ウォーキングはどこから痩せる?正しい姿勢やおすすめアイテムも紹介!

ライフスタイル

ウォーキングダイエットって流行ってるけど、どこから痩せるの?

ウォーキングをするとどこから痩せるのか、ダイエットをしていたら1番気になるポイントと言っても過言ではないですよね?

ウォーキングを続けていると、最初に変化が現れるのはズバリお腹周りです!

産後5年が経過しようとしているのに産後太りから抜け出せない私も、ウォーキングでどこから痩せるのか、気になる部分に効果があるのか、非常に興味があります。

自分の気になっている部分に効果があることが分かれば、より頑張れますよね。

ウォーキングは、正しいフォームを知り毎日続けることで、全身を引き締めることも可能な有酸素運動なんですよ。

ウォーキングの効果をよりアップする方法や、おすすめのシューズなども紹介するので、ぜひチェックしてくださいね♪

ウォーキングしたらどこから痩せる?まずはお腹から!

ダイエットする時は、どこから痩せるかどのくらい続けたら効果が出るかが気になりますよね。

私はお腹周りの浮き輪肉が気になるんだけど、どこから痩せるの?お腹に効果があるなら始めたい!

ウォーキングを始めて1番に効果を感じたのは、お腹周りという経験談が圧倒的に多いんです。

ウォーキングは、全身の筋肉を使う全身運動です。全身運動というとあまり馴染みがないように感じられるかもしれません。

全身運動には、ヨガやエアロビ、水泳やランニングなどあなたもよく知っているものがたくさんあるんですよ。

どこから痩せるかも大事だけど、キツいと続けられない。ウォーキングが選ばれる理由は何かしら?

何故ウォーキングがダイエットとして人気なのか解説していきたいと思います。

ウォーキングは自宅でできる無料の有酸素運動!

そもそも運動というのは、有酸素運動と無酸素運動に分けられます。ウォーキングは全身運動であり、有酸素運動に分類されるのです。

水泳は筋肉が落ちる⁉気になる理由と効果的な運動方法を解説♪でも有酸素運動や無酸素運動に触れているので参考にしてみてください。

有酸素運動を20分間以上継続して行うと、糖が脂肪に切り替わり、緩やかな脂肪燃焼の効果が得られるんです。

つまりウォーキングなどの有酸素運動をする時は20分以上続けることが大切なんですね。

全身運動として紹介したスイミングやランニング、ヨガやエアロビクス、サイクリングは、有酸素運動でもあります。

スイミングは教室に通うと入会金、年会費、月額など思ったよりも出費がかさむので、始めるには思い切りが必要ですね。

ランニングやサイクリングは思ったよりもキツく、今までずっと運動を続けていたりスポーツ経験者だったりしないと、効果が出る前にギブアップしてしまう可能性があります。

ヨガやエアロビクスは、自宅で取り組むならヨガマットなどがあればすぐに始められますが、動きを覚えるまでに諦めてしまうかもしれません。

ウォーキングは「とりあえず何か始めてみようかな?」と思ったあなたが、すぐに取り組むことができる無料の有酸素運動なんですよ。

例えば今までエスカレーターやエレベーターを利用していたところを、階段に変えてみる。など少し歩くことを意識することがスタートラインです。

そう考えると、何かを始める!という気合いがなくても取り入れやすく、ダイエットするぞ!と意気込まなくても始めやすいですよね♪

ウォーキングをする頻度は?週に2日~3日から始めよう

ウォーキングはやっぱり毎日しないと効果が出ないわよね?

今まで何もしていない状態だったのに、いきなり毎日ウォーキングを20分~40分以上続ける!となるとハードルが高いですよね。

目標は、毎日続けられるようになることですが、まずは週に2日~3日を目安にウォーキングを始めてみましょう。

ウォーキングは、激しい運動ではないので緩く長く続けていくことが効果を得るために最も大切なんです。

理想としては40分~1時間のウォーキングを週に5日~6日続けられるようになると、より効果を感じることができますよ。

初めは20分以上を目安にし、慣れてきたら40分以上歩くことを目標にするといいですね♪

ウォーキングを習慣化すると筋力や基礎代謝が上がり、太りにくくリバウンドしにくい体づくりに繋がります。

そしてウォーキング後は、しっかり足をマッサージして、軽くストレッチもしましょう。慣れないうちは特にふくらはぎを中心にほぐすといいですよ。

ウォーキング効果はどこから?見た目ではない!

ウォーキングを頑張っていても、なかなか効果が感じられないともうやめてしまおうかな、なんて思いが頭によぎりますよね。

ウォーキングを始めて10日経つのに、変化がない…どこから変わるのかしら?

諦めるのはまだ早いですよ∼!見た目の変化を感じられるのはこれからです。

ウォーキングの効果が出始めたのを実感できるのは、2週間目以降という体験談が多いんです。

そして1番に変化が出るのは体重、という見た目ではない部分がウォーキング効果の始まりであることも。

どこから痩せるのかしらって見た目ばかり気にしていたわ!

体重が減ってきたらウォーキングの効果が出ている証拠です!

見た目の変化を感じられるのももうすぐですよ。ガッカリせずに続けましょう♪

ウォーキングダイエット経験者が効果を感じた部位としては、次の順番が多かったです。

  1. 体重が減る
  2. お腹周りがスッキリする
  3. ふくらはぎや太ももが細くなる
  4. 背中や二の腕がスッキリする

ランニングじゃなくてウォーキングでも効果がある?

早く痩せたいから、ウォーキングよりランニングの方がいいんじゃない?

筋肉をつけたいならランニング

確かに、より早く体に変化を感じたいと思うなら、ウォーキングよりランニングの方が効果があると言えるでしょう。

ただし、それは同じ条件で継続した場合。ランニングを1度に40分、週に3回続けることはそう容易ではありません。

ランニングは足首に負担がかかるうえ、何よりキツいんですよね。

走ってみると分かりますが、今までろくに運動をしていない状態からランニングを始めると、5分走るだけでハァハァと息切れしてしまいます。

有酸素運動の効果を感じる20分以上継続というのは、そもそも基礎体力や持久力がないと厳しいんです。

どこから変化が出るかな~なんてワクワクする間もなく、ギブアップしてしまうことでしょう。

ダイエットが目的ならウォーキング

目的がダイエットなら、あなたにはウォーキングの方が合っていますよ。

ウォーキングは正しいフォームを意識して行うことで、姿勢の矯正や、ボディの引き締め効果を得られ、結果ダイエットになります。

ダイエットを目的としたウォーキングでは、ある程度スピードを維持することが大事です。

体感としては、息が少し弾むくらいの速さを意識して歩きましょう。

ちなみに私は、子供が2人いるのでウォーキングというより子供のペースに合わせたお散歩になってしまうんですよね。

私のように子供がいる場合は子供のお散歩とは別に、自分のペースでウォーキングできる時間を作る方が良さそうです。

ウォーキングは朝と夜どっちがおすすめ?

朝のウォーキングにも夜のウォーキングにもそれぞれメリットがあります。

あなたの生活スタイルを考えどちらがより自分に合っているかチェックしてみましょう。

朝のウォーキング
  • 朝日を浴びながら運動するとリラックスホルモンのセロトニンが分泌される
  • 体内に糖が少ない状態なので脂肪燃焼の効果がアップする
夜のウォーキング
  • 夜に適度な運動をすると睡眠の質を上げる効果がある
  • 運動量が減る夜の時間帯にウォーキングすることで脂肪燃焼の効果がアップする

絶対に朝か夜!と決めるのではなく、その日のスケジュールによって時間帯を変えても良いかもしれませんよ♪

長く続けるためには、常に40分以上!毎日欠かさない!などガチガチなルールを作るよりあなたが続けやすいように、緩く予定を組むことがおすすめです。

今日はウォーキングする時間が取れそうにないな…。

そんな日には、通勤の時バス停や電車の駅1つ分、歩くだけでもいいんですよ♪

生活の中に取り入れやすいウォーキングだからこそ続けられるんです。

ウォーキングでどこから痩せるかのポイントは姿勢!

ウォーキングの効果をより感じる為に、準備するといいものや意識するポイントがあることをご存知ですか?

どこから痩せるかばかり気にして、何も考えてなかった!もっと詳しく知りたい。

ウォーキングで重要なポイントは正しい姿勢!

ウォーキングをする時は、正しい姿勢とフォームで歩くことが最も重要だって知っていましたか?

以前ウォーキングした時は、どこから痩せるかなって期待も虚しく、変化を感じず挫折したんだけど歩き方のせいだったのかな?

まずはウォーキングの正しいフォームや姿勢をよく知っておきましょう!

正しい姿勢でウォーキングしないと、歩き損になってしまうかもしれません。

正しい姿勢のができているかチェックする方法は2パターンあります。

全身鏡がある場合

1.鏡に対して横向きになり、背筋を伸ばして立ちます。

2.まっすぐ立った時に、耳たぶから肩、腰、膝、くるぶしの5点が一直線上にあるかチェックします。

5点が一直線上にあれば正しい姿勢がとれている証拠です。

猫背になっていたり、背中が反りお腹を突き出たりしているようであれば、ウォーキングの効果を存分に感じられません。

全身鏡がない場合

1.壁に頭、背中、お尻、ふくらはぎがつくように背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。

2.その状態を維持するだけで、正しいウォーキングの姿勢が完成。

初めのうちは正しい姿勢を維持することが難しく感じてしまうかもしれませんが、ウォーキングの効果を得るために少しずつ慣れていきましょう。

正しい姿勢を覚えたら、ウォーキングのフォームも取り入れましょう。

<ウォークランハンド>

ウォークランハンドとは手で軽くこぶしを握った後、力を緩めます。手首を曲げないように気を付けましょう。

<背筋を伸ばす>

何度も言いますが、ウォーキングは姿勢が最も大事!背筋を伸ばすと自然と腹筋と背筋に力が入り、体幹も鍛えられるんです。

正しい姿勢を保ちながらウォーキングすることで女性らしい、しなやかなボディラインに近づくことができますよ。

ここが痩せたい!と思っている部分があるなら、以下をチェックしてみましょう。

全てを取り入れることで全身の引き締めに効果があるので、慣れてきたら複数取り入れられるようになるといいですね♪

<お腹周り>

慣れてきたら腹式呼吸を意識しながら歩くとよりお腹周りの引き締めに効果を感じられます。

初めから全てを意識することが難しい時は、初めは姿勢、出来たら腹式呼吸を追加。と少しずつレベルをあげていくといいでしょう。

<二の腕や背中などの上半身>

肩甲骨けんこうこつを動かすように腕を大きく振りながら歩くことで、二の腕や背中など上半身を引き締める効果を感じられます。

背筋を伸ばし、正しいウォーキングのフォームを維持することを忘れないことがポイントですよ!

<お尻や太もも、脚などの下半身>

足を地面につける時、かかと、指の付け根、指先の順番を意識して、しっかり着地するように歩くことが大切です。

指先がついたら、地面を後ろに蹴り出しながら次の足をかかとから踏み出します。

その時、膝が曲がらないよう気を付け歩幅を広くすることを意識しましょう。

ウォーキング専用のアイテムを駆使すれば効果もアップ

ウォーキングをする時は、ウォーキングシューズを履くことで足首への負担を軽減することができますよ。

ニューバランスのウォーキングシューズは正しく歩きやすいフォームになるよう、つま先の部分が浮いたデザインになっています。

歩き出しやすい形になっているので足首の負担を軽減してくれますし、楽しくウォーキングする為におすすめのアイテムですね♪

さらに、ウォーキングの時は着用するウェアにもこだわりましょう。

ウォーキングをすると汗をかくので、吸汗速乾きゅうかんそっかんタイプで着心地の良いウェアを着用したり、暑い時期と寒い時期でウェアを変えて快適に歩きましょう。

こちらは、組み合わせ次第で1年を通して使えるスポーツウェアです。

伸縮性があり、暑い時期には嬉しい冷感素材に加え、吸汗速乾タイプなので汗をかいても不快になりにくくおすすめですよ♪

楽しく続けるポイントはウォーキングアプリの活用⁉

1人で続けることが苦手なあなたには、ウォーキングアプリの活用がおすすめですよ♪

スマホに歩数計の機能がついてるんだけど、それじゃダメかな?

ウォーキングアプリと歩数計の違いは、消費カロリーや移動距離が計算されるもの、食事や睡眠時間などまで管理できるものもあります。

<トリマ>

移動距離によってマイルが貯まり、ポイ活にもなるとペンギンのアイコンで有名な「トリマ」は、節約志向のあなたにおすすめ♪

ウォーキングをしながらポイ活が一緒にできるなんて、頑張ろうという気持ちをより一層掻き立ててくれますよね。

<FinC(フィンク)>

ダイエットのために作られたアプリです。体重管理やカロリーの計算までこれ1つで行えますよ。

最先端AIが入力された記録を元に、あなたに合ったアドバイスをしてくれます。

まるで専属のトレーナーがついているような気分になれるので、1人だとついサボったり頑張れなかったりするあなたにおすすめです♪

ウォーキングに食事制限は必要じゃない?!

ダイエットを始めると、すぐに効果を感じたい!と焦って、極端な食事制限をしてしまうこともありますよね。

食事をする時に、食べる順番とバランスを意識するだけでも全然違いますよ。

おすすめの食べる順番
  1. 食物繊維や大豆製品(根菜類、サラダ、豆腐や納豆など)
  2. タンパク質(青魚や鶏むね肉など)
  3. 炭水化物(ご飯や麺類、芋など穀物類)

満腹になるまで食べず腹八分を目安に、よく噛んで食べることを意識しましょう。

しっかりとよく噛むことで満腹中枢も刺激され、食欲も抑えられるのでおすすめです。

どこから痩せるかな?気になっていたお腹周りは締まってきたかな?と自分の体を定期的にチェックすると、モチベーションもアップして頑張る意欲も湧きますよ♪

まとめ

  • ウォーキング経験者の口コミでは最初にどこから痩せるか、ズバリ「お腹周り」を実感している場合が多い
  • ウォーキングは誰でも無料で簡単に始められる全身運動かつ、有酸素運動であり、脂肪燃焼の効果を得るには20分以上続けることが必要
  • ウォーキングは週に2日~3日から始め、階段の利用や歩く距離を増やすことを意識すると2週間後以降効果を感じられる
  • ウォーキングをして初めに効果を感じられるのは、体重の減り、次にお腹周り、太ももやふくらはぎなど下半身、二の腕や背中など上半身という順番が多い
  • 朝と夜どちらのウォーキングも脂肪燃焼の効果を上げるメリットがあるので、自分の生活スタイルや予定に合わせて変えるなど、緩く長く続けることが大事
  • ウォーキングでは正しい姿勢とフォームが最も大事で、背筋を伸ばし、かかとから指先が順番に地面につくようにする
  • ウォーキングでは、専用のシューズやウェアを着用すると快適に続けられ、アプリを活用することで楽しくダイエットできる
  • 食べる順番を意識するとダイエット効果がアップするが、過度な食事制限はリバウンドの元になるのでおすすめしない

ダイエットする時はどこから痩せるかな~とモチベーションをあげながら楽しくしたいですよね。

ウォーキングはどこから痩せるかを意識しながら行うことで、痩せたい部分に効果が出た時の喜びは計り知れないでしょう。

ウォーキングを継続して、理想の引き締まったボディを手に入れてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました