バイト契約を更新しないなら伝え方はこれだ!!円満退職のすすめ♪

ライフスタイル

バイト契約を更新しないと決めたけれど、伝え方はどうすれば良いだろうと悩んでいませんか。

バイト契約を更新しないなら「バイト契約は更新しないつもりです。」とそのまま伝えましょう。

更新しない理由をバイト先に伝える必要はありません。

しかし、バイト契約が終わるまではバイト先でお世話になりますよね。

何も理由を言わずに気まずい中で働くよりも、伝え方を工夫し、快く送り出してもらいたい。と考えるなら更新しない理由を説明するのもいいでしょう。

ただ、更新しない理由を伝えると引き止められる可能性があるんです。

引き止められないためには、退職理由の伝え方が重要です。

納得してもらいやすい退職理由を紹介するので、バイト契約更新前までに頭に入れておきましょう。

バイト契約を更新しないなら伝え方はこうしよう♪

バイト契約を更新しないつもりだけど、伝え方ってどうすればいいのかなぁ…。

どのように伝えればいいのか悩んだ場合は、「バイト契約を更新しないつもりです。」とそのまま伝えるといいですよ。

ただ、バイト契約を更新しないことを伝えると、なぜ更新しないのかを尋ねられるケースもあるでしょう。

退職の意思が固く、引き止められるのが面倒だなと思うのであれば、引き止められないように伝え方を工夫する必要があります。

しかし、バイト契約を更新しない理由が勤務条件(労働日数や労働時間)の場合は、理由を伝えることで契約条件が変更できる可能性もあるんです。

バイト先の人員状況などにもよるので、必ず労働条件が変更できるとは限りませんが、相談するのも1つの手ですね。

ただ、更新しない理由を伝えるときにも、自分本位だと思われないよう、伝え方には十分注意しましょう。

バイト契約を更新しない場合は退職理由が重要!!

バイト契約を更新しないなら退職する理由が重要になります。

誰も退職を引き止められない理由を準備できればバイト契約を更新しないことができるでしょう。

ただ、先ほどもお伝えした通り、バイト契約を更新しない理由を話す必要はありません。

しかし、バイト先は更新しない理由を聞いてくる可能性が高いでしょう。

なぜなら、バイト先は新しい人員を採用し、教育する必要が出てくるからです。

バイト契約が更新されれば、求人にかかる経費も不要になります。

そんなバイト先に納得してもらうには、以下の理由を伝えるといいですよ。

「その理由なら辞めても仕方がないね」と思ってもらえるような理由をバイト先に伝えることが円満退職につながります。

納得してもらいやすい理由
  • 家庭の事情によるもの
    • 学業に割く時間が短くなったことで、家族にバイトを反対された
  • 別にチャレンジしたいことがある
    • 他のバイトを経験してみたい
  • 健康面で不安がある
    • 授業の終わりにバイトをするので、睡眠時間の確保が難しい
  • 学業が忙しくなった
    • 進級し、授業の空き時間が変わった
    • ゼミや卒論などでバイトに時間を割くことが難しい など

私も学生時代にバイトをしていた経験があります。

「学校を卒業したら就職するので、今のうちにゆっくりしたい。」と言ってバイト契約を更新せず、退職したことがある経験者です。

完全に自分の都合によるものでしたが、バイト先は理解を示してくれ、快く送り出してもらえました。

あなたは、バイト契約を更新しない方法を検索しているんですよね。

ということは、契約満了まではしっかりと働く。と決めている責任感が強い人なのではないでしょうか。

本当に嫌なら契約更新を待たずに退職しているでしょう。

そんなあなたが職場側の事情を聞くと、バイト契約を更新した方がいいのかなぁ…と気持ちが揺らいでしまうかもしれません。

しかし、悩む必要はありません。従業員を確保し、職場環境を整えるのは責任者である店長や上司の仕事なので気にすることはないですよ。

退職する理由によりますが、本心を伝えることで、バイト先も職場環境の改善ができるので、悪いことばかりではありません。

バイト契約を更新しないときはパートも同じやり方でOK

会社により、バイトとパートが混在している場合でも、雇用契約の面から見れば同じ有期契約の可能性が高いです。

だからこそ、バイト契約もパート契約も更新しない方法は同じなのです。

パート契約を更新しない場合にも使えそうな理由を紹介するので、退職理由を伝えるときの参考にして下さい。

納得してもらいやすい理由
  • 家庭の事情によるもの
    • 子供の成長、進学に伴って習い事や部活の送迎が必要になった
    • 夫(妻)の仕事の手伝いが必要、夫(妻)の転勤が決まった
  • 別にチャレンジしたい仕事がある
    • 違う職種や仕事にチャレンジしてみたい
    • 通勤に時間がかかるので自宅の近くで仕事を探したい
  • 健康面に不安がある
    • 腰痛など仕事に支障がでている
    • 仕事と家庭の両立が難しく、無理が生じている
  • 資格の勉強のために時間を使いたい など

バイト契約の場合、自分の都合で契約更新しないことが多いのではないかと思います。

しかし、主にパート契約で働く主婦(夫)は家族が理由で契約更新できない場合も多いでしょう。

家族が理由であれば、自分だけでは判断できないことも多いので、バイト先はなかなか引き止めにくいのが本音です。

どうしても契約を更新したくないなら、それを逆手にとるのも1つの方法ですね。

まとめ

  • バイト契約を更新しないなら、「バイト契約を更新しないつもりです。」とそのまま伝えるといい
  • 退職の意思が固く、引き止められるのが面倒だなと思うのであれば、引き止められないように伝え方を工夫するといい
  • 更新しない理由を伝えるときにも、自分本位だと思われないよう伝え方に注意する必要がある
  • 誰もが退職を引き止められない理由を準備できればバイト契約を更新しないことができる
  • 納得してもらいやすい理由は、家庭の事情によるもの、別にチャレンジしたいことがある、健康面が不安、学業が忙しくなり、バイトする時間の確保が難しいなど
  • 退職する理由を伝える必要はないが、本当の理由が伝わることでバイト先も職場環境の改善ができる可能性があるので、良い面もある
  • バイトとパートが混在している場合でも、雇用契約の面から見ると契約内容が同じ可能性が高いので、契約を更新しないための伝え方はパートも同じになる

表面上の理由を取り繕っても、人事担当には本心ではないんだろうなと見透かされてしまいます。

バイト契約を更新しない場合でも、本心や、納得してもらえる理由を伝えることで、円満に退職し、気持ちよく送り出してもらえる可能性が高まります。

退職後にもお店へ通ったり、もう一度同じバイト先で働いたりもできるので、円満に退職する方法を模索してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました