クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

指輪が抜けないときは消防署!外れない原因は何?自分でできる対処法紹介

ライフスタイル

指輪が何しても抜けない!そんな経験はありませんか?

実は指輪が抜けないとき、消防署へ行くと切断してもらえるんですよ!

消防署には、指輪を切断できる「リングカッター」が置いてあります。

大切な指輪を消防署で切断するなんて…。

大切にしている指輪を切断してしまうのはとても悲しいですよね…。

しかし、指輪を失いたくないからといって、あなたの指が傷ついてしまうと大変です。

では、どのような状況になったら指輪を切断しなきゃいけないのでしょうか。

この記事では、指輪の切断の判断基準やカットする前に試してほしい対処法を紹介します!

私も何度かむくみが原因で指輪が抜けない!と焦ったことがありました。ひやひやしますよね…。

大丈夫です!ちゃんと対処法を知っておけば、指輪が抜けない!と焦る心配はありませんよ。

指輪が抜けないとき消防署で外してくれるって本当!?

どうしても自分で指輪が抜けないとき、消防署で外してくれるのは本当です!

まさか、指輪が抜けないときの頼る先が消防署だとは考えてもいませんでした。

指輪が抜けないときに消防署に連絡するのはちょっと勇気がいりますよね…。

そんな不安なあなたも大丈夫です!消防署に「指輪が抜けない!」という相談は、あなたが思っているよりも多いんです!

消防署には、指輪が切断できる専用の「リングカッター」が置いてあります。

費用は無料で、24時間対応してくれますよ。さすが緊急の公共サービスですね♪

ただ、リングカッターを使える職員さんが出払ってしまって、対応してくれない可能性があります。

また、リングカッターのない消防署もあるため、あらかじめ電話で確認するのがおすすめです!

指輪へのダメージを最小限にするなら宝石屋

宝石屋は、指輪へのダメージを最小限にして抜くことを優先してくれます。

リングカッターを使うことになっても、その後の修理することを考えてカットしてくれますよ。

リングカッターを使った後は、どうしたいのかもしっかり伝えておきましょうね!

ジュエリーショップの場合は、無料でカットしてくれるお店もあれば、1000~3000円ほどの費用がかかるお店もあります。

また、消防署と違って24時間対応はしていません。あらかじめ電話で確認しましょう。

緊急性が高くない場合は、宝石屋に依頼するのがおすすめですよ!

消防署も宝石屋も近くにない場合は病院

消防署も宝石屋も近くにない場合は、病院で外してもらうこともできます!

緊急外来や、整形外科の病院にはリングカッターが置いてありますよ。

まずは、切断以外の方法でも抜けないか、試してくれる病院もありますが、1人にそんなに時間もさけないため、抜けなければカットされますよ。

病院は、うっ血がひどい場合や、傷ができているときの対応もしてもらえるため、とても安心感があります♪

しかし、病院では診察扱いになるため、診察代などがかかります。特に初診だと高くつくかもしれません…。

そして、病院によってはリングカッターがなく、対応ができない場合もあるので、電話してから行きましょう!

指輪が抜けないのはむくみが原因!4つの方法で解消

指輪が抜けない原因って何かな?

指輪が抜けない原因で多いのは、指の「むくみ」です。

アルコールや水分の摂りすぎ、冷え性による血行不良、ストレスなどによって指がむくみます。

女性は特に、ホルモンバランスの変化でむくみやすい周期もあります。

むくみが原因で指輪が抜けない場合は、消防署に行かなくても、時間の経過やマッサージによる血行改善などによって、外せることが多いです。

むくみを解消してくれる方法を3つ紹介します♪

その1.むくみ解消の「合谷」というツボを押す

指のむくみ解消には「合谷」というツボを押すのがおすすめです!

合谷は、手の甲側にある親指と人差し指の骨が交わる場所から、少し人差し指のきわにあるくぼみです。

軽く手を開いた状態は、骨のすぐ前が谷間のように凹みますよ。

普段から指を使うような場合、筋肉が発達して盛り上がっている可能性もあります。

親指で3秒ずつ、押して離してを何度か繰り返すことで血行が良くなり、指のむくみが解消される場合があります。

その2.「グーパー運動」をする

指輪がついている手を自分の心臓より上にあげます。「グーパーグーパー」と、手を握ったり伸ばしたり動かしましょう!

手がぽかぽか温かいと感じるまで、繰り返し行うのが理想的です。

ストレッチが終わったら、指を1本ずつ手全体で握るようにして関節を優しく伸ばしましょう!

指のむくみ解消には、普段から適度な運動を取り入れるなど、むくみにくい身体作りを心がけることも大切ですよ。

わざわざ、消防署に指輪を切断しに行く手間がなくなります♪

その3.「指のマッサージ」でむくみを解消

指のマッサージをして、血行を良くする方法もおすすめですよ。

指の付け根から指先まで、ゆっくりとさすったり、揉んだりするだけで血行が促されます。

特にハンドクリームなどで、滑りを良くして行うと良いでしょう!

ちなみに、親指の付け根の下のふくらんだ部分「母指球ぼしきゅう」を揉むのもおすすめですよ。

その4.水道水などで「指を冷やそう」

指を冷やして指輪を抜く方法は、むくみ際に試したいやり方のひとつです。

冷やすことによって血流が減り、むくみが軽減されることがあります。

水道水などを使って、10分程度指を冷やしてから、再度指輪が抜けるかどうか試してみましょう!

長時間冷やし続けると指に負担がかかるので、様子を見ながら十分に注意してください。

色々な対処法を試していても、指が腫れ上がる場合もあります。そのときは、迷わずに消防署に連絡しましょう!

指輪が抜けないとき切断は最終手段

指輪が抜けないときは、消防署などで切断するのは最終手段にしましょう!

切断以外にも指輪を外す方法があるため、指輪を切断すると判断するのは最後です。

指輪が抜けないと焦りますが、落ち着いて対処すればきちんと外せることが多いです。

身の回りにあるちょっとしたものを利用すると簡単に抜けることがありますよ!

指輪を切断する前に試してほしい2つの対処法

切断しないで、指輪を外す方法は何があるかな?

指輪が抜けなくなったとき、まず試してほしい対処法を2つ紹介します。

切断の前にまずは、紹介した外し方を試してみてくださいね♪

1.石鹸やハンドクリームを使った指輪の抜き方

まず「指輪が抜けない!」となったとき、試してほしいのは「滑らせて抜く」という方法です!

滑りをよくするものとして、石鹸・ハンドクリーム・オイルなどを使いましょう。

指輪と指の間になじませるようにしっかりと塗り込みます。

そして、指輪を左右にねじりながら動かすと抜きやすくなりますよ!

ご自宅に普通にあるアイテムです。とりあえず試すにはピッタリの方法といえるでしょう!

2.「糸」を使って指輪を抜く方法

なんと「糸」を使って簡単に指輪が抜ける場合があります。

  1. クリアファイルを小さくカットしたものを指輪と指の間に入れて糸を指輪に通す
  2. 第1関節あたりまで隙間ができないように指に糸を巻いていく
  3. 巻いた糸を、指輪に通した手のひら側からひっぱり外していく

糸の代わりにリボンや靴紐など、フラットなものでも可能です。

糸を使用する際には、うっ血したり痛いと感じたりしないようきつく巻きすぎないのがポイントです。

また、糸を指に巻いたまま放置しないようにも気を付けましょう!

指輪を切断しなければいけないのはどういうとき?

指輪を切断しなければいけないのはどういうとき?

指がうっ血しているときや、どうやっても抜けない場合は指輪を切断しましょう!

指がうっ血している・指をケガしたとき

最も緊急性が高いケースは、すぐに指輪を外さないと指に後遺症が残る場合です。

指輪をつけた部分が腫れた場合やケガの治りに影響するときは、指輪を切断することになります。

また、合わないサイズの指輪を無理につけたり、体重が増えたりして指の血が止まり、長時間うっ血した場合も切断が必要です。

感覚がなくなったり、しびれたりする状態が長く続けば「神経の損傷」や最悪の場合「指の壊死」もあり得ます。

指の安全が確保できないときは、ためらわず指輪をカットしてもらいましょう!

どうやっても指輪が抜けないとき

あらゆる方法を試しても抜けない場合は、指輪を切断しましょう!

「現時点では困らない」と思っていても、放置するにつれて状況が悪化することもあります。

また、急な手術や検査の際に指輪が抜けないと、受けられないこともあります。

見込みもないのに「そのうち抜けるかもしれない…」と放置するのはおすすめできません。

切断してしまった指輪は直せるかも!?

指輪が抜けなく、切断してしまった指輪、できれば元に戻したいですよね…。

切断した指輪を修理するにはどうしたらいいのか、みていきましょう!

素材やデザインによっては切断した指輪も直せる!

指輪を消防署で切断したら、もう捨てるしかないの?

切断したら修理は不可能と思われるかもしれませんが、そうとは限りません。

状況によっては、切断した指輪を修理が可能です。

結婚指輪によく使われているゴールドやプラチナなどの加工しやすい金属は、お店で修理できることが多いです。

そして、お店で修理を前提に指輪をカットした場合は、宝石や刻印をなるべく避け、最小限の傷で切っていると思います。

シンプルなデザインは修理しやすく、工房ならサイズ直しも含めて数千円で直せることもあります。

ブランドで依頼する場合でも1万円~数万円程度で直せますよ!

消防署でカットした場合、傷が多かったり、宝石がとれてしまったりすることもあると思います。

しかし、あきらめずにお店に相談してみましょう。

指輪よりもあなたの指が大事!

切断した指輪は、修理できないこともあります。

凝ったデザインの指輪や特殊な素材の指輪、指輪の損傷が大きいときなどは新しく買いなおしましょう!

指輪を切断しないためには、正しいサイズの指輪を選び、購入後も定期的に指輪のフィット感をチェックしておくことが大切です。

指輪が外せる段階でサイズ直しをすると、手間も費用もかかりません。

結婚指輪や思い出のものを切断してしまうのは悲しいことです。

しかし、指輪はあくまで指輪、あなたの指が大切です!

指輪を失いたくないからといって、指が傷つけてしまったら元も子もありません。

指輪が抜けなくなったら、潔く決断することも大切ですよ!

指を守り、「新しい指輪に新調しよう」と気持ちを切り替えて新たな出会いを楽しみましょう!

まとめ

  • どうしても自分で指輪が抜けないときは、消防署で外してくれる
  • 消防署では、リングカッターでの切断方法で費用は無料、24時間対応してくれる
  • 指輪へのダメージを最小限にするなら「宝石屋」、近場に消防署がない場合は病院で切断可能なところもある
  • 指輪が抜けない原因のほとんどは、アルコールや水分の摂りすぎ、冷え性による血行不良、リンパの詰まり、ストレスなどによる指の「むくみ」である
  • 指のむくみは、「合谷というツボを押す」「グーパー運動」「指のマッサージ」「指を冷やす」などで解消される
  • 切断は最終手段、指輪が抜けないときは、まず「石鹸で滑らせて抜く方法」や「糸を使って抜く方法」を自分で試してみる
  • 「指がうっ血している・指をケガしたとき」「どうやっても指輪が抜けないとき」は、消防署などのリングカッターで最終手段切断してもらう

指輪が抜けないと焦らないように、対処法を知っておくことが大切です。

むくみなどで指輪が抜けなくなったら、まずは自分でできる対処法を試してみてください。

それでも指輪が抜けないときや痛みを伴う場合は、消防署や宝石屋、病院にお願いしましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました