結婚指輪で恥ずかしいと後悔するブランドは?デザインが原因かも

ライフスタイル

ブライダル雑誌を見たり、結婚指輪のブランドのサイトを検索したりして、どんな指輪にするかワクワクしながら選ぶと思います。

周りはあなたの結婚指輪を見て、「あの指輪いいな」「あの指輪はダサいな」とチェックしています。

一生に一度の結婚指輪を他人から「あの指輪ダサいな」「あの指輪は恥ずかしい」と思われたら、悲しいですよね。

結婚指輪選びで後悔しないためにも、恥ずかしいと思われてしまうかも知れないブランドをまとめました。

結婚指輪が恥ずかしいと思われてしまうかも知れないブランドはカルティエ、シャネル、ケイウノ、ティファニーなどがあります。

この記事では、結婚指輪が恥ずかしいと思われるブランドと結婚指輪選びで後悔した理由についてご紹介します。

これからプロポーズを考えているあなたへ、枯れないバラに指輪を仕込んでプロポーズしませんか?

結婚指輪で恥ずかしいと思われるブランド3選!

結婚指輪は価格が高価な上に、買い直しがきかないので、ブランドは慎重に選びたいですよね。

若い時に選んだ結婚指輪のブランドが、歳をとってから恥ずかしいと後悔する話も聞いたことがあります。

結婚指輪のブランドを悩んでいるあなたへ恥ずかしいと後悔するかもしれないブランドを紹介します。

・カルティエ

結婚指輪特集でも必ずといって名前があがるカルティエ。高価なイメージもあり、あこがれますよね。

しかし、カルティエは誰もが知っている有名なブランドです。特にラブリングやトリニティといった有名なデザインのリングも多くあります。

一目見ただけで分かる結婚指輪は、人に覚えられやすく「あの人はカルティエが好きなんだな」「あういうデザインが好みなんだな」と思われがちです。

・シャネル

女性の憧れといえばシャネル!有名なシャネルにももちろん結婚指輪があります。

「ココクラッシュコレクション」「カメリアリング」という、有名なデザインのリングがあります。

こんな名前聞いたことない、というあなたでも、デザインをみれば「あぁなんか見たことあるな」という分かりやすいデザインのリングです。

カルティエと同じように、分かりやすいデザインは誰にでもブランドが分かってしまうこともあるので、恥ずかしいと思われているかもしれません。

・ケイウノ

有名ブランドだと恥ずかしいのなら、みんなが知らないブランドだったらいいのかな。

と思ったのはないでしょうか。ケイウノはそんなに知られているブランドではないかもしれません。

しかし、ケイウノは個性的なデザインゆえに恥ずかしいと思われるかもしれません。

何より店舗が個性的なんです。なのでその店舗のイメージから恥ずかしいと思われるかもしれません。

ティファニーの結婚指輪は恥ずかしい?

憧れのティファニーブルーの紙袋。映画のタイトルにもなっていて、女性はもちろん、男性も知っている有名なブランドです。

いろいろなアクセサリーがあるティファニーでは、結婚指輪も選ぶことができます。

オープンハートのネックレスに一度は憧れをいだいたこと、あるかと思います。

私も、高校生や大学生のころ、友人がティファニーのネックレスをしていて羨ましかった記憶があります。

残念ながら、その頃はそんなアクセサリーをプレゼントのやり取りをする相手がいませんでしたが…。

ですが、ティファニーの結婚指輪は人によっては若者向けで恥ずかしいな、と感じられるデザインかもしれません。

せっかくティファニーで結婚指輪を買ったのに、数年後に恥ずかしいからつけられないってことになるのは避けたいですよね。

昔もっていた、もらったな、今もして恥ずかしい。なんて思われているかもしれません。

みんなが知っている、ということが良くもあり悪くもあるのがティファニーなんです。

結婚指輪が恥ずかしいと後悔するデザインは?

じゃあブランドが分かると恥ずかしいなら、好きなデザインの結婚指輪だと後悔しないのかな。

どのブランドか分からないけど恥ずかしいと思われるデザインも後々に後悔することがあります。

一目ではどこのブランド、とは分からなくても覚えやすいデザイン、モチーフの結婚指輪などが後悔しやすいです。

特にピンクやハートカットなどの結婚指輪は「いかにも若いから恥ずかしい」と思われてしまっているかもしれません。

結婚したての若いときは、かわいい!と思ってピンクのダイヤモンドや、ハートやスターの結婚指輪を選ぶかもしれません。

周りの友だちも、同年代が多かったり、結婚が友だちより早かったりする場合は、結婚自体指輪をしている時点で羨ましい、と思われることも多いです。

なので、「恥ずかしい」とは思わないかもしれません。でも、結婚指輪は50,60代になってもずっと身に着けるものです。

歳を重ねていくうちに、ピンクが恥ずかしいな、ダイヤがハートなんて恥ずかしいな周りから思われるより先に、自分が恥ずかしいと感じるかもしれません。

お気に入りだった指輪が恥ずかしくなってつけられなくなってしまう、というのはさみしいものがあるのではないでしょうか。

まとめ

  • 購入した結婚指輪を後々恥ずかしいと後悔しないためにも、結婚指輪選びは重要 
  • 結婚指輪で恥ずかしいと思われるブランドはカルティエ、シャネル、ケイウノ、ティファニーなど 
  • 有名なブランドであるティファニーの結婚指輪は若者向けで恥ずかしいなと感じられるデザイン 
  • 結婚指輪が恥ずかしいと後悔するデザインはピンクやハートカット 

ブランドで選んでも、好きなデザインで選んでも、一生をともにする結婚指輪。

すこしだけ、今の好きという気持ちだけではなく、歳を重ねたらどんな指輪をしているのがいいかな、と思いをはせて選んでみるといいかもしれません。

あなたが納得でき、長く愛せる結婚指輪に出会えますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました