肝油ドロップで視力が回復する!?おいしいけれど食べ過ぎはNG!

健康・美容

肝油ドロップには、目の奥にある網膜の新陳代謝を高めるビタミンAが豊富に含まれています。

網膜に良いなら、もしかして視力が回復するんじゃない?

肝油ドロップは視力の維持や目の健康に効果はありますが、視力の回復は期待できません。

視力の回復効果がないなんてがっかり…そう思ったそこのあなた!

肝油ドロップは不足しがちな栄養成分をおいしく手軽に補給でき、免疫力を助けてくれるんですよ♪

ここでは肝油ドロップの栄養成分と効果についてや、おすすめの肝油ドロップを紹介しています。

肝油ドロップは1日の量が決まっているけれど、おいしいからもっと食べたいな!

肝油ドロップは継続して食べ過ぎると、ビタミンA、Dの過剰症になるおそれがあるんです。

過剰症についても解説していますので、合わせてご覧くださいね。

肝油ドロップに視力回復効果はないが目の健康に良い!

肝油ドロップとは、食生活で不足しがちなビタミンA、Dを1日数粒だけで手軽に摂取できる製品です。

肝油ドロップにはビタミンAが豊富に含まれていますが、摂取し続けても視力が劇的に良くなったり、回復したりする効果は期待できません。

ビタミンAには網膜の新陳代謝を高め、皮膚や粘膜を保護、夜間の視力を助けるといった効果があります。

そのため、緑内障(視野が狭くなる病気)の改善、目の乾燥、老眼予防などの目に関する健康保持への効果が期待できるんですよ。

しかし、網膜の新陳代謝を高める効果があるだけなので、「視力の回復ではなく維持」、「目の健康のための摂取」と考えましょう。

肝油ドロップに含まれる栄養成分の効果とは?

肝油ドロップは様々な製薬会社から発売されていますが、どれも栄養成分に大きな差はありません。

栄養成分単位
ビタミンA230㎍(マイクログラム)
ビタミンC30mg
ビタミンD1.70㎍
乳酸菌0.2mg(10億個)
深海鮫肝油精製油11.33㎍
葉酸24㎍
一般的な肝油ドロップの栄養成分

肝油ドロップの栄養成分にはビタミンAの他に、ビタミンC、Dがあります。

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持、抗酸化作用があり、ビタミンDは腸でのカルシウム吸収をうながし、骨の形成を助けます。

また、あまり耳にしない「深海鮫肝油精製油」とは、鮫の肝臓に含まれる液体や脂肪分のこと。免疫力を助けてくれます。

葉酸は、赤血球が作られるのを助ける栄養素です。

以上の栄養素は体の代謝に関わっており、細胞の生産や再生を助けてくれるんですよ。

視力の回復効果がなくても、体にうれしい成分が含まれているから、摂取する価値がありそうね。

肝油ドロップはどれがいい?やはりカワイがおすすめ♪

肝油ドロップを買いたいけれど、どれがいいかな?

色々なメーカーから肝油ドロップが販売されているので、どれがいいか迷いますよね。

たくさん種類があるなか、やはり肝油ドロップといえば「カワイ」ではないでしょうか。

1911年から発売を開始したカワイの肝油ドロップは、甘くておいしいバナナ風味。ビタミンA・1200㎍、ビタミンD・10㎍が配合されたタイプです。

私が小学生の頃、学校を通じて購入していたのもカワイの肝油ドロップでした!とても懐かしいです。

缶のデザインがレトロ。なんだか逆にオシャレな感じがするなぁ。

カワイの肝油ドロップは、医療品規格(厚生労働省などで定められた基準)のビタミン原料を使用しており、信頼度が高い商品です。

ビタミンC配合の肝油ドロップ

こちらはビタミンA、Dに加えてビタミンC・75mgが配合されたタイプ。オレンジ風味です。

野菜不足が気になる方にも、ビタミンCを摂取できるのでおすすめですよ♪

カルシウム配合の肝油ドロップ

カワイの肝油ドロップには、カルシウムが配合されたこちらのタイプもあります。

サンドラッグe-shop
¥2,090 (2022/06/02 15:50時点 | 楽天市場調べ)

こちらはカルシウム・400mgが配合されており、ラ・フランス風味です。

ピンク色の缶の300粒入りタイプもあります。そちらはカルシウム20mgが配合されており、メロン風味になっています。お子さんに人気ですよ。

おやつではなかなか摂取が難しいカルシウムを、肝油ドロップで手軽に補給できるのがうれしいですね。

肝油ドロップを買いたい時にどれがいいか悩んだら、参考にしてみてくださいね。

肝油ドロップの食べ過ぎに注意!過剰症のおそれとは?

肝油ドロップは、おいしいし不足している栄養素を補えるのだから、1日に何個食べてもいいんじゃないの?

おいしい肝油ドロップを1日に何個も食べたい気持ち…わかります!私も子どもの頃、そう思っていました(笑)。

しかし、肝油ドロップを食べ過ぎないよう摂取量が決められているのには理由があります。

肝油ドロップに含まれているビタミンA、Dはどちらも「脂溶性ビタミン」の仲間です。

脂溶性ビタミンとは、脂に溶ける性質を持つビタミンで、体内で使われなかった分を溜めておくことができるのです。

そのため、肝油ドロップを食べ過ぎて溜めておいた分が多くなりすぎると、「過剰症」という悪影響が出ます。

ビタミンAの過剰症
  • 頭痛、顔面紅潮、皮膚の乾燥、皮膚色素沈着、筋肉痛、関節痛、食欲不振、吐き気など
ビタミンDの過剰症
  • 食欲不振、吐き気、頭痛、皮膚のかゆみ、腹痛、脱水症、腎不全、高血圧症、不眠など

肝油ドロップをたくさん食べ過ぎてしまったのが1度だけなら、一時的な症状のみで済むため、心配しなくても大丈夫です。

お子さんに肝油ドロップを与える場合は「1日1個だよ!」などと声を掛け、気を付けてあげてくださいね。

まとめ

  • 肝油ドロップには、網膜の新陳代謝を高めるビタミンAが豊富に含まれるが、視力回復効果は期待できない
  • 肝油ドロップは視力の回復ではなく維持、目の健康のための摂取と考えると良い
  • 肝油ドロップの栄養成分は体の代謝に関わりがあり、細胞の生産や再生、免疫力を助けてくれる
  • 肝油ドロップは色々なメーカーから発売されているが、1911年から発売している「カワイ」がおすすめ
  • カワイの肝油ドロップは、医療品規格のビタミン原料を使用しており、信頼度が高い
  • カワイの肝油ドロップには、ビタミンCが配合されたタイプや、カルシウムが配合されたタイプもある
  • 肝油ドロップを決められた摂取量以上に食べ過ぎると、ビタミンA、Dの過剰症のおそれがある

肝油ドロップは、薬局やドラッグストア、オンラインショップなどで購入できます。

視力回復効果はなくとも、不足しがちな栄養成分を補給できる肝油ドロップは、おいしくて優秀ですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました