ヴィトンを分割で買うのは恥ずかしい?「あとから分割・リボ払い」が役に立つ

ライフスタイル

自分のご褒美にヴィトンなどのブランド品を買いたくなりますよね。それ、分割にしましょう!

A子
A子

大人女子として一つは持っておかないと恥ずかしいかな。

だけどヴィトンはやっぱり高いですよね。カードで一括払いは、なかなか悩みます。

ヴィトンの店員さんに支払い方法を聞かれた際、「分割で!」って言うのも、なかなか恥ずかしいし。

そんなときにピッタリな、店員さんに知られないで分割にできる方法、「あとから分割」や「あとからリボ」があるんです♪︎

ただ、しっかりとした知識を得て、利用しないと思わぬ失敗に繋がってしまうことも!

そうならないために「あとから分割」と「あとからリボ」の仕組みと注意点を解説していきますね。

これを知れば、分割にしたいけど恥ずかしい…ってときでも、胸を張って「一括で!」って言えちゃいますよ!

ヴィトンの分割払いが恥ずかしいならあとから支払い方法を変更しよう

店員さんの手前、分割払いって言いづらいし、恥ずかしいなって感じちゃいますよね。

実は、ヴィトンの店頭では一括に指定しておいて、あとから支払い方法を変更すればいいのです。

もちろん、後日「あとから分割」にするので、店員さんに知られて恥ずかしい思いをすることもありません。

そこであなたは、クレジットカードの一括払いで決済した支払いを、後日別の支払い方法に変更する方法があるのを知っていますか?

一括払いで決済したものをやっぱり一括はキツイから変更したいという人のために、多くのカード会社で「あとから分割」や「あとからリボ」という方法ができるようになっています。

B子
B子

恥ずかしい思いをする心配がないのはいいね!でも、分割もリボも結局はローンでしょ?

簡単にいえばどちらもローンのことですね。ですが「あとから分割」と「あとからリボ」は似ているようで仕組みが違うのです。

分割払いとは

利用額を複数回にわけて支払う方法

1件の買い物ごとに何回にわけて支払うのかを決められるので、分割払いを多用しても支払い完了までの期間が長くなる心配がありませんね。

例えば、ヴィトンのお財布を5回払いで買ってまだ支払いが済んでいないときに、もう1つバッグを10回払いで買ったとします。

その場合は、お財布の5回払いの残りとは別に、10回払いのバッグの支払いが始まることになります。

お財布の5回払いが終了しても、まだバッグ代の支払いが残っていることになりますね。

リボ払いとは

あらかじめ支払う固定の金額を決め、残高がゼロになるまで毎月支払う方法

利用額に関わらず毎月の支払額がほぼ一定になるので、支払い管理がしやすいのがポイントです。

同じ例えで比較してみましょう。ヴィトンのお財布を5回払いにして、まだ支払いが済んでいないときに、もう1つバッグを10回払いで買った場合ですね。

この場合は、まだ支払い終わっていないお財布代に加えて、バッグ代も支払い残高に加わります。

リボ払いは、毎月の支払い額は変わりませんが、バッグ代を買ったことで残りの支払い残高は増えることになります。

分割して支払っていくことは同じの、分割とリボ払いですが、どちらが自分にあっているのかをよく見極めることが大切ですね♪

ヴィトンを分割払いしたときの手数料を比較

A子
A子

分割払いもリボ払いも手数料がかかるよね?どんな感じだろう。

一括払いなら手数料がかからないけど「あとから分割」、「あとからリボ」にしたら手数料がかかるのか気になりますよね。

答えから言うと、「あとから分割」、「あとからリボ」に変更すると手数料が発生してしまいます。

ヴィトンのお財布が10万円だった場合、一括なら10万円で済みますが、分割やリボ払いにすると【お財布代(10万円)+(手数料×支払い回数)】が支払総額となります。

このためヴィトンをお店で一括購入する場合より、支払い総額が増えてしまいますね。

また、手数料の計算方法が「あとから分割」と「あとからリボ」で違うので覚えておきましょう!

あとから分割を選んだときの手数料はいくら?

A子
A子

私は「あとから分割」にしたいんだけど、手数料はいくらかな?

「あとから分割」の手数料の計算式は【利用金額÷100×(利用代金100円あたりの分割払い手数料)】

この、利用代金100円あたりの分割払い手数料は各クレジットカード会社によって違います。ご利用されているカード会社のホームページなどで確認してくださいね。

ちなみに、楽天カードの場合は5回払い時は3.4円でしたよ。楽天カードの例をあげて計算してみます!

10万円を分割払い5回にしたときの例
  • 手数料の計算式…利用金額÷100×(利用代金100円あたりの分割払い手数料)
  • 支払い総額の手数料…100,000÷100×3.4円=3,400円
  • 支払い総額…100,000+3,400=103,400円
  • 毎月の支払額…103,400÷5回払い=20,680円

このように計算していくと10万円を分割払い5回にしたときは、毎月20,680円の支払いをすることになりますね。

あとからリボを選んだときの手数料はいくら?

B子
B子

「あとからリボ」が気になるけどなんだか怖いイメージ。

「あとからリボ」の手数料の計算式は【利用残高×実質年率÷365日×利用日数】です。

この、実質年率は各クレジットカード会社によって異なるので、各ホームページで確認してくださいね。

平均すると15%が多いので、今回は15%で計算してみましょう!

利用日数は、返済日翌日から次の返済日までの日数のことです。

毎月28日が返済日なら29日から翌月の28日までのことですね。ここでは、31日まである月だとして計算していきましょう。

毎月28日に1万円支払指定で、ヴィトンの財布10万円をリボ払いにしたときの例
  • 手数料の計算式…利用残高×実質年率÷365日×利用日数
  • 最初の月の手数料…100,000×15%÷365日×31日=1,274円
  • 最初の月の支払残高…100,000+1,274=101,274円

支払回数が増えるごとに利用残高が減るので、手数料も減っていきます。

でも実は落とし穴があるのです。手数料を含めなければ、10万円を毎月1万円ずつ返済なら10か月で終わる計算になりますよね。

ですが、最初の月の支払1万円のうち、手数料として1,274円とられています。そうなると、実際に返済できているのは、ヴィトンの財布代10万円のうち8,726円だけになりますね。

毎月1万円なら10か月で完済できると思いきや、そう上手くはいかないのです。

手数料を考えるとリボ払いより分割払いがおすすめ!

分割の支払いは、カード会社が肩代わりして、代金をお店に払ってくれているのです。そう考えると、手数料がかかってしまうのも仕方ないですよね。

実は、手数料のことを考えると「あとからリボ」より「あとから分割」がおすすめなんです。

手数料は毎月支払うものなので、支払い期間が長くなれば長くなるほど、支払総額が増えていってしまいます。

手数料がかかる分、支払い総額が増えてしまうのは避けられません。

リボ払い

多用して利用額が多くなった場合でも、毎月の支払額が変わらない。支払い完了までの期間が長くなる。

リボ払いには手数料も含めた支払総額が一定になる元利定額と、一定の支払総額に手数料を毎月加算する元金定額の2パターンあります。

ですが、どちらもリボ払いの手数料が毎月かかっているということは同じですよね。

分割払い

分割払いは多用しても、1件の決済ごとに回数が決まっている。支払い完了までの期間が長くなることがない。

このように比べると、支払い完了までの期間が決められている「あとから分割」がおすすめです♪

ヴィトンを分割やリボ払いで購入するときの注意点

さて、ここまででヴィトンを分割で購入したいときには「あとから分割」、「あとからリボ」という2種類のローンがあることがわかりましたね。

A子
A子

手数料が増えるの嫌だし、ヴィトンを買うなら「あとから分割」が私にはピッタリね!

B子
B子

私は毎月の支払額が変わらない「あとからリボ」が向いてそう♪

おすすめなこの2種類のローンですが、知らないと困ったことになる注意点があるのです!

ヴィトンを分割購入する前にチェックしておきましょうね。

どちらも変更には期限があるので気を付けて

「あとから分割」も「あとからリボ」もヴィトンのお店で一済決済で購入してから、後日ご自身で変更手続きをする必要があります。

変更手続きは、Web上でできるカード会社が多数あるので、便利ですよ♪

ですが、変更には期限がありこの期限内に変更手続きをしないといけません。

ここでは、よく知られている三井住友カードでの、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の変更期限をお知らせします。

お支払い口座 毎月10日引き落とし 毎月26日引き落とし
ゆうちょ銀行 お支払い日の6営業日前まで 当月4日まで
三井住友銀行 お支払い日の2営業日前まで お支払い日の2営業日前まで

変更期限は支払い口座によって異なり、指定している引き落とし日によっても違ってくる場合もあるので注意してください!

確認は各クレジットカード会社のホームページより、支払い口座別の変更期限を確認してくださいね。

Webでできるからって後回しにしていると、知らぬ間に変更期限が過ぎていて一括引き落としなんてことに気をつけましょう。

分割払いから分割払いへの変更はできない

ヴィトンの店頭で「5回払い」にしてしまったら、「あとから分割」で支払回数を増やすことはできないので注意しましょう。

変更できるのは、「1回払い」、「2回払い」、「ボーナス一括払い」の3つです!

すでにヴィトンを分割払いにしてしまっている場合は変更できません。残念ですが、そのままのお支払回数になります。

分割払いやリボ払いには手数料が発生する

先ほど説明したように、支払いを一括ではなく分割などのローンにすると手数料が発生してしまいます。

手数料は「あとから分割」、「あとからリボ」により計算式が違うので、必ず確認してから変更するようにしましょう。

知らないうちに支払総額が増えていた!なんてことになりたくないですからね。

リボ払いを多用すると管理しにくくなる

リボ払いは、クレジットカードを利用した金額のすべてが残高に加算されていきます。

リボ払い多用すると、現在の利用残高や返済した額も把握しきれなくなってしまいます。

また、分割払いに比べて支払い期間が長くなってしまい、手数料も多くなります。

残高スライド方式といって、利用残高により返済額が増えてしまう場合もあるので、利用前に確認しましょう! 

まとめ

  • ヴィトンの店員さんに知られずに、一括払いで決済したものを「あとから分割」や「あとからリボ」に支払い方法を変更することが、多くのカード会社できるようになっている
  • 分割払いとは、利用額を複数回にわけて支払う方法
  • リボ払いとは、あらかじめ決めておいた金額を残額がゼロになるまで毎月支払う方法
  • 「あとから分割」、「あとからリボ」に変更すると手数料が発生していまい、手数料のことを考えると「あとから分割」がおすすめ
  • 手数料は毎月支払うものなので、支払い期間が長くなれば長くなるほど、支払総額が増えていってしまう
  • 変更には期限があり、期限内の手続きが必要!支払口座や、引き落とし日によっても違うので要チェック
  • 変更できるのは、「1回払い」、「2回払い」、「ボーナス一括払い」の3つ
  • リボ払いを多用すると、現在の利用残高や返済した額も把握しきれなくなってしまう

ヴィトンで欲しいものがあるけど、一括は厳しいですよね。だけど分割にしてほしいっていうのは、なんだか恥ずかしい!

本当は恥ずかしいことじゃないし、当たり前のことなんですけどね。

そんなときは「あとから分割」や「あとからリボ」にしましょう!でも、活用する前にはしっかり知識を習得してくださいね。

この方法なら、ヴィトンのお店で恥ずかしい思いをしなくて済むのでお買い物も楽しくなりますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました