれるので冷えの心配もなく安心してお出かけできました。

オールインワンタイプのメリット
  • 足先まであるので保温性に優れている
  • 寒い時期の外出時には全身を包んでくれるので安心
オールインワンタイプのデメリット
  • 着られる期間は1歳(歩き始め頃)から3歳頃までと少し短め
  • 足を動かしにくく、寝返りがしにくい
  • オムツ交換がしにくい

出産祝いはスリーパーがおすすめ!ブランド3選ご紹介♪

スリーパーについての知識はもうマスターできましたよね!

出産祝いでスリーパーを贈りたいけど、おすすめのブランドってあるのかな?

スリーパーについてたくさんお話してきましたが、実際に出産祝いとして贈りたいと思っても商品や種類が多く結局何をあげればいいのか分からないという場合もあるのではないでしょうか?

私自身も友人にスリーパーを贈りたいと考え、悩んだ経験があります。

出産祝いとして贈ることを考えるとおすすめのスリーパーをあげたいですよね!

私が今までに友人へ贈った経験と、出産祝いとして貰った経験、自分で購入したものの中からおすすめのブランド別に3つご紹介したいと思います♪

おすすめブランド①10mois(ディモワ)

ディモワはスリーパーをあまり知らないというあなたでも一度は目にしたことがあるキノコ柄が有名なブランドです。

種類も袖なしタイプや袖ありタイプ、オールインワンタイプがあり、サイズ展開も新生児用から10歳頃まで使っていただけるジュニアスリーパーまで幅広く用意されています。

優しい色みと豊富な種類でとても人気のブランドです。選んでいても微笑ましくなってしまいますね!

ディモワのブランドの中に、hoppetta(ホッペッタ)やBOBO(ボボ)、NAOMIITO(ナオミイトウ)、SOULEIADO(ソレイアード)の取り扱いもありますよ♪

おすすめブランド②サンデシカ

サンデシカはベビー布団を中心に育児に必要なグッズを取り扱っているブランドです。

取り扱いは6重ガーゼスリーパーと綿毛布スリーパーの2種類で、袖なしタイプになります。

種類は少ないですがデザインが可愛らしく、またベビー布団を中心に取り扱っているブランドなので安心して着せてあげることができますよ♪

おすすめブランド③西松屋

西松屋と言えば、ベビー用品からキッズ用品まで幅広く何でも揃うイメージがありますよね!

スリーパーも西松屋で取り扱いがあります。タオル地やフリース、毛布素材のスリーパーが販売されていますよ♪

私は友人から出産祝いでディモワのスリーパーをいただき、それ以降スリーパーの虜になりました。

スリーパーを毎日着せて寝かせていたので洗い替え用に西松屋のスリーパーをいくつか購入して重宝していました。

西松屋の魅力は何といってもそのお値段です!初めてスリーパーを買おうかな?と悩んでいるあなたにはお試しの気持ちで買ってみるのもいいかもしれませんね♪

まとめ

  • 出産祝いとしてスリーパーを贈る場合は洋服と同様、季節によって適切な素材や種類を選んであげる必要がある
  • スリーパーは生後3ヶ月頃から長ければ小学低学年まで着ることが可能
  • 寝相が悪い赤ちゃんや子供をしっかりと包み、快適な睡眠のサポートをしてくれる
  • スリーパーははだけにくく寝冷えしないなどメリットがたくさんある
  • 素材や形を誤ると暑がったり嫌がったりすることがある
  • スリーパーがいらない理由は赤ちゃんに合ったものを選ぶことができていないことが原因にある
  • スリーパーにはガーゼやパイル地などの素材があり、季節に合ったものを選んであげると良い
  • 素材以外にも形として袖なしや袖あり、2wayタイプ、オールインワンタイプがあるので素材と合わせて選ぶようにする
  • 出産祝いで悩んだ時はガーゼの袖なしタイプが種類が豊富でおすすめ

出産祝いでスリーパーを贈ろうかな?と悩んでるあなたもこれで解決ですね!

スリーパーは素材と形に注目して、季節に合ったものを選んであげてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました