クリスマスプレゼントは準備OK? » Amazonで最も注文されている『クリスマスギフト人気ランキング』 

手作りサラダチキンは日持ちしない?賞味期限や冷凍保存の仕方を紹介!

ライフスタイル

自宅で手作りできるサラダチキン、どのくらい日持ちするかご存知でしょうか?

私も手作りすると節約になるし、自分好みの味にできるのでたまに作るのですが、いつまで食べられるのか気になっていました。

手作りしたサラダチキンの日持ちはズバリ、2日~5日です!

手作りしてから2日~5日?幅がありすぎるんだけど、どういうこと?

サラダチキンは痛みやすいので、基本的には早めに食べることをおすすめしますが、条件によって最大5日は日持ちします。

サラダチキンを作る季節や、保存方法によっても日持ちする日数が大きく変わってくるんです。

手作りサラダチキンの賞味期限の目安や、冷凍保存の仕方、おすすめの解凍方法など詳しく解説していくので、しっかりチェックしてください♪

手作りサラダチキンは日持ちしない!早めに食べよう

手作りのサラダチキンはお店で買うより安く、自分好みで味付けができるメリットがあります。しかしその反面、痛みやすく日持ちしません。

私はササミを使ってよくサラダチキンを作るのですが、手作りだと日持ちの目安が分かりにくいんですよね。

常温での保存を避け、冷蔵庫に入れなるべく3日以内に食べるようにしましょう。

コンビニのサラダチキンは1ヶ月とか持つけどなんでだろう?

お店で買うサラダチキンは、保存料が入っているので賞味期限が長く設定してあるんです。

とは言え、まだ食べられるのに廃棄するのはもったいないですし、食べられるかどうか手軽に確認したいですよね。

手作りサラダチキン食べられるかチェックポイント!

いつ作ったか忘れちゃったんだけど、これって食べられるの?

サラダチキンの劣化は見た目や臭いで判断することも可能です。

心配な場合は、食べる前に次の3点をチェックしてみてくださいね。

サラダチキンの見た目チェックポイント3つ
  • 変な臭いがする(酸っぱい臭い、アンモニア臭)
  • 黒い点々やカビがある
  • 色が悪くなる(黄色や灰色など)

酸っぱい臭いやアンモニア臭は、傷んでいる証拠です。変な臭いがするようなら、食べるのはやめましょう。

黒い点々や見て分かるカビがあれば、迷わず廃棄しましょう。

日にちが経つにつれ色も変化して、黄色や灰色っぽくなってきます。劣化の現れなので食べるのはやめましょうね。

見た目や臭いでおかしなところがなくても、触った時にぬめりや糸を引くことがあれば、食べずに廃棄しましょう。

上記に当てはまらなくても、食べた時に酸っぱくなっていたり苦みを感じたりするようであれば、食べずに廃棄をしてください。

手作りサラダチキンを日持ちさせる3つのポイント

傷みやすい手作りサラダチキンですが、少しでも日持ちをさせるためにできる簡単なポイントを3つご紹介しましょう。

  • 鶏肉に素手で触れない
  • 味付けで塩分を少し多めにする
  • 中心部までしっかり熱を入れる

手には多くの雑菌が付いているので、鶏肉に直接手を触れると傷みが早くなってしまう可能性があります。

直接触らずパックからそのままジップロックや鍋に入れて調理すると、手も汚れず衛生面も安心なので一石二鳥ですね♪

味付けの時に塩分を少し多めにすると、雑菌の繁殖を緩め、傷みにくくなりますよ。

サラダチキンはしっとりとした食感が大事なのであまり火を入れすぎると、パサついてしまいますよね。

しかし、中心部に火が通っておらず生だと傷みが早くなってしまうので、注意しましょう。

美味しく食べるには、なるべく3日以内に消費することをおすすめします。

手作りサラダチキンの賞味期限は最大5日!条件で違う

手作りのサラダチキンの賞味期限は、保存方法や季節などの条件によって変わります。

冷蔵保存した場合、季節が春・秋・冬なら3~5日となり夏場は2~3日以内です。

じゃあ作ったらすぐに食べきった方がいいのね!

サラダチキンは低温でゆっくり火を入れることで、しっとり感を出すことができます。

そのため、作ってすぐ食べる場合は中心部までしっかり火が通っていることを確認してから食べましょう。

出来立てを食べるとまだ温かいサラダチキンを楽しむことができますよ。手作りならではの醍醐味ですよね。

私は2日目のサラダチキンが味が染みていて好きなの♪

2日目は出来立てより味がさらに染み込んで美味しくなるサラダチキン。実は私も2日目に食べるのが好きです。

自分の好みを見つけるために何日目が美味しいか、賞味期限内であえて食べる日を分けてみるのもいいですね。

3日目以降は少しずつ劣化が進んでしまうので、なるべく早めに食べきってしまいましょう。

サラダチキンの特徴は、しっとりとした食感ですが、保存期間が長くなると水分が抜けてしまいパサパサしてくるんです。

パサつきを感じるようであれば劣化が進んでいる証拠なので、その日のうちに食べきるようにしましょうね。

手作りサラダチキンの賞味期限って短いのね。もっと長ければいいんだけど…。

実は、サラダチキンは冷凍保存が可能であることを知っていましたか?

サラダチキン冷凍保存する時のポイントや、おすすめの解凍方法について掘り下げていくので、しっかりチェックしてください!

手作りサラダチキンは冷凍保存できる!解凍方法は?

手作りサラダチキンの保存方法は冷蔵のみだと思って、作り置きをためらっていたあなたに朗報です。

実はサラダチキンは、冷蔵保存だけでなく冷凍保存が可能なんです!

冷蔵保存だと最大でも5日しか持ちませんが、冷凍保存では賞味期限が約1ヶ月になるんですよ♪

保存期間が長くなるほど水分が抜けてパサつきを感じるようになってしまうので、なるべく2週間以内に食べきるのがベストです。

さらに、冷凍保存の仕方に気を付けないと、傷みや賞味期限を短くしてしまう原因になるので、気をつけるポイントをチェックしてみましょう。

サラダチキンを冷凍保存する時のポイント2選

手作りサラダチキンを冷凍するには、どんなことに気を付けたら良いのかポイントを2つご紹介します!

しっかりと空気を抜く

手作りサラダチキンを冷凍する場合は、ジップロック内の空気をしっかり抜きましょう。

しっかり空気を抜くと、ジップロック内の水滴や乾燥を防ぎ、解凍した時も美味しく食べることができますよ♪

我が家ではサラダチキンを作る時ジップロックを使うので、容器を入れ替えたりせずに冷凍できるのは、エコで助かります。

ただし、作った量が多い場合は冷凍する前に1本ずつラップでしっかりと包んでからジップロックに入れると、使う時に便利ですよ。

しっかりと冷ます

サラダチキンを作った後、必ずしっかりと冷ましてから冷凍庫に入れましょう。

熱が残ったまま冷凍庫に入れてしまうと、庫内の温度が下がり、食品類も傷んでしまいます。

さらに、肉表面から旨み成分が水滴となって出て行ってしまったり、水分によって傷みを促してしまったりすることもあります。

冷凍保存だけでなく、冷蔵庫に入れる前にもしっかりと熱をとって冷ましてから庫内に入れるようにしましょうね。

サラダチキンの解凍方法は全部で3種類!おすすめは?

冷凍保存したら解凍方法を正しくしなければ、せっかくのサラダチキンの旨みが逃げてしまうこともあります。

解凍は電子レンジでも大丈夫かしら?

手作りサラダチキンの解凍方法は主に3パターンです。

自然解凍

サラダチキンは、自然解凍が1番おすすめです。冷凍庫からそのまま冷蔵庫に移し、解凍されるのを待ちましょう。

夜食べる予定なら、前日の夜や遅くても朝のうちに冷蔵庫に移動させておくといいですよ。

流水解凍

急いで解凍したい場合は、流水解凍も可能です。

サラダチキンをボウルなどに入れ、流水で解凍します。水道代がかかりもったいないので、どうしても間に合わない!という時のみにしましょう。

流水解凍する場合は、密閉容器やジップロック内に水が入らないように注意してくださいね!

電子レンジ

どうしても今すぐに使いたいけど凍っている!という場合、電子レンジを使ってサラダチキンを解凍することがあるかもしれません。

電子レンジでサラダチキンを解凍するのはおすすめできません。

サラダチキンは、しっとり感を楽しみたいものですが、電子レンジで加熱すると急激な温度変化から肉が固くなってしまいます。

鶏胸肉やササミは特に水分が抜けやすくパサつきやすいんですよね。

どうしても電子レンジでの解凍をしたい場合は、ゆっくりと低温で様子を見ながら解凍しましょう。

手作りサラダチキンの簡単レシピを紹介♪

ズボラ主婦歴10年越えの私は、あまり凝った料理は積極的にしません。

その点、サラダチキンはほったらかしで簡単にできるため、定期的に作っています。

私のようにズボラでも簡単にできる手作りサラダチキンのレシピをご紹介しちゃいますよ♪

<ジップロックで簡単サラダチキン>

用意するもの

  • ササミ
  • ジップロック(耐熱性100度以上)
  • お好みの調味料
  • まずは小さめの鍋に半分くらい水を入れ沸かす
  • その間にジップロック内にササミを触らずに入れ、好みの調味料を入れる
  • 空気をしっかり抜いたらチャックを閉め、軽く揉みこむ
  • 鍋のお湯が沸騰したら、火を止めしっかりチャックを閉めたジップロックを入れ、冷めるまで放置

私は、オリーブオイル、塩コショウ、レモン果汁、ニンニクすりおろし(チューブ使用)を目分量で入れて入れていますよ♪

たったのこれだけで完成するので本当に簡単!味付けは、自分好みでハーブソルトを入れたり、中華風にしたり自由自在です。

ジップロックを分ければ、家族で好みが違っても袋によって味を変えられるので、おすすめです!ぜひ試してみてくださいね♪

まとめ

  • サラダチキンは手作りすると安く済むうえ、自分好みの味付けにできるが、日持ちしない
  • 手作りしたサラダチキンがまだ食べられるかを見た目でチェックする時は、変な臭い、黒い点々などのカビ、変色がないかの3つのポイントを見る
  • 臭いや見た目で違和感がなくても、触った時のぬめりや糸を引いていないか、食べた時に酸味や苦みがあれば廃棄する
  • 手作りのサラダチキンを日持ちさせるためには、素手で鶏肉を触らない、中心部までしっかり火を入れる、塩分を少し多めに入れると良い
  • 手作りサラダチキンの賞味期限は冷蔵保存の場合、春秋冬なら3日~5日、夏場は2日~3日以内と短めである
  • サラダチキンは冷凍保存ができ、ジップロックに入れる時はしっかりと空気を抜いて、完全に冷めてから冷凍庫に入れると良い
  • サラダチキンの解凍方法で1番おすすめなのは、自然解凍だが、流水解凍の場合は中に水が入らないよう注意すれば可能
  • サラダチキンを電子レンジで解凍するのはおすすめしないが、急ぎの場合は低温で様子を見ながら解凍することもできる

サラダチキンを手作りしたら、いつまで食べられるのか日持ちが気になって早めに消費していたあなたも、冷凍保存をすれば作り置きができますね♪

色々な味付けで自分好みのサラダチキンにチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました